ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『タイタニア』#14「リュテッヒの動乱」

2009.01.16 (Fri)
「肉親の絆とは、時に思わぬ流れを生むもの」
なんというか…あっさりことが進みすぎて感想書きづらいw

息子アルセスの死に我を失い逆上した母テリーザは、
その怒りや憎しみをザーリッシュにぶつけてしまう。
母のためにもファンを殺し、敵を討つため
ファン討伐には自分を押してくれとジュスランのもとを訪れる。
それをあっさり考えておこうと答えるジュスラン。
自分はやる気なさそうだなぁ~と思っていたのですが…。

イドリス不在のヴァルダナ帝国では、
相変わらずバルの父・エストラード・タイタニアが周りの唆されていてとうとうクーデターを起こすことに(汗)
おまけに周りには何とかとはさみは使いよう、とかいわれてますよ~。
そこまで小者だったんですか、この人は!(汗)
イドリス不在で、ジュスランがエーメンタールに使者として出かけると知って
ザーリッシュにはファンの偽情報を渡すことでその合間にクーデターを起こすつもりだったようですが…
ジュスランが出かけるというのは、彼の流した偽情報でした(汗)

エストラードたちが動きやすいように、偽情報を掴ませたんですね…。
バルアミーも知らされていなかったようで、とりあえず
父の周りがたくらんだこととして、そいつらを処断すればまだ父は助かると説得したかったけれど、父はもうかなり冷静な判断ができなかったようで…。
何とかその場を切り抜けようと、バルの銃を奪おうとして誤った撃たれてしまいました(汗)
なんという、あっけなさ☆

「ヴァルダナの反乱先導者達を一掃するためだったが、エストラード候まで…
少々やりすぎてしまったようだ」

真相を知ったバルは父を殺してしまった時と同じぐらい衝撃だったかもですね(汗)
結構ジュスランに懐いていましたから。
しかし、「少々やりすぎてしまった」って…うっかりですむレベルじゃないんだけどww
ジュスランて…結構人の心が分からない人なのかしら~細やかな配慮が足りないわ!

あのザーリッシュが偽の情報でかけていく時の、ジュスランの黒い笑みが忘れられません…。
まぁ、反乱先導者だけを捉えようとしていただけましなのか。
イドリスが指揮してたら確実にエストラードも捕らえられただろうし~
うーん、でも結果が同じとなるとね…
どうもジュスランが事を起こすと、いつも悪いことが起こりますね(汗)
案外疫病神なんじゃ(コラ
あ、でもこれでもジュスランファンですから!!

ファンは船を抜け出して、一人カサビアンカに~次回はファン話ですね。

http://memento01.jugem.jp/?eid=327

コメント

こんばんは。
今回はジュスランやアリアバートが綺麗に描かれていて満足でした。

エストラードの死はかなりあっさりでしたね。
小者呼ばわりされ、あんな死に方はさすがにちょっとかわいそうかなぁと思いました。

ジュスランが案外疫病神なのかも、というのは分かる気がします。
私も結構好きなんですけどね。

次回はファンの話。楽しみですけど、タイタニア側のが気になる……(あ)。
>isamuさまへ♪
isamuさん、こんにちは。
今回の絵は綺麗でしたね♪前回の面影は全くありませんでした(苦笑)

> 小者呼ばわりされ、あんな死に方はさすがにちょっとかわいそうかなぁと思いました。
見せ場もなく、あっさりとお亡くなりになりましたね(汗)
どうせならバルが傷つかないような死に方をして欲しかったです~。。。

> ジュスランが案外疫病神なのかも、というのは分かる気がします。
> 私も結構好きなんですけどね。
今回のジュスランの悪い笑みを見てしまうと、
意味深なセリフもあったので悪い方に勘ぐっちゃいますよw
まぁ、でも黒いジュスランというのも結構ありかな☆と♪

> 次回はファンの話。楽しみですけど、タイタニア側のが気になる……(あ)。
私もどちらかというとタイタニアのほうが…(アッ
ファンはのんびりしてそうですからね~そろそろ何か展開が欲しいですね!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

 エストラード退場…って、はえーな、おい。  まあ、これまでもワンエピソードで国が滅んだりってことが頻繁だったから、今さらどうこういわんでもいいのかもしらんけど…うーん、この宮廷内陰謀話が、後々まで尾を引くかたちで、伏線として生かされることを願います。...
ファンのアルセス伯への復讐が完了したと思ったら、今度はヴァルダナ帝国で反乱の動きがありました。最愛の息子を殺されて、アルセスの母・テリーザは怒り狂っています。その怒りの矛...
アルセスの死に責任を負うことになったザーリッシュ。仇敵、ファンはその頃、じいさん号を離れて?!「リュテッヒの動乱」アルセスの死に母・テリーザはその責任を兄のザーリッシュに負わせ、ザーリッシュもまた個人的な感情で動き始めた。ヒューリックがタイタニアの公敵...
タイタニア 第14話 「リュテッヒの動乱」 評価: ── 父上達はあなたの手の内で踊っていたのですか・・・ 脚本 ...
許して、ほしい……。 「TYTANIA-タイタニア-」第14話のあらすじと感想です。 手の上。 (あらすじ) アルセスの死に、母親のテリーザは涙...
 第14話「リュテッヒの動乱」ヒューリックは、リラを死に追いやったアルセスを討ち取ったものの、彼女を救い出せなかったことを気に病んでいた。その後、ひそかに正直じいさん号を去ったヒューリックは、訪れたリラの故郷サブランカで懐かしい人物を再会する・・・。彷...