ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

ウィッチクラフトワークス(完) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウィッチクラフトワークス』#12「多華宮君とウィークエンド・後編」(最終回)

2014.03.24 (Mon)
「多華宮くんは死なないわ。私が死なせない」

街のみんなを守るため、ウィークエンドvs綾火のもとに駆けつけた多華宮。
愛のパワーのおかげで綾火が勝利を得たが、
このとき『追憶の回廊』に仕掛けられた爆弾のスイッチを押されてしまった。
どうやらもとから多華宮が来たらスイッチを押す手はずだったのらしい。
多華宮に白姫の封印を解かせ、その力を得るのが目的なようだが…とうとう最終回です!
スポンサーサイト
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#11「多華宮君とウィークエンド・中編」

2014.03.17 (Mon)
「あの女は私の獲物。誰にも渡さない」

街と契約をし、疲れ果てた多華宮をベッドに寝かせる綾火。
あとりのことは信頼しているのか、
彼女がやってくると多華宮のことを任せ、一人ウィークエンドのもとへ行ってしまう。
その間、熱にうなされる多華宮は夢を見ていて…
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#10「多華宮君とウィークエンド・前編」

2014.03.10 (Mon)
「あらゆるものを焼き尽くし、あらゆるものを再生する。
それがお前の持つ火のクラフトワークの力なのだ」


かざねが街との契約により、一般人を結界で守っていたことを逆手にとり、
魔法爆弾を使って、かざねの魔力を奪ったウィークエンド。
目的はもちろん白姫を宿す多華宮。
工房の魔女も綾火もその目的に気づいたが、対応は真っ二つに割れる。
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#9「多華宮君と終わりの魔女」

2014.03.03 (Mon)
「顔は覚えた。倒しにいくわよ」

なぜか急に多華宮に戦い方を教える気になった綾火。
多華宮にとっては願ったり叶ったりだが、
鬼教官を装いつつもなんだかんだで綾火ってば多華宮に甘い!
おかげで集中しようにも胸が…
そして今朝見た夢が忘れられず、綾火の水着姿が目に浮かぶ☆
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#8「多華宮君と火々里さんの傷」

2014.02.24 (Mon)
「私を自由にできるのは、この世界で一人だけ…」

前半と後半で雰囲気がガラリと変わるな…
前半は綾火の中学時代の話。
綾火は驚くほど学校に慣れておらず、火苗と凍子がつけられたのも納得。
周囲が綾火にざわめく一方で、本人はいたってマイペースだった…
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#7「多華宮君とノブレス・オブリージュ」

2014.02.17 (Mon)
「お母さんを倒す!あの人はバリバリの体育会系だから、
倒しちゃえば私たちの味方になってくれるはず」

家族が増えました☆

かざねが突然の深夜訪問!
と思いきや、多華宮ママが熱烈に歓待してくれたおかげで、
その夜はメデューサたちのことはバレることはなく。
ただメデューサたちは多華宮家でくつろぎすぎてて…
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#6「多華宮君と愛の試練」

2014.02.10 (Mon)
「姫様がいなきゃ、その場所は俺のものだった。そうだ、
今からでも遅くない。今から俺の王子様にならないかい?」


すったもんだの末、綾火は多華宮の家に同居することに。
そうとは知らない霞は、朝帰りして兄の部屋を訪れ、
綾火に襲われる兄の図っぽいものを見て早速ケンカをはじめてしまう。
続きを読む »

『ウィッチクラフトワークス』#5「多華宮君と石眼石手の魔女」

2014.02.03 (Mon)
「君の信じる力が足りないから、彼女はそんな姿になった。
君の心の弱さのせいよ」


自分の息子と火々里綾火が同棲するというのに、
驚いたり反対するどころか、息子をどうぞよろしくな態度の多華宮小町。
そもそも息子には伝えていなかったが、二人は許婚同士なのだという。
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。