ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

魔法少女まどか★マギカ(完) の記事一覧

『魔法少女まどか★マギカ』#12「わたしの、最高の友達」(最終回)

2011.04.22 (Fri)
「だって魔法少女はさ、夢と希望をかなえるんだから」

大事な人を守るために、ほむらのもとに駆けつけたまどか。
叶えたい願い事のために魔法少女となり、この命を使うと宣言!
「信じて。絶対に今日までのほむらちゃんを無駄したりしないから」
ほむらの思いを無駄にしないというが、そのまどかの願いとは?
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#11「最後に残った道しるべ」

2011.04.22 (Fri)
「どうかお願いだからあなたを私に守らせて!」
私を正しいと思ってくれる?

間があいてしまいましたが、とうとう『魔法少女まどか★マギカ』も最終回!
2話連続放送となってしまいましたが、とりあえず各話ごとに感想を。

ようやく10話にて、むらが時間遡行者であることが明確になりましたが、
「君がまどかを最強の魔女に育ててくれたんだ」
ほむらがまどかのために何度も同じ時間を繰り返すことによって、
まどかに別世界の因果が絡まり、絶大な魔力を持つに至ったというキュゥべえ…
ワルプルギスの夜はもうそこまで迫っていた。
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#10「もう誰にも頼らない」

2011.03.11 (Fri)
「まどか、たった一人の私の友達───
貴方のためなら私は永遠の迷路に閉じ込められても構わない!」


ようやく暁美ほむらの過去が明らかに!
現時間軸のほむらは、成績優秀&スポーツ万能ということだったけど、
初めてまどかに出会ったときのほむらはずっと心臓病で入院していた後だったらしく、
勉強がついていけない上に、準備運動で貧血を起こすくらい体力がなかったらしい。
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#9「そんなの、あたしが許さない」

2011.03.04 (Fri)
「心配するなよさやか。一人ぼっちは寂しいもんな。
いいよ、一緒にいてやるよ。さやか」


誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない…
そういって、杏子の前で魔女へと変貌してしまったさやか。
さやかが元に戻る望みはあるのか?
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#8「あたしって、ほんとバカ」

2011.02.25 (Fri)
「誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない…
私たち魔法少女ってそういう仕組みだったんだね」

希望と絶望のバランスは差し引きゼロ…

上條を助けるために、自らの意思で魔法少女になったはずだったのに、
現実を突きつけられ、自暴自棄になってゆくさやか…
痛みを感じないというその無茶な戦い方に、まどかも杏子も危うさを感じていた。
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#7「本当の気持ちと向き合えますか?」

2011.02.18 (Fri)
「人の都合を知りもせず、
勝手な願い事をしたせいで、結局誰もが不幸になる」


奇跡の対価として、魔法少女になった者の魂はソウルジェムに移される。
その事実を知って、キュゥべえに食って掛かるさやかだったが
キュゥべえに悪びれる様子はなく…
学校を休み布団にこもるさやかのもとを、意外にも杏子が訪れる。
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#6「こんなの絶対おかしいよ」

2011.02.11 (Fri)
「友だちを放り投げるなんて、どうかしてるよ」
どうかしてるだなんて、キュゥべえだけには言われたくない!

杏子とさやかの戦いに割って入り、戦いを止めたほむら。
「私は冷静な人の味方で、無駄な争いをするバカの敵」
だが、無駄な戦いをするさやかも馬鹿と判断されたようで、問答無用で気絶させられる。
杏子も、ほむらの能力&存在を判断しかねたようで退散。
場に静けさが戻ったが、忠告を聞かないまどかにほむらは怒りを隠せなかった。
続きを読む »

『魔法少女まどか★マギカ』#5「後悔なんて、あるわけない」

2011.02.04 (Fri)
「一度魔法少女になってしまったら、
もう救われる望みなんてない…」

魔法少女の運命

恭介の手を直すために、魔法少女となってしまったさやか。
まどかは後悔しているのではないかと、心配するが
「マミさん、私の願い叶ったよ。
後悔なんてあるわけない。私、今、最高に幸せだよ」

本人はいたって幸せそのもの。
それでも心配なまどかは、さやかと仲良くしてくれるようほむらに頼むのだった。
続きを読む »
 | HOME |  Next »