ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

こばと。(完) の記事一覧

『こばと。』#24「あした来る日…。」(最終回)

2010.03.23 (Tue)
「例え前世の記憶は失っていたとしても――」

小鳩が姿を消し、そして、人々の記憶からも消えてしまった。
よもぎ保育園のみんなと一緒に行った遠足の写真に小鳩の姿はない。
ただ、藤本だけは何か違和感を感じ取っていた。
続きを読む »

『こばと。』#23「…こばとの願い。」

2010.03.23 (Tue)
「忘れてません。私の願いは決まっていますから」

まだコンペイトウが集まりきっていないというのに、
怪我をした藤本に構いっぱなしの小鳩。
それは楽しそうではあったけれど、
釘を刺すことは忘れないいおりょぎさんww
だが、なにやら小鳩の心はすでに決まっているらしい…
続きを読む »

『こばと。』#22「…さよならの日。」

2010.03.16 (Tue)
「分かりません。でも、ここが痛いんです」
何を考えている?何がしたい?

過去の夢なのか、藤本似の人が夢に出てきて朝から幸せいっぱいの小鳩。
ただ、目が覚めると夢の内容はおぼろげに~
保育園の閉園も近くなり、気を取り直して片づけを頑張る小鳩だったが、
そこに藤本の姿はなかった。
続きを読む »

『こばと。』#21「…春の足音。」

2010.03.09 (Tue)
「良い人じゃなくても、
清花先生には大切な人なら、このままじゃダメです!」


最後の話し合いだと、、沖浦が保育園にやってきた!
清花先生のことを「他人」としか思ってないといい、
大切な思い出のある保育園もただの箱扱い…
園児の安全を盾に、決断を迫られた清花先生は?
続きを読む »

『こばと。』#20「…旅をする人。」

2010.03.02 (Tue)
「私の会いたい人」

2月の寒空を、窓を開けて眺める小鳩。
切なげに胸に手を当てていたが、その思い人とは?
翌日には元気にバレンタイン会をしようと藤本に持ちかけたが、
それでも時折胸に手を当てる仕草をしたり…やっぱり恋わずらい!?
続きを読む »

『こばと。』#19「…ホワイトクリスマス。」

2010.02.23 (Tue)
「僕が小鳩ちゃんに似合いそうなものを選んでもいい?プレゼント」
ど、堂元!お前って奴は~!!!(涙)

クリスマス会の準備を進める中、何だかますます元気をなくしていく藤本。
いつもの小鳩のドジに文句をいわず、おまけに目も合わせてくれない。
まだ自分が余計なことをしたのを怒っているのかと、
これまた塞ぎこむ小鳩だったが…
続きを読む »

『こばと。』#18「…木枯らしのぬくもり。」

2010.02.16 (Tue)
「小鳩ちゃんみたいな女の子、好きだよ」

季節は冬!
春までにビンをコンペイトウでいっぱいにしなければならないのだけれど、
相変わらず保育園の問題にかかりきりの小鳩。
しかし、意外にもちゃんとコンペイトウはたまりつつある様子。
「急がねぇと、お前はどこにも行けなくなっちまうんだぞ」
ただ、いおりょぎさんの言葉といい、集まらなかった時は最悪の事態になりそうで;
続きを読む »

『こばと。』#17「…謎の生命体、2号。」

2010.02.09 (Tue)
「大切なのはやると決まったらやるっつーことだ!」

「すんげー売れそうなもん持ってくるよ」と、
小鳩と別れ、どこかへ出かけたはずのいおりょぎさんでしたが、
どうもバザーに出す品を探す気はまったくなかったらしい(苦笑)
続きを読む »
 | HOME |  Next »