ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

図書館戦争(完) の記事一覧

『図書館戦争』「恋ノ障害」(TV未放映話)

2008.10.21 (Tue)
「私はあの人に3回失恋している」

図書館戦争 第三巻 [DVD]図書館戦争 第三巻 [DVD]

角川エンタテインメント 2008-10-01
売り上げランキング : 11546
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ようやく『図書館戦争』DVD第3巻に収録されたTV未放映分を見ました♪
小牧さんと毬江ちゃんのお話☆

毬江ちゃんが図書館で痴漢にあったために、笠原郁の美脚を使っておとり捜査w
見事につって痴漢を捕まえたものの
「君、死ねばいいよ」
毬江ちゃんに痴漢を働いた男に小牧教官の冷たいお言葉が!!(汗)

以下、ネタバレ感想です~。
続きを読む »

『図書館戦争』#12(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

2008.06.27 (Fri)
「私の一番大切なものが今戻ってきたから」

茨城県展の警備で負傷した堂上と玄田は入院することに。
しかし、世論はメディア良化隊に死傷者を出したと図書隊を責め立てる。
そんなとき、稲嶺司令は人間にとっての自由を語る。
続きを読む »

『図書館戦争』#11「死闘!茨城県展警備」

2008.06.20 (Fri)
「お前たちと違って、俺たち(良化隊)に志はない」
上の人間が入れ替われば、図書隊と良化隊も仲良くやっていけそうな…。

茨城県は図書館隊に県展の警備を依頼し、もし負傷者がでた場合には
「司法省とメディア良化委員会にその責任を求めます」
と、はっきり断言した。
展示作品「自由」はメディア良化委員会がメンツをかけて奪いに来ることが予想される為
屋外に単独展示されることになったが、小田原をしのぐ戦闘が予想された…。
続きを読む »

『図書館戦争』#10「里帰リ、勃発」

2008.06.13 (Fri)
「一人で乗り越えてやるんだから…!」
さりげなく、手塚&柴崎もいい雰囲気♪

茨城の県展に、「自由」を題材とした良化法を糾弾するをオブジェが最優秀賞に選ばれた。
良化隊の妨害が予測される為、警備を強める為郁たち関東図書特殊部隊も借り出されることに!
よりにもよって、郁の実家のすぐそば☆
けれども親にバレるとか、そんな考えを忘れるほどの女の闘いが待っていた…。
続きを読む »

『図書館戦争』#9「昇任試験、来タル」

2008.06.06 (Fri)
「あたし、王子様から卒業します!!」
どんな卒業宣言!(笑)小牧さんに大爆笑してほしかった~!

王子様=堂上教官だったことにまだ動揺を隠せない郁は、
昇任試験に向けて、堂上教官が筆記を教えてくれることになったけれど集中できず。
クワガタが飲むような甘いコーヒーを出したり…
弾みでポケットから落ちた手塚慧からの手紙を見られてしまい、奪い合いになってしまった。
続きを読む »

『図書館戦争』#8「策動セシハ手塚慧」

2008.05.30 (Fri)
「これから先辛くなる。約束だ。辛くなったら俺に言え」
堂上教官のデレ炸裂☆

査問に呼び出されてしまった郁。
郁の名を出した砂川は仮病を使った自宅療養のため、なぜ郁の名を出したかは不明だが
稲嶺司令の原則派と行政派との対立の影響と彼の影が…。
査問対策集を貸してくれた査問経験者がそばにいるというのは心強いね(コラ)
続きを読む »

『図書館戦争』#7「恋の情報探索(レファレンス)」

2008.05.23 (Fri)
「手塚慧って、お前の兄貴だろ」
手塚兄動き出す!!

手塚兄は「図書館未来企画」という図書館問題の研究会を主催しているようだが
そこに入ってから、郁たちの同期・砂川の様子が変わったという。
図書館のHP内で一図書館員の私見といいつつ、
本を辛辣に評価しているという。
この批評について砂川に詰め寄る郁だったが、事態は思わぬ方向へ進むのだった。
続きを読む »

『図書館戦争』#6「図書館隊ハ発砲セズ」

2008.05.16 (Fri)
「いつもながらよく似てると思って、君の鬼教官に」
ナレーションが石田さんに!
小牧さんが語る、堂上さんのお話でした~。
しかし、前回まで急ピッチで話が進んでいたのに、ここでオリジナル話。なぜ…。

良化隊のように本を狩ることを仕事としている主人公を描いた本『預言書』。
アメリカの作家が書いたSF小説だと言うけれど、良化隊に取っては世に出したくない本。
それを手に入れた図書館隊は、良化隊に狙われることに。
続きを読む »
 | HOME |  Next »