ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

とある科学の超電磁砲 (完) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『とある科学の超電磁砲S』#24「Eternal Party」(最終回)

2013.09.28 (Sat)
「今の私は違う。みんなで一緒に戦ってるんだから!!」

フェブリを逃す時、どうして美琴の名前を教えたのか…
こんなときだけど、一人考え事をする布束。
答えは見つからないものの、事態は急変!
各会場に配置したパワードスーツの前に、数人が立ちはだかったと思ったら、
「ジャッジメントですの!!」
ジャッジメントが集結し、臨戦態勢に入った!
スポンサーサイト
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#23「革命未明(Silent Party)」

2013.09.21 (Sat)
「すべてが終って、
みんなが笑顔になるというのはハッピーエンドの条件ですもの」

私の夢。

フェブリを救うため、一人でスタディコーポレーションに乗り込んだ美琴。
布束と再会を果たすも、動きを封じられた上に捕まってしまった。
「あいつを使って僕らは、僕らの優秀さを、正しさを世界に証明する」
明日、公開実験を行うという眼鏡…もとい有冨だったが、
計画実行日をばらしちゃうあたりも小者感が(ぁ
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#22「STUDY」

2013.09.14 (Sat)
「黒子がお慕いしておりますのは、
Lv.5の常盤台のレールガンではなく、
ちょっぴりガサツでお子様趣味ですけれど、
後輩思いでお優しい御坂美琴お姉さまですの」


フェブリに残された時間は72時間!
フェブリを救うため、彼女を作った連中の正体を掴もうと、
カエル先生の紹介で懐かしのテレスティーナと再会を果たした美琴。
「学園都市は実験場、生徒はすべてモルモット」
街の闇を見てきた美琴に同意を求めるテレスティーナだったが…
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#21「闇」

2013.09.07 (Sat)
「あの子の体を治せるものがいるとしたら、
それは作ったものだけだよ」


フェブリは人工的に作られた人間!?
しかも技術的な理由か、意図的か分からないけれど、
フェブリの体は新陳代謝を繰り返すたび、体内に毒素が蓄積されており、
飴はそれを中和する役割を果たしているが、それがなければ死にいたるのだという…。
学園都市の暗部が関わっているとも聞かされ、
みんなを巻き込むまいと、一人で抱え込もうとする美琴だったが…
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#20「フェブリ」

2013.08.31 (Sat)
「さぁ、実験開始です」

フェブリの前で突然動き出した警備ロボは、
搬入したばかりでメインバッテリーが入っていなかったことが判明。
これでどうやって動いたというのか…
って、怪しげなものが遠くに落ちてたけど;
この場をアンチスキルに任せ、みんなで銭湯に向かう美琴たちだったが、
眼鏡の男がフェブリを見ていたのを婚后が見ていて?
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#19「学園都市研究発表会」

2013.08.24 (Sat)
「私だって、必ずこの子に名前で呼ばれてみせる!」

美琴の名前を知る迷い子・フェブリを美琴の隠し子と妄想して、
一撃を受ける黒子…いつものノリですね☆
ただ本能的にフェブリは美琴を危険人物と判断してしまったのか、
美琴が近づくと佐天の後ろに隠れてしまい、
これ以上情報を聞きだすことは出来なかった。
続きを読む »

『とある科学の超電磁砲S』#18「お引越し」

2013.08.17 (Sat)
「準備は整った。
今こそ僕らの力を能力至上主義のこの街に見せ付けるときだ」


依頼を受けて、武器取り引きを阻止しにやってきたアイテムだったが、
指定された場所には人の気配すらなく…
ただ、ロボットが襲いかかってきたのらしい。
何やら試運転としてアイテムは利用されただけなようす。
続きを読む »

劇場版「とある魔術の禁書目録~エンデュミオンの奇蹟~」特別版

2013.08.10 (Sat)

劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray]劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray]
(2013/08/28)
阿部 敦、井口裕香 他

商品詳細を見る


「ぼくら魔術サイドと科学サイドの間に、
戦争を起こしかねないってことさ」


物語は本編の3年前、
オービット・ポータル社のスペースプレーン「オリオン号」が墜落したところからスタート。
ニュースでは乗員乗客88名全員の生存が確認されたといっていたが、
あんな大事故で本当に全員無事だったのか…?
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。