ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『花咲ける青少年』#14「ぬくもり」

2009.07.13 (Mon)
「分かっているのか?ここはローゼンタールの前線基地だぞ」

ラギネイ側の人間に会えない花鹿に代わって、ユージィンがイズマルに接近を試みる。
そんな彼の身を案じて、アメリカ大使館へ赴こうとする花鹿だったが、
忘れ物と取りに戻り、エレベーターの中でカールと遭遇する。
ヘタレなカール降臨です!(マテ
閉所恐怖症なカールは、エレベーターの突然の故障に過呼吸っぽくなりそのまま気絶!

「今度こそ、僕は死ぬんだ…」
夢うつつの中で、水に沈んでいく自分を想像していたけれど
そこに光が現れてカールの手をとって引っ張り上げてくれたようなイメージが。
目覚めて、いつものような倦怠感がなかったものの手が震えるカールちゃんw
6歳という幼い頃に井戸に落ちてしまったことで、閉所恐怖症になったようですね…

「震えを止めなくてもいいじゃないか。
体に好きにさせてやりなよ。恥じることなんか何もない」

しかし、そこは花鹿の優しい言葉でフォロー♪
花鹿に癒されて、早速カールも花鹿の虜になりそうでしたが、
彼女の素性を知って、我に返っちゃいましたね~。
よりにもよって宿敵に弱みを知られちゃったというか、助けられてしまったと…
再会が楽しみだけど~今はそれより問題なのはユージィン!

なんなくパーティにもぐりこんだけれど、
ゴシップ記者のエディがいっていた通り、ここはローゼンタールの前線基地!
すでにユージィンがバーンズワース側だということは知られてしまっている様子。
案外それを教えてくれたエディはいい人なのかもしれませんね♪
それを似合わないタキシードを着た馴れ馴れしい男って…ユージィン厳しいなww

王位継承第3位のイズマルはあっさりユージィンの虜になったけれど、
この屋敷の本当の主人は王位継承第4位のナジェイラだという。
彼女の部屋につれてこられたユージィンだったけど、なんかバカ扱いされた(苦笑)
まぁ、恋したら誰しもバカになるんですよ(マテ
ちょっと風貌が花鹿に似ているナジェイラ。
目は全く花鹿とは違いそうですが、勝気なタイプなようで攻略は大変そう(マテ

「殿下にお会いしなければならない」
その上、こんな混乱した中にノエイは国に帰ってくるつもりのようですね;
ソマンドの背後で彼を操っているものがいると勘付いて忠言をしにいくようですが、
さすがの彼もそれがクインザだとは思っていないようですね(汗)
命を賭けるつもりだけれど、セズンに送り出してくれだなんて…
まるで恋人のお別れのシーンだよ(苦笑)
おかしいな~昔原作読んでた時はこんなこと思ったことなかったのにw

「ノエイ少尉、僕はあなたを敬愛しています。兄よりも、誰よりも」
このセリフもなんだか純粋な意味なんだろうけど、疑ってしまう!!
すっかりくされ目線で見ちゃってるな(ぁ
後の問題は、二人の会話を聴いて
ルマティがマレーシアからの密航ルートがあることを知っちゃった点ですね。
立人の出番もなく寂しかったけど、ルマティが無茶しそうで心配だ!

あと、インタビューの後半戦がありましたが、
ようやくルマティ@浪川さんのお話が!!
ルマティが子供からだんだん大人になっていく様子が良く伝わってきますよね~。
すごく泣いて、叫ぶシーンが今後あるようですが…そこが可愛いって(苦笑)
分からないでもないですが、きっとかんだ浪川さんもそこが可愛いってファンに思われてますよ(マテ
今後もいろんなところのラジオで噛んで欲しいものですw
浪川が噛む!!(@07-GHOST the world)

花咲ける青少年VOL.5 [DVD]花咲ける青少年 3 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)CHANGE/One花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
花咲 蕾さん、こんばんは。
そんなのっけから誉めたって何も出ませんよ(コラ!
先日、自分の文章力のなさに、もう一つのブログの方で愚痴ったばかりです(苦笑)
花咲さんには、私のいいたいことが伝わっているようでホッとしました♪

正直私も記事も、洩れはいっぱいあると思いますよ(汗)
いつもメモ取りながら見ているので、一緒に見ている姉からは文句いわれっぱなしです。
時おりセリフを聞き取るために巻き戻しするから;;

> ヘタレカール、降臨~(笑)
> でも、思ったよりヘタレ具合がキレイで(?)ますますカールびいきに磨きがかかった感じです!(笑)
ヘタれカールは思った以上に美人に描かれてましたね♪
さては、花咲さんと同じくスタッフにカールファンがいるのか!(マテ
だんだん絵にも慣れてきて、スタッフの愛情も感じ取れるようになってホッとして見れてます。

ようやく3人がそろって、これからが勝負ですね!楽しみです♪
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

今回はユージィンのここぞ!というシーンは作画も綺麗で、 声も素晴らしく、うっとりでしたわー。 あぁもぉ、小野さんのユージィン、素敵過ぎるぅぅぅ。 ゴロゴロゴロ…。 立人で転がれなかったのが残念ですが、その分ユージィンたっぷりめで、 それはそれで、幸せでござ
「「これからも花咲ける青少年を、   ヨロシクオネガイシマス。」」 クールにカッコ良く(怖く!?)締めたかと思われたゲストインタビ...
「ぬくもり」 カールとの出会い! 王位継承権第3位のイズマル王子をたらしこみに行ったユージィンを心配して、念のため、大使館に連絡を...
第14話「ぬくもり」まさかセズンとノエイにフラグが立つとは思わなかった(違)ラギネイ王位継承権4番目のナジェイラ。花鹿に似ています。
 ユージィンがイズマルを誑かすところが面白かったですね。平然とやっているように見えて実は彼もいっぱいいっぱいっぽいのがいいです。
花鹿とカールの出会い--------!! さぁ、ようやくこれで役者がそろいましたね(^^)夫候補3番目の男、カール・ローゼンタール。だが彼、どうやらバーンズワースとは敵対する企業らしい。そんな人物を何故ハリーは夫候補に選んだのか?ま、逆に考えれば、敵対企業...
第14話 ぬくもり
カールと花鹿の出会はホテルのエレベーターの中♪ ところが突然の故障で閉じ込められ 苦しみだすカール!! 気を失ったカレは水の中でも...
ユージィンを心配する花鹿は、アメリカ大使に知らせに行く事に。
今回は 立人お休みでしたね~~ちらりと姿は見られたけど~盗み見ってヤツ(笑)あらすじ等はこちら公式HPへさぁ、ムスターファは美しく着飾って 意気揚々とパーティに~今回はみなさん綺麗に描いてもらってるようで嬉しいです♪    花咲ける青少年・オリジナルサウ...