ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

うみねこのなく頃に(完) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うみねこのなく頃に』#26「EpisodeIV-VIII sacrifice」(最終回)

2009.12.24 (Thu)
「お兄ちゃんは帰らなきゃだめ…」

マリアを救うために、ベアトとマリアがいる空間にあられた縁寿。
ベアトにも蘇らせることが出来なかったさくたろうを、魔法で蘇らせるという。
もし、それが出来たらマリアに黄金卿から立ち去るよう要求した。
スポンサーサイト
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#25「EpisodeIV-VII forced move」

2009.12.17 (Thu)
「魔法とは、愛がなければ見えない」

1998年10月。
六軒島の船着場にたどり着いた縁寿は、
天草を置いて、一人マリアに花を手向けに歩き出した。
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#24「EpisodeIV-VI adjourn」

2009.12.10 (Thu)
「そなたは、この惨劇の原因の一つである」

孫たちが右代宮家を継ぐにふさわしいか、見極めるためのテストが始った。
ジェシカがロノウェに、譲治がガァプにそれぞれ挑んだが…
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#23「EpisodeIV-V breakthrough」

2009.12.03 (Thu)
「さて、見せてもらおうか。
孫たちの誰が右代宮家の当主にもっともふさわしいかを!」


六軒島での事件から12年後の1998年。
縁寿は南條先生と熊沢さんの遺族を訪問し、事件の手がかりを得ようとしていた。
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#22「EpisodeIV-IV problem child」

2009.11.26 (Thu)
「お前たちはわが儀式の生け贄となるのだ!!」

霧絵たちの予想を裏切り、金蔵が姿を現す。
金蔵は自分の子供達が碑文の謎を解けなかったことに落胆&激怒し、
誰にも右代宮家を継がせないと言い出した。
ただ、南條先生の意見を聞き入れ、孫たちに目をつけだした。
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#21「EpisodeIV-III prophylaxis」

2009.11.19 (Thu)
「魔法は信じる人には存在する」
物事をどう捉えるかは自分自身。自己満足、大いに結構!それが人生だ。

寮で勉強に励む縁寿だったが、部屋は煉獄の七姉妹たちの声で賑やか;
マリアやさくたろうたちも加わって、思わず遊んじゃって
テストで悪い点を取ってしまった縁寿…
それを理由にクラスメイトから執拗な虐めを受ける。
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#20「EpisodeIV-II zugzwang」

2009.11.12 (Thu)
「真実は観測者によって、形を変えるよ」

これからゲームが始まるというのに、席を外す縁寿。
気持ちはゲームよりも、日記のマリアに向けられていた。
続きを読む »

『うみねこのなく頃に』#19「EpisodeVI-I end game」

2009.11.05 (Thu)
「絶対に魔女を打ち倒さなければならないということを、忘れないで」
あなたの帰りを待っている人のためにも――

ベアトの北風と太陽作戦にしてやられたバトラ。
そんなバトラを気にかけるベアトでしたが、まだツンデレが抜けきってない?(苦笑)
意外とバトラはへこたれていなかったが、
そんなバトラに本気で戦っていないと叱る縁寿が第4のゲームに参加することに!
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。