ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『RIDE BACK -ライドバック-』#1「深紅の鉄馬へ」

2009.01.12 (Mon)
「世界は変わる」
絵が昔懐かし系ですね~

足に怪我をしたことで、満足にバレエができなくなった尾形琳。
バレエをやめて、大学へと進学したがそこでライドバックと出会う。

RIDEBACK 1 (1) (IKKI COMICS)RIDEBACK 1 (1) (IKKI COMICS)
(2004/05/28)
カサハラ テツロー

商品詳細を見る
世界設定はいろいろ複雑でしたが、
ということは~後々ライドバックが戦闘に使われるという展開にでもなるのでしょうか??
とりあえず、琳の母のファンだという少女が出てきた時はイラっとしたww
もうでてこないで欲しい~けど、HPの紹介にこの子も載ってましたね(涙)

雨宿りした場所で、偶然ライドバックに出会った琳。
暇つぶしにと誘われて、初めて操縦したけれど操作がきかなくて、
とっさに重心を動かすことで運転w
さすがに運動神経がいいようですね~。

「不思議、怖くない。どうしたんだろう、安心する。この子踊れるんだ!」
ここにまで踊りを求めるんですか!?
運命の出会いを果たし、今後はライドバック部に入るんでしょうね~。
HPを確認したら、意外と登場人物が多くて驚いた…。
とりあえず謎のライドバック乗り・銀髪のキーファ@モリモリが登場するまでは視聴します!(マテ

コメント

最近としては、珍しいパターン!?
HINAKAです。

ジャスタウェイ様

新作TVアニメ「ライドバック」ですが、最近のアニメとしては、非常に珍しい現象が?が起こっています。
それは、主人公ヒロインの声が、今まさに売れ線の〈水樹奈々嬢〉でありながら、OP主題歌もED曲も、まったく別の歌手で彼女は歌っていない!のです。

水樹嬢と言えば、昔なら林原めぐみさんと同じで、アニメ出演作は原則として主題歌を、最低OPかEDのどちらかを歌うのが、最近の常識です。
例え主演でなくても、歌は堂々とオープニングを歌うと言う事すら、珍しくありません。当然、OPもEDも両方という事すら、むしろ当然だったりします。

もちろん、必ずそうでなくてはイケナイという法則も、理由もありませんが、昨今としては珍しい作品となりそうな予感です。
何より、その水樹嬢演じるお嬢様が、見かけによらず大胆にロングスカートを翻して、空飛ぶ変型バイク(ライドバック)に跨り、仰るようにまさに空を飛ぶように、疾駆する様は、バイクのCG演出のうまさも手伝って、実に爽快です!

これからどうなるのか分かりませんが、歌の事はともかく、このままこの軽快さを、維持して欲しいものだと思います。

それでは、また。

>HINAKAさまへ♪
HINAKAさん、こんにちは。

>水樹嬢と言えば、昔なら林原めぐみさんと同じで、アニメ出演作は原則として主題歌を、最低OPかEDのどちらかを歌うのが、最近の常識です。
すみません…。
水樹奈々さんが主題歌を歌われたアニメは、なぜか一つも見てないんです(汗)
歌は知っているけど…。
常識だったんですね!
最近のだとアリソンとリリアや伯爵と妖精くらいしか知らないので、知りませんでした。
なのであまり珍しい現象とは思いませんでした(汗)

> 何より、その水樹嬢演じるお嬢様が、見かけによらず大胆にロングスカートを翻して、空飛ぶ変型バイク(ライドバック)に跨り、仰るようにまさに空を飛ぶように、疾駆する様は、バイクのCG演出のうまさも手伝って、実に爽快です!
あのロングスカートはバイクには不向きですが、飛んでいる様子を表すのには良かったんでしょうね!
そのうち戦いになりそうな雰囲気がしてますが、軽快な感じは残して欲しいですね。
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

