ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

タイタニア(完) の記事一覧

『タイタニア』#26「終幕の鎮魂歌」(最終回)

2009.03.27 (Fri)
「やはり変わってゆくのであろうな。
宇宙も、そしてこのタイタニアもすべて」


ザーリッシュを追い詰めたファン。
状況はファンが圧倒的に有利だったが、それでもザーリッシュは諦めなかった。
続きを読む »

『タイタニア』#25「熱砂の激闘」

2009.03.27 (Fri)
「窮鼠、猫を噛んだってわけさ」

迫りくるザーリッシュ対策に、運に左右される作戦を打ち出したファン。
運任せというところに不安があるものの、
正直じいさん号の敵討ちに燃えるミランダたちはすぐさま実行に移った。
続きを読む »

『タイタニア』#24「オネストオールドマン」

2009.03.20 (Fri)
「ひとたび戦闘となれば、私は無敵だ!」

ファンたちが潜伏していた反タイタニア拠点を襲撃してきた母艦とにらみ合う正直じいさん号。
しかし、あっさりシールドは破られ不時着をしてしまった。
続きを読む »

『タイタニア』#23「砂漠の鼠」

2009.03.20 (Fri)
「タイタニアも途中下車しっぱなしでしたから、
あの…第4巻をその次に書くことにいたしました」
まずは田中芳樹さんと、監督さんの対談から!

中国歴史ものを書いたら、次は別舞台ものを書くのがパターン化している田中さん。
今書いている現代日本ものが終わったら、次は宇宙モノ・タイタニアを書くことを宣言!
本当に!?
しかし、勝さんの「監督、続き出来ますよ」が不吉でした。
アニメはきちんと終われてないのでしょうか(汗)ドキドキ
銀河英雄伝説は原作どおりにアニメを作り、300人もの登場キャラを区別させる為
声優全部変えたので「銀河声優伝説」とも呼ばれているという話は、ちょっと面白かったですw

では、本編感想へ。
続きを読む »

『タイタニア』#22「野望のプレリュード」

2009.03.13 (Fri)
「タイタニア四公爵の列から落伍するわけにはいかぬのだ」
イドリスの過去話w

ジュスランはファンを逃がしたものの、ファンの生存は皆が知るところとなった。
ファンを逃がしたことを失態だと攻め立てるイドリスとザーリッシュだったが
「それは私の任にあらず」
ジュスランは二人の攻撃をすんなりかわした(苦笑)
続きを読む »

『タイタニア』#21「エスタールの邂逅」

2009.03.13 (Fri)
「ヒューリックが亡くなったとお聞きしましたが、本当なのでしょうか?」

ファン死亡の知らせが、ウラニボルグにも届く。
ザーリッシュは藩王の命令でしぶしぶウラニボルグに帰還しようとするが、
ジュスランはファン死亡を疑ってか、遺体の確認を藩王に申し出た。
続きを読む »

『タイタニア』#20 「クロノス強襲」

2009.03.06 (Fri)
「生きて出られない監獄なら、死んででるしかない」
さて、今度こそファン奪還の話!ファンの活躍なし!

衛星クロノスに入れられてしまったファンを手に入れようとするザーリッシュは
エスタールの大統領・カナックに手を焼かされ、力で抑えようとする。
しかし、その隙に「正直じいさん号」では、ファン救出作戦が進んでいた。
続きを読む »

『タイタニア』#19「ラドモーズ事件」

2009.03.06 (Fri)
「あの弟ならば、兄の配慮など平気で裏切るのではないかと…」
1週お休みして、さぁ~ファンはどうなった!!
と思いきや、まずはタイタニア側のお話でした…

イドリスは、ファン討伐の任から外されたものの
ちゃっかりクーデター未遂事件で死んだエストラードの後任にされた。
彼が軍務大臣になったために、これまでイドリスがいた近衛軍司令官の座が空白に~。

2話まとめて感想を書こうとしたけど、思ったより長くなったので各話感想にしましたw
続きを読む »
 | HOME |  Next »