ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-(完) の記事一覧

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#25「共鳴 ―永遠に響き合うように―」(最終回)

2008.03.27 (Thu)
ラブラブシャイニングフィンガー!!!!な最終回でしたね★
石破ラブラブ天驚拳!?

60億もの数のオストルムが地球へ向かう中、ライナたちはまだ諦めてはいなかった。
ひーろーにカムバックしたのもつかの間、
やはり数に押されて、次第に不利になってゆく。
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#24「逆鱗 ―消えゆく明日―」

2008.03.20 (Thu)
「生きているのがすばらしいのよ☆」人生ってすばらしい☆
ベタ過ぎて、突っ込めなかった…。そして、なによりカズキがウザかった…。

アイギスのCSS波を利用して、タナトスに語りかけようとするライナたち。
う~ん、こちらの言いたいことは分からないと思うぞ!(苦笑)
けれど、とりあえずタナトスと話すことには成功。
待ち受けていたのはやはりタナトスと融合したマキナとアキラでした。
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#23「散華 ―悲しみと希望と―」

2008.03.13 (Thu)
「一日だけ時間をやる」
声の使いまわしは、ほどほどにして欲しいですね(苦笑)

タナトスに戻ればトアは助けることができる。
しかし、ジンのもとに二度と戻ってくることはないと語るギオ。
ジンがどうするか分かっていたのでしょうか~お別れする時間をくれたのでした。
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#22「襲来 ―審判の時―」

2008.03.06 (Thu)
「あなたは満足ですか、これで」

アバンで3人でいたころを思い出すギオ。
洗濯物を破ってしまって苦笑する姿が妙に痛々しかったです(涙)
ライナさんは火星に戻って感傷に浸ってるギオをタナトスの意思に従っていると思っているようで~
まぁ、そう思っていたほうが戦いやすいかもしれませんね。
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#21「決別 ―継承せし者―」

2008.02.28 (Thu)
「そこに俺の居場所はない」

ギオの逆襲が始まった~!!!(違っ)
ギオの圧倒的な力の前に、思わず逃走しようとするトアだったが追撃されてしまう。
「お前にトアは救えない。トアの命は、まもなく尽きる」
トアを守る約束は破っておらず、これもトアのためだというギオちゃん★
いつもより眉間にしわが入ってて色気倍増です(´∀`*)ウフフ
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#20「奪還 ―断ち切られた絆―」

2008.02.21 (Thu)
「待ってくれ、俺はまだ…」

タルタロスへ向かう途中、ギオは体が光ったと思うと意味深な言葉を残し姿を消してしまった。
まさかアバンでいなくなるとは!(苦笑)
ギオ不在のまま、ノザキ教授たちと合流したジンたちは潜水艦に乗り込む。
続きを読む »

『ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#19「家族 ―温もりの欠片―」

2008.02.14 (Thu)
「ジークリンデに伝えてあげてください。あなたの気持ちを」
…前回の急展開を忘れるかのような、くっさいドラマを見せられました(苦笑)

隠れ家を出たまもなく家を襲われ、ヨナミネの車で移動することになったけれど、
なぜ助手席にギオが!?
となりから見つめるギオの真剣な目が怖かったです☆
とりあえずはISDAにも出資している大金持ちのジークリンデの別荘に行くことに。
続きを読む »

ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-』#18「平穏 ―仮初めの日常―」

2008.02.07 (Thu)
「夢みたいな時間だった」

いきなりジークリンデが追われているところからスタート!!
どうも話がつながらないと思ったら、前回の火星の事件から一年もたっていた!
火星炎上を目の当たりにした人々はドラゴンを恐れ、ISDAでもドラゴンを排除しようとの動きが出ていた。
いいのか!18話でこんな急展開!!!
続きを読む »
 | HOME |  Next »