ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

伯爵と妖精(完) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『伯爵と妖精』#12「伯爵と妖精」(最終回)

2008.12.24 (Wed)
「僕には伯爵家の者を守る義務がある」

プリンスが何をしようとも、ノブレス・オブリージュを知ろうともしない
ユリシスは貴族になれないと語るエドガー。
バンシーがユリシスに連れて行かれたと知って、リディアを閉じ込め
アーミンと共に彼らと対決することに!
スポンサーサイト
続きを読む »

『伯爵と妖精』#11「ふたりの青騎士伯爵」

2008.12.17 (Wed)
「二人とも、死ぬな!!」
ケルピー、あんた漢だよw

バンシーを連れ戻すために、妖精界にやってきたリディアとポール。
しかし、ユリシスのアジトは闇に属する妖精が動きやすいように変えられていた。
不吉な空気をかもし出していたが、二人は構わずバンシーを探し当てた。
続きを読む »

『伯爵と妖精』#10「残された時間」

2008.12.10 (Wed)
「強引だったのは認める。でも無理やりじゃない、そうだろ?」
夢の中でも言い訳中wwサイテー

二日酔いの頭をさすりながら、リディアが来たこをと思い出したエドガー。
「酔っ払って自制心の吹き飛んだ狼のところに彼女みたいな子羊を放り込んだらいけないんだよ」
とレイヴンに注意するが、レイヴンの反論は正論過ぎた(笑)
続きを読む »

『伯爵と妖精』#9「バンシーの記憶」

2008.12.03 (Wed)
「死んだ人間は生き返らない。つまり人ではないということか…」

バンシーのあとを追ったポールとニコだったが、
あっさりプリンスの腹心・ユリシスに捕まってしまう。
おまけに攫われたバンシーは、ユリシスを青騎士伯爵の末裔と認めてしまって!?
エドガーピンチw
続きを読む »

『伯爵と妖精』#8「涙の秘密をおしえて」

2008.11.26 (Wed)
「エドガーは私なんか必要じゃないのよ!」
クッキーよりもおいしそうな匂いって、エドガーが言うとエロイw

その場しのぎのつもりで婚約したつもりが、
本格的に婚約者として披露されることになったリディア。
彼女の指には、かつて青騎士伯爵から妃に送られたという月の指輪がはめられていた。
というのも、指輪を管理する妖精・コブラナイが現れたせいで。
続きを読む »

『伯爵と妖精』#7「プロポーズはお手やわらかに」

2008.11.19 (Wed)
「リディア、俺はお前と結婚してみたい」
してみたいってなんだww

エドガーの毒を消し去る為に、ケルピーと取引をするリディア。
ケルピーが月を持っていないので結婚とまではいかないが、
妖精界で一緒に暮らすことを受け入れてしまった…。
続きを読む »

『伯爵と妖精』#6「白い弓、朱い弓」

2008.11.12 (Wed)
「怖いのは僕?それとも恋をすることかな?」
人を好きになるのに勇気は必要ないらしいですよ、リディア!それにエドガー!

今度は妖精女王の侍女・スイートピーが現れて、
月の指輪がぬけなくなったポールを花婿として連れ帰ると言い出した!
けれども、横からは指輪を掠め取ったはずのケルピーが指輪は自分のものだと主張☆
リディアの喝で事は収まったけれども、エドガーに脅迫を送る連中の正体とは…?
続きを読む »

『伯爵と妖精』#5「妖精女王の花婿」

2008.11.05 (Wed)
「探したぞ、リディア!迎えに来たぞ!」
ケルピー@子安さんもキラキラ(笑)

青騎士伯爵の専属フェアリードクターになったリディア。
あれから3ヶ月たち、なんだかんだ言いつつちゃんとお仕事しているようですね。

かつて、青騎士伯爵は妖精女王に求婚されたけれども、
“月を贈って下さるなら”との魔法の呪文?というよりも
お断りの常套文句をいって人間界に戻ってきたんだとか。
しかし、今度は妖精女王の使いが約束の月を持ってきたと言い出して!?
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。