ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『花咲ける青少年』#12「ヒトリ」

2009.06.22 (Mon)
「このクインザの生涯の忠誠を殿下に」

ハリーの出生の秘密に気づき、一人もやもやした気持ちを抱える立人。
しかし、花鹿はそんなこととは露知らず、
部屋を追い出されたユージィンを屋敷においてくれという…嵐の予感w
「狼と羊を一緒にするバカがいるか!」
当然、猛反対した立人でしたが、花鹿のお願いコールにとうとう折れたww
本当に花鹿には甘いな~そんなところも良いのですが♪
一見すると大人な態度でやり取りをしているユージィンと立人でしたが
「この根暗の若年寄!」
「この社会的役立たずが!」
清い心の花鹿には見えない、腹黒やり取りをやってましたね(苦笑)
相変わらずだww

しかーし、ルマティの滞在は文句一つなくOK!
この辺はラギネイ王国の威光と、ルマティの性格のおかげでしょうが、
ルマティのカリスマ性を立人も認めているようですね♪
まぁ、それはルマティが3歳のころからずっとそばにいるクインザの方が
良く分かっているでしょうが、なにやら彼は影で動いている様子!

「このクインザをお疑いになりませんよう――すべてお任せを」
なにやら意味深な言葉を残して、国に帰ってしまいましたよ~。。。
あとはセズンが任されましたが、クインザがいないうちにルマティが花鹿にプロポーズ☆
「お前は俺を選ぶ。俺は生涯お前以外の妃は選ばん!」
クインザがいたら是が非でも止めさせたでしょうが…
まぁ、彼ならばその後でも取り消しさせかねない(ぁ

でも、二人目は俺だ!と自信満々に言うルマティは可愛かったです♪
どこからそんな自信が(笑)
大学にいく4年間だけが自由にすごせる時間。
あとはラギネイに人生を捧げるといっていたルマティでしたが、
4年間平和に暮らすだなんて、今のところ無理っぽくなってしまいましたね!

なんと国王が崩御したうえに、ルマティは反逆罪で国外追放になっていた!
立人はクインザがこうなることを知っていたのだと確信していましたね~。
いきなりソマンドとルマティが和解したことといい、裏を感じますw
それにしても、ユージィンがルマティに興味を持ったようですが、
早くのこのツーショットも見てみたい♪

しかし、次回は総集編+αですか(苦笑)
寅之助目線なようですが、どうなることかww

花咲ける青少年VOL.4 [DVD]花咲ける青少年 2 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)CHANGE/One花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
こんにちは。
またコメント残してくださって、ありがとうございます♪

> ここ、ウケました(^◇^)
ルマティの前ではあまり黒さを見せないクインザですが、
きっとこの場に居合わせたら、すごい修羅場になったでしょうね♪
見てみたかった気もします(笑)

アドレスご記入もありがとうございます♪
早速遊びに参りますね。
今後ともよろしくお願いします。
二人の陰険マンザイは笑えました。
幼稚園ならともかく同じベットは・・・
それは教えておくべきでしたね。
キャスリーンもマハティと同じベットで
この迂闊さは、祖母ゆずりですね。
>通りすがり様へ♪
こんばんは。
立人とユージィンのやり取りは相変わらず腹黒かったですね(苦笑)

> キャスリーンもマハティと同じベットで
> この迂闊さは、祖母ゆずりですね。
キャスリーン譲りでもあるし、羞恥心を知らなかったマハティ譲りでもありますね♪
育ちが違っても中身がそっくりな二人を見ていると、血のつながりを感じますね~
出来ることなら、二人には今後も羞恥心を知らないでいて欲しいです(苦笑)

コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

腐女子がBLにしか興味が無いと思うのは大偏見。 少女時代から美しいモノ可愛いモノに対する審美眼を研鑽し続けていればこそ、ラノベや同人...
今週も見るの苦労したの{/face_naki/} 毎度申し上げておりますが、初めて来られた方もいるかもしれないので 一応書いておくと、ウチはBS見れないもので某所頼りなのですよ毎回。 誰かがUPしてくれないと見れないわけです。 今回もねー中国系のところしかUPしてなくてさ…...
「ヒトリ」 クインザ、強引に巻き込みやがった……。 前回でマハティ編は終了。 フレドの言葉から、立人はハリーがマハティの息子、つま...
第12話 「ヒトリ」 寅之介、ノエイに花鹿のボディガード役を取られる! という訳では無く、寅之介がいない間の臨時だった様ですが、ど...
第12話「ヒトリ」日本での再会以来の二人。立人VSユージィンの対立は益々激しくなってます(笑)
ここまで話が進んでいるのに 今さら OPの5人並んでいる時の立人の肩幅が狭いのが気になる・・・ もう 何 言ってんだろうね。あらすじは いつものごとく NHK公式HPへあら 立人PCしてる。原作にはなかったよね。でも似合うよ♪おお~~ムスターファだ 小...
まだはっきりと分からないんだ・・・恋なのかどうかが。「ヒトリ」あらすじは公式からです。ハリーの出生の秘密に気づき始めた立人。そんな中、花鹿がアパートを追い出されたユージィンを連れてくる。彼を屋敷において欲しいとせがむ花鹿に立人は渋々了承する。そこへ突然...
 ルマティの姿が前回のマハティとダブりますね。本当によく似ている孫と祖父です。
リーレン・寅ちゃん・ノエイ・ユージィン・ルマティ・クインザっと  なぜかみんなが勢ぞろい!!  でもクインザはすぐ帰らなくちゃならな...
第12話 ヒトリ
ハリーがマハティの子供だと気付いた立人。
ポンポン☆ポンポン☆ポンポン☆ 花鹿にお願いされて折れる立人、あーまーいー(笑) 結局宿敵ユージィンを花鹿邸に止める許可をしてしま...
ラギネイとバーンズワースの繋がり---------。ハリーの出生の秘密に気づいた立人。では、そうなると、ルマティと花鹿はいとこ同志。その二人を何故引き合わせたのか?ハリーの目的が見えない立人。そこへ寅之助が所用で花鹿の元を離れていたのだが、帰ってくる。その間、...