ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

夏目友人帳(完) の記事一覧

『夏目友人帳』OVA「 いつかゆきのひに」

2014.02.06 (Thu)

夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [Blu-ray]夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/02/05)
神谷浩史、井上和彦 他

商品詳細を見る


「一緒に探そう。お前だって何か探しているだろう?
人とはたいてい何かしら探してるものと思っていた」


完全新作OVAということで楽しみにしてました。
冬真っ只中。
ニャンコ先生は湯たんぽの上でぬくぬくお昼寝中。
ふとかすかな音を耳にして窓の外を見上げた夏目は、
雪が降っているのに気づき、雪を見に一人外に出かけることに。
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#13「遠き家路」(最終回)

2012.03.27 (Tue)
「さようなら、僕の家。さぁ、帰ろう」

父親と過ごした生家に行く途中、ムシクイに入り込まれてしまった夏目。
心を喰らう妖らしいので、無理に追い払うと夏目の心が壊れる可能性が!
ニャンコ先生が必死に夏目の名前を呼ぶ中、
夏目の意識は遠い記憶の中へ…
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#12「記憶の扉」

2012.03.20 (Tue)
「俺も帰ろう、大切な家へ───」

幼い頃、父親とともに過ごした実家が売りに出されることになり、
一度その実家を見に行くことにした夏目。
ちゃっかり先生も荷物に紛れ込んで、駅弁を堪能してたけれど、
電車の乗り継ぎの際に、ドアに首が挟まれてる!!(苦笑)
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#11「一枚の写真」

2012.03.13 (Tue)
「この人たちに出会えたんだ、
俺の心はもうきっと痛まない。
痛かったことは、もう忘れてしまえばいいんだから───」

ニャンコ先生が歯磨きしてる!!(苦笑)

北本たちとラムネ水が湧く場所に行こうと盛り上る夏目たち。
ソーダ水にニャンコ先生も目がハートに☆
けど夏目が以前世話になった親戚から電話があり、一気に空気が重く…
塔子さんも心配そうに夏目を見てたけれど、
どうやら夏目がかつて父と住んでた家の買い手がついたと連絡してくれたようだ。
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#10「祀られた神様」

2012.03.06 (Tue)
「名取さんが来てくれてよかった。
俺だけじゃきっとかなわなかった。
ひとりじゃ───きっと出来なかったんです」


豊月神の代わりを引き受けることになった夏目は、月分祭の勝負の真っ最中!
だったのに、黒衣たちの罠に引っ掛かってしまい、柊ともどもダウン;
しかも人の匂いをかぎ分けられてしまい、追い詰められてしまう。
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#9「月分祭」

2012.02.28 (Tue)
「なんとしても豊月神を見つけましょう。
一人ではなく二人だったらなんとかなるかもしれない」

饅頭スト!?

撮影後に、突如名取のもとにもう一つの仕事の依頼が!
人間の豊作祈願の祭「月分祭」を妖が気に入って行うようになったらしく、
10年に一度、妖が豊作の神と地枯らしの神とで勝負をするらしい。
だが、今年は勝負の年だと言うのに豊作の神「豊月神」が人に封じられたらしく、不在;
このままでは山が10年枯れてしまうため、それを阻止して欲しいということだったが…

続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#8「惑いし頃に」

2012.02.21 (Tue)
「私を封じること。それがお前の業なんだ」

レイコと間違えられ、小天狗に連れ去られた夏目。
「レイコに代わって、封印された儂の友を呼んでやって欲しいのだ」
人違いだと分かってくれたけれど、友人帳をもっていると知り頼み事をされてしまう。
ニャンコ先生とは小天狗のうっかりで離れ離れになってしまうのだが、
先生は思わぬ人物と再会していた。
続きを読む »

『夏目友人帳 肆』#7「人と妖の間で」

2012.02.14 (Tue)
「夏目は捨ててはいけないんだよ。
きついかもしれないけど、夏目にはきっと必要なんだよ」


攫われた瓶詰めの夏目を追って、妖が集う場所にたどり着いた田沼。
そこに現れた者がいうには、この場所は「妖の世」らしく、
あまり見えない田沼にも妖がうっすら見えるように!
ただ、親切にも田沼にここから立ち去るように教えてくれたその者は、
うっすらどころか、はっきりと田沼の目にも見えているのだが…
続きを読む »
 | HOME |  Next »