ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『花咲ける青少年』#7「誰が為の想い」

2009.05.18 (Mon)
「王に命を捧げた近衛士官が、一族の者に刃を向けるか!!」

兄・ソマンドの近衛士官が自分に刃を向けたことにショックを受けるルマティ。
しかし、王族の威厳を持ってノエイに喝を飛ばすと、ノエイの心に迷いが生じだした…。
それだけラギネイ王室への忠誠が高いということですね!
ソマンドに言われてルマティを殺しにきたけれど、
彼にとって王族であるルマティだって、そりゃもう雲の上の存在でしょうし…
結局は、ノエイにはルマティを殺すことが出来ず、逆に彼をかばって傷を作っちゃいました。

「殿下ご無事で…お許しを…私が愚かでした」
ルマティに謝ってるつもりのノエイでしたが、カジカをルマティと間違えた様子。
ルマティ暗殺を後悔はしていたようだけれど、首謀者については語らず
あくまでも自分が首謀者だと言ってますね~
まぁ、忠誠心熱いノエイですからソマンドが黒幕だなんていえませんもの!

「あなたは誰をかばってるの?それは本当にその人のためになるの?」
まぁ、かばってる人のためにはならないでしょうけどね;
カジカは、そういってノエイから情報を聞き出そうとしたけど、やっぱり無理;
しかし、このソマンド…クインザからはすごい言われようでしたね(苦笑)
見えない影に怯え、国家の危機も省みない愚か者の売国奴…!!
クインザ、怖いですよ!!

ノエイも語っていましたが、なにやらラギネイの資源を得るために
アメリカ系の企業の手先がラギネイ王室に入り込んでいる様子。
そのあたりについてわざわざ明かしてくれるあたり、やっぱりノエイはいい人だわw

「今のお前に問われれば、死にかねないぞ!」
「では死ね!」
そして、ノエイは死んでも構わないと語っていたルマティが
わざわざノエイを助けるラギネイ追放という方法をとろうとは…成長したね(涙)
これにはノエイも感激でしょうよw
あのわがままルマティがね~(マテ

「兄上が俺の命を狙うなど、絶対に…!」
しかし、ノエイが首謀者についてあくまでもしらを通しきったことで
逆に首謀者がソマンドであることを語っていたようなものですよね(汗)
クインザはその事実を受け入れるのが「王たる者の使命」とルマティを王にするつもりのようで…

「誰の目から見てもルマティ殿下こそ王にふさわしいのだ。
こうなれば私が殿下を王座につけてみせる」
わ~、ルマティの気持ちをよそにクインザは一人やる気に燃えていますね;
腹黒いことを平気でやりそうだから怖いよww

今回の見所は、ちょっぴり影が薄くなったけれどリーリンの
「あんまり心配させるな」ですかねww
甘々ボイスでしたわ☆おまけに人目を気にせずハグまで♪
まぁ、それをみていた倣の奥さんの視線が気になったけどね;
やっぱりリーリンの気持ちに気づきましたよね~作戦変えてくるかも!?

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]花咲ける青少年 2 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)CHANGE/One花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

人気のためなら美少女も殺す…のが漫画界の非情の掟。 その前提としてはキャラに人気が集中していなければ、同情もしてもらえません。 ...
随分と遅くなって今頃UP第7話 「誰が為の想い」例のごとくあらすじはこちらへ今回もゆっくり進んでますよね~重要どころなのかな??っと 思ってしまうのですけども。ルマティ暗殺計画はストリートキッズたちの活躍で阻止されることとなりました。でもさ・・・ まぁ ...
第7話 「誰が為の想い」 ノエイはルマティを殺す事が出来ず。 仲間の一人がルマティに銃を向けた時は、身を挺して庇い、自身は負傷。 一...
第7話「誰が為の想い」王位継承争いはルマティに辛い現実を突きつける。ドロドロ王位継承争いに従者・クインザが加わってますます複雑化する気配。
兄を助けて一緒に国を支えることが夢だったのに・・・!ルマティ、衝撃の事実!「誰が為の想い」あらすじは公式からです。兄・ソマンドの近衛士官を務めるノエイが、自分の命を狙っていた事にショックを受けるルマティ。だが、絶体絶命に陥ったルマティの命を、そのノエイ...
けっこう良いシーンもあったのですが、 今回は作画がねぇ…。 作画の良さでテンション全然違ってくるわ、この作品。 もう多少は眼をつぶろうと誓ったのだけど、 たまに良い時もあるから夢見ちゃうんだよー。{/face_naki/} 今回も例の所のUPが遅く、UPしても消されてたり ...
 ノエイが格好良すぎですね。ソマンドに命じられたことは決して話さない、全て自分が一人で計画して実行したこと。忠実な家臣ですね。それに対してクインザは何だかルマティを煽っているように見えるのですが・・・。
ノエイはルマティを殺せず、身を呈して彼を救った。 犯人たちは葉らに撃たれ死亡。 寅之介たちが駆けつけ事件は終息 した。   ...
「誰が為の想い」 あんまり心配させるな。 ルマティ暗殺の命を受けた、ルマティの兄・ソマンド付きの元近衛士官のノエイ。 実直真面目で...
第7話 誰が為の想い
ルマティを殺す事を躊躇うノエイ。
おやおや…?w(゚o゚)w
ルマティの暗殺者-----ノエイ。だが、王家に命を捧げたというノエイには、最後の最後でためらい、ルマティを殺すことが出来ない。忠誠が裏目にでたか彼も結局まっすぐな軍人だってことなんだよな。だが、別の男に当て身をくらわされ、眠らされたルマティに向け剣を振り下...
「あんまり、心配させるな」 みんなが見てる前で抱擁したのか立人! 立人@モリモリ素敵ボイスにズッキュ~ンではありましたが 予告で既に...