助手「2009年1月期第11弾は・・・」 博士「今期の大本命キタ━━(゚∀゚)━━!」
太くて多数の、もとい不特定多数の観客相手に身体を拡げて銭を獲るプリマ、特定の人相手に内臓を見せて幸せにする妊婦。彼女たちの度胸にそ...
 【ストーリー】尾形琳は天才ダンサーと呼ばれた両親の子として生まれ、自身もバレエでプリマを務めるも、その公演中に靭帯が切断してしまう。琳は幼馴染の上村しょう子と武蔵野文芸大学に入学、同じ部屋で生活を始める事になる。学食で昼食を取っていた二人に、琳のファ...
★★★★★★★★★☆(9:素晴らしい!) 世界は変わる。それは劇的なほど、突然に――。 いやーあんまり注目してなかったんだけど面白...
「深紅の鉄馬」 新作です。 アバンはバレエシーン。これだけでも圧巻。つか、このレ
世界はGGPと言う世界統治機構により、超大国による権益独占に陥った 旧国連による世界体制を打破し、世界に真の平和と秩序をもたらすと言う 理想によって統治されていた。 国連解体や大震災で国としての機能が失われている日本が舞台である。 尾形琳(水樹奈々)
ライドバック 第1話 原作は未読。 いきなりバレエのシーンから始まります。 主人公らしき女性が足をくじいて倒れるところで終わり、OPへ。 OPは冒頭の雰囲気とは全く違いかっこいいものでした。 長いスカートで二輪車に乗るのは新鮮でした。 本編は、バレエをやめ
2009年冬アニメその5! パンツ見えちゃうけど恥ずかしくな(ry 開始前はあまり引き込まれるとは思いませんでしたがご覧の有様だよ! ではライ...
ライドバック#1「深紅の鉄馬」 いよいよ始まりました!ひそかに期待してたんですよ
「桜吹雪、きたーヽ(・∀・` )ノ」 絵がキレイですね 最初百合バレエアニメかと思った・・・(A;´・ω・)アセアセ 軍事アニメなのかな? ...
 RIDEBACK  第1話 深紅の鉄馬 感想  -キャスト-  尾形琳:水樹奈々  片岡珠代:朴璐美  岡倉天司郎:小山力也  内田す...
RIDEBACK 第1話「深紅の鉄馬」 【超・簡易感想】 主人公♀(尾形 琳(おがた りん))が、拒否反応も見せせず、 人型二輪車ロボット「ライド...
RIDEBACK -ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」の感想です。
RIDEBACK 1 (1) (IKKI COMICS)クチコミを見る 世界は変わる。それは劇的なほど、突然に――。そう尾形琳が感じたのは、足に怪我を負い、バレエの道を絶たれた時だった。そして現在、大学へと進学した彼女は、無骨な鉄馬と劇的な出会いを果たす。偶然それに乗り込んでし...
世界は、変わる――
新番組第十うん弾目。ライドバック、これは結構期待しているアニメですね。Rideback(1集)早速感想。やべぇ、カッコイイなぁ。ライドバック、思ったよりカッコイイ。爽快感もマックスだしね。操作は普通のバイクと変わらない、でもメチャクチャアクロバティックな動きが...
第1話「深紅の鉄馬」これはちょっとビックリした!主人公がライドバックに乗って駆け
公式HPを見た時から気になっていた新番組、ライドバックを視聴してみました。主人公の尾形琳は、天才的なバレエダンサーを母親に持つ少女です。彼女も母親と同じように、将来を期待...
前情報なし、原作も未読。けど結構期待できそうな予感。
これは期待してたものが見られそうだ!
怪我のために夢を諦めた尾形琳。 目標を無くした彼女は、ライドバックと出会う。 鉄でできた騎馬に――。 これはやる気ある方のマッドハウ...
「深紅の鉄馬」 新アニメの第4作目。 公式サイトの、ごついマシンと、それを駆る少女…というアンバランスさの印象が強かったんだけど…...
カサハラテツロー原作、月刊IKKIにて連載されたコミックをTVアニメ化。原作は2009年1月号で完結。主人公の女子大学生・尾形琳が、人型二輪車ロボット「ライドバック」と出会い、戦いの渦へと巻き込まれていく。原作はかなり過激な描写もあり、そのまま放送すること...
今期期待の1本「ライドバック(RIDEBACK)」の第1話。 3DCGのメカと2Dのアニメキャラの融合に大変な手間をかけているのがわかる。回り込みを多用したカメラワークや疾走するヒロイン琳のスカートや髪のなびき方にも神経が行き届いて、作画枚数もテレビシリーズとしては多い...
「世界は、変わる----------」?新作アニメ第5弾。アバンでいきなりバレエの登場で驚きましたが、彼女・琳は母親の才能を受け継いだ若き天才ダンサーだったんだ。その将来は明るいものだったはず。舞台でのデビューはセンセーショナルになるはずだったのに・・・靱帯...
予想以上の好印象、これはおもしろい! ノーマークで様子見でしたが視聴継続&レビュー決定。 話もシンプルでわかりやすかった。 主人公琳は有力なバレエの踊り子として将来を期待されていた逸材。 しかし舞台中の事故で踊り子の道を断念。 心機一転、大学生活に新...
番宣が良かったので期待していた作品ですが、期待通りでした。RIDE BACK -ライドバック- 第1話 「深紅の鉄馬」 の感想です。 印象的なシーン...
第1話「深紅の鉄馬」AT-Xでやたらと宣伝していたので、目に留まってはいました。最初はただのバイクアニメとしか思わなかったので、見るつもりは無かった。でも人型バイクというのを知り、少し興味があったので見てみました。
これはなかなか疾走感の気持ちのいいアニメではないですか。期待以上の面白さでしたね。
2009年冬新規アニメその11 原作は未読