ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

世界一初恋(完) の記事一覧

『世界一初恋2』#12「Love is a bitter-sweet.」(最終回)

2011.12.24 (Sat)
「───ああ、そうか。これが恋か」

最後は「高野政宗の場合」で締め☆
朝から律と同じ列車で会社に向かう高野さん。
可愛げのない律を見て、昔はもっと素直だったのにと邂逅~。
その流れで、告白される前から律のことを知っていたと思い出すが…
続きを読む »

『世界一初恋2』#11「Love makes the world go round.」

2011.12.17 (Sat)
「俺が今好きなのは、今のお前だから」

高野さんを見舞うはずが、本人を目の前に大嫌いだといってしまった律。
どう弁解しようか、はたまた本当に弁解すべきか迷っていたが、
当の本人、高野さんが自ら横澤にメスを入れる!!
続きを読む »

『世界一初恋2』#10「Love goes never without fear.」

2011.12.10 (Sat)
「お前、10年前本当に俺のこと好きだったの?」

片思いしていた頃、こっそり先輩が読んだ本を借りては、
同じことを共有できた喜びでいっぱいだった律。
けれどすったもんだの末、律はやさぐれた大人になってしまい、
かつての恋人・高野さんに10年前、
本当に好きだったのか尋ねられても、素直に答えられないのでした…
続きを読む »

『世界一初恋2』#9「Love is blind.」

2011.12.03 (Sat)
「雪名が好きすぎて、怖い」

雪名が女性とホテル街に消えてしまったのを目撃してしまった木佐。
ショックだったのは女と会っていたことより、その姿がとても自然だったこと…
以来、雪名とは連絡を取っていないようだが、
明らかに気にしているようで、会議に集中できず高野さんに怒られる始末;
バリバリ働いてきた同僚が結婚することを知り、これまた不安にかられるのだが…
続きを読む »

『世界一初恋2』#8「Love and envy make a man pine.」

2011.11.26 (Sat)
「気にしろよ、アホか!」

年の差なんと9歳☆
すったもんだの末、付き合うことになった木佐と雪名だったが、
雪名ってば、今日も相変わらずキラキラ王子様で(苦笑)
端から見たらラブラブな二人だけれど、どうやら木佐は不安を抱えてるらしい。
続きを読む »

『世界一初恋2』#7「Actions speak louder than words.」

2011.11.19 (Sat)
「俺はお前を逃さない」

今日は年に一度、編集全員がスーツを着る日。
作家や関係者が集い親睦を深める新年会が開かれる!
そんな大事な日に、相変わらずばたばた出る律でしたが、
高野さんと鉢合わせし、ホスト然として(?)共に出勤することに。
続きを読む »

『世界一初恋2』#6「Love is without reason.」

2011.11.12 (Sat)
「本当に欲しいものは、いつだって手に入らない」

今回は『純情ミステイク』のカップルということで、井坂さんと朝比奈の話が!
タイトルに純情がつくし~
どちらかというと、この組はロマンチカ組だと思っていたのですがね(ぁ
ストーリーは今から10年ほど前、井坂さんがまだ新人編集者だったころ。
彼は自分の父親に好意を寄せる朝比奈に、不毛な恋をしていたのでした☆
続きを読む »

『世界一初恋2』#5「Follow love and it will flee thee,flee love and it will follow thee.」

2011.11.05 (Sat)
「ずっと好きな人がいるからって。
だから横澤さんの家に行かないで下さい」


年が明けたエメラルド編集部。
気分も新たに心機一転…と行きたいところだったが、バレンタイン特集で大忙し。
律も企画会議やら、作家がネーム直しに納得してくれないやら…
色々と胃が痛くなるような出来事の連続だった。。。
なんというか、律いつもよりタレ目でないかい?
続きを読む »
 | HOME |  Next »