ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『花咲ける青少年』#15「月下の巫女」

2009.07.20 (Mon)
「花鹿に伝えてくれ、これで借りは返した、と」

イズマルのパーティに参加したユージィン。
その屋敷の本当の主・ナジェイラと対面することになったが、
彼女の気性はずいぶん荒いようで;
「この少女こそ、まるで獣じゃないか…」
思わずユージィンがこんなことを(苦笑)
ナジェイラはローゼンタールの者や、イズマルさえも犬だと言い、
花鹿に近寄る、飼い慣らされてない獣を見たかったというww
血なまぐさい話も好きなようで…
ちょっとユージィンが反抗したら凄い剣幕!!

どうも彼女は王位継承第4位であると同時に、司祭より上の位に立つ巫女ということになるらしい。
「悪い言霊を私に与える気か!」
だなんていってましたが…彼女がユージィンに語りかけてた言葉の方が
よっぽど毒々しかったような(汗)
王位に興味はないものの、今の状況を楽しんでいるようで…問題児だな(汗)

エディがカールにユージィンがナジェイラのところに連れて行かれたと
忠告したおかげで助かりましたが、エディってやっぱりいい奴♪
まぁ、その馴れ馴れしさがユージィンは気に食わないようですが(笑)
カールにはナジェイラの神通力が効かないので彼女はカールが嫌いということでしたが…
カールの弱点が知られるような展開があったら形勢逆転しそうでちょっと面白そうなんですけど;
しかし、これで貸し借りなしということで~カールってば律儀というかなんというか(苦笑)

一応、花鹿の方でもアメリカ大使館のジムに会いにいったりしたのですが、
花鹿に出来ることは、一晩待ってみることだけでしたね~。
しかし、おかげでバーンズワースとローゼンタールの確執が20年前にあったと判明!
立場が逆転したきっかけはなんだったのか、今後に期待ですね。
まぁ、石油のやり取りということで、やっぱりラギネイが関係しそうですが…。

「人の心って、難しいんだね。すごく切ないよ」
カールがバーンズワースト確執のあるローゼンタールの者だと知って、
ようやく彼の豹変振りが理解できた花鹿…寂しそうですね。
今回はこの言葉が一番しっくりしました(苦笑)
本当、人の心は難しいです~。

立人はルマティを鍛えたいと思っているようですが
「帰らなければ、なんとしても!」
ルマティはなんとしてでもラギネイに帰るつもりのようですね;
立人は花鹿と話すように地でルマティと話しているというのに、
ルマティは立人の気持ちをわかってくれないのね(涙)

カールはルマティが無茶して帰ってきてソマンドとドロドロの醜い争いをしているうちに、
颯爽とイズマルを登場させようとしているらしい。
「王室内紛のシナリオを書いているのは奴だ」
カールは、クインザの存在に気づいているのかな?
まぁ、次回は何はともあれルマティがするであろう無茶な行動がどう出るか、心配です;

花咲ける青少年VOL.5 [DVD]花咲ける青少年 3 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)CHANGE/One花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
花咲 蕾さん、こんにちは。
そう、三連休なのですよね~あまりお休みって感じがしないのですが;
私は夏休みだろうと、変わらずレビュー更新中です!
あまり誉めすぎるとジャスタウェイはテンション上がるからほどほどに(苦笑)

> ナジェイラ、ユージィンにビンタしてましたよね!?
ユージィンにビンタしてましたね(汗)
あの美しい顔になんてことをww
私は記憶があやふやになってるときは、無料動画サイトさんを覗いて確認してます(苦笑)
いや~録画したアニメは見てからすぐ消してしまうので、二度手間です…

> 何だかだんだんお話が入り組んできて、登場人物も増えてきて、自分自身がアタマが混乱しつつありますが、
今後はもっと話が入り組んで、複雑な展開になるのですよね~
気を引き締めなければww
でも、そんな展開が楽しみでもあります♪

リンクはもちろんOKですとも!
迷惑だなんてとんでもないです!
むしろ、私もリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?ドキドキ
そちらにもコメントしに参ります。
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

作画はハラハラですが、声合戦が毎週楽しみな「花咲ける青少年」 なのですが… なんかナジェイラが嫌過ぎて、今回けっこう萎えた。{/face_naki/} 作画もあんまり良くなかったから余計…ね。 お陰で、昨