ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

境界の彼方 (完) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『境界の彼方』#12「灰色の世界」(最終回)

2013.12.19 (Thu)
「僕は不死身の半妖だ!!」

境界の彼方の妖夢石の一部を取り込んだ秋人は、
あっさり向こうの秋人の傀儡と合体し、未来とも再会!
「栗山さんの犠牲の上に成り立つ人生なんて、未来なんて何の意味もない。
そんなことも分からないのか!そんなことも分かってなかったのかよ」

ちょっとした応酬があったものの、なんだか結局イチャついてない?
スポンサーサイト
続きを読む »

『境界の彼方』#11「黒の世界」

2013.12.12 (Thu)
「私、生まれてきてよかった」

病室で目を覚ました秋人は、3ヶ月も眠っていたことを知らされる。
肝心の未来は消失したということくらいしか分からず…
手の打ちようがなかったが、博臣の力が弱まっていたり、
秋人にだけ空からの音が聞こえたりと不可解な現象が現れる。
続きを読む »

『境界の彼方』#10「白の世界」

2013.12.05 (Thu)
「あなたの血と体のすべてを使えば、秋人君の命を奪わずに、
表層に現れている境界の彼方を引きずり出すことができるはず」


今回は過去やら夢やら、その他の描写があって混乱しそうだったけれど、
主に裏で名瀬泉と未来がどういうやりとりをしていたかが判明。
前回、博臣がいっていたように、
最初から未来は境界の彼方を殺すために、名瀬家に呼び寄せられたのらしい。
続きを読む »

『境界の彼方』#9「銀竹」

2013.11.28 (Thu)
「栗山さん、秋人くんを発見次第殺しなさい」

妖夢の力が弱まるという「凪」がきた。
半妖の秋人も例外ではなかったようだが、
なぜか人間の部分まで弱まり、眠りについてしまう。
人間の部分が弱まってしまったのは、泉が何かしたからなのだろうか?
続きを読む »

『境界の彼方』#8「凪黄金」

2013.11.21 (Thu)
「凪というのは、妖夢の力が弱まるってことなんです」
凪がくる。すべての時が止まる、停滞の時。そして───

まるで姉妹のように仲良く登校する桜と未来だったが、
秋人はなんだか異様に眠そうで、眼鏡を考えて徹夜したのが原因ではなさそうな?
ちまたでは妖夢の力が弱まる「凪」が来るとの噂があり、
秋人の母も、息子に注意するようメッセージを送ってきた。
続きを読む »

『境界の彼方』#7「曇色」

2013.11.14 (Thu)
「あなたは桜でいてください」
帰ろう。

いつも以上ににぎやかな園芸部の元にニノさんが現れ、
伊波桜がこの学校に転校して来ることを教えてくれた。
今ならまだ名瀬家に掛け合えば取り消せるというのだが、
未来はそれを受け入れ、桜との直接対決を選んだ。
続きを読む »

『境界の彼方』#6「ショッキングピンク」

2013.11.07 (Thu)
「つまり妖夢の前で歌って躍れってことですか?」
眼鏡をはずした女子なんて、イチゴののってないショートケーキみたいなもんだぞ。

自分の盆栽を部室に置いたりと、すっかり文芸部に馴染んできた未来。
前回、名瀬泉が会いにきていたのが不安だったけれど、
単に異界士証を返しにきてくれただけだったらしい。
腹黒ってだけで、お姉さんの一挙一動は不吉に感じるんだけどな(ぁ
実は未来は盆栽にお金をかけているらしく、
異界士証が戻ってきたところで、さっそく妖夢狩りに繰り出すのだが…
続きを読む »

『境界の彼方』#5「萌黄の灯」

2013.10.31 (Thu)
「美月、よく覚えておきなさい。
異界士は異界士である限り、ずーっと一人なの」


これまで文芸部の勧誘を頑なに拒んでいた未来だったが、
部室に「園芸大全」があるのを見つけて、入部を決めてしまった!
博臣のほかにもあと2人幽霊部員がいるそうなのだが、誰なんだろう…
一方、部長である美月は、未来の入部に対し微妙な態度で;
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。