ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

PSYCHO-PASS(完) の記事一覧

『PSYCHO-PASS 2』#11「WHAT COLOR?」(最終回)

2014.12.19 (Fri)
「裁けるか、僕たちを。問えるか、僕とお前の色を」

朱と鹿矛囲の待ち合わせ場所に現れた東金だったが、
意外とあっさり朱に撃退され、手錠をつけられ置いてけぼりを食らうことに;
鹿矛囲が抜けてもまだ公安局との争いは続いており、
宜野座は酒々井を追っていた。
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#10「魂の基準」

2014.12.12 (Fri)
「鹿矛囲桐斗。
人質を解放するなら、私があなたの望みを叶える」

法が人を守るんじゃない、人が法を守るんだ。

鹿矛囲は他の乗客を人質に地下に立てこもったが、要求とかは特に出さず…
一係が現場に急行することとなったが、
朱は祖母が人質になっているとして、事件からはずされる。
霜月は自分がトップになったと一時は喜ぶが~
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#9「全能者のパラドクス」

2014.12.05 (Fri)
「人を裁く完全な存在がいるとして、
その存在を裁くことは可能ですか?」


シビュラの真実を聞かされた霜月の反応は…拍手喝采!(汗)
「社会を是とするものを無条件で受け入れ」たとのことだが、神経を疑うわ~。
ただ社会の是とするものを肯定してとはいっても、
霜月でも東金は受け入れがたいものがある様子。
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#8「巫女の懐胎<AA>」

2014.11.28 (Fri)
「母さんとシビュラを美しく清らかにするのが、私の役目です」
先天的な免罪体質…

鹿矛囲の手術記録の閲覧レベルが高く設定されていたことから
「東金財団」が怪しいと踏んだ霜月は、一人経済省特許局を訪れることに。
一方、朱たちも手術の全貌については枡崎から情報を得ようとしていた。
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#7「見つからない子供たち」

2014.11.21 (Fri)
「彼はそもそも一人ではない」

鹿矛囲の起こした事件を、雑賀は
シビュラによる秩序の弱点を一つ一つ確認してるようだと言う。
ドミネーターを複数手に入れて、鹿矛囲は何をするつもりなのか。
雛河が得た情報から、また一歩鹿矛囲に近づくが…
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#6「石を擲つ人々」

2014.11.14 (Fri)
「集団的なサイコパス汚染か…。まるで
シビュラによる秩序の弱点を一つ一つ確認してるみたいだな」


鹿矛囲を見つけるために、軍事ドローン研究場に向かった朱たちだったが、
ドローンが一般市民に操作され、ゲーム感覚で人々が殺され始めた。
どうやらサイコパスが悪化しないよう、現実とは違うホロ映像を見せるという
保護プログラムが悪用されたらしいのだが、解除には時間がかかるのらしい。
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#5「禁じられない遊び」

2014.11.07 (Fri)
「シビュラよ、お前を裁くまであともう少しだ」
ゲームスタートだ、公安局。

メンタルケア施設の立てこもり事件の惨状に思わず吐いてしまう霜月。
朱は一見変わらぬ様子で捜査をしていたが、
裏口に向かうといった東金が何気に朱にドミネーター向けて色相チェックしてるよ!!
偶然、霜月はそれを見てしまうのだが…
続きを読む »

『PSYCHO-PASS 2』#4「ヨブの救済」

2014.10.31 (Fri)
「見えているか、僕たちの流す血の色が。
僕たちが何色か、答えてみろ」

シビュラ、お前は何色だ?

爆弾解体ドローンの移動と部品の紛失から、
ドローンの中に人が一人入っていたのではと推測する朱。
霜月が捕まえた代議士が鹿矛囲の名を出したため、
そこから鹿矛囲をたどりたいところだが…
続きを読む »
 | HOME |  Next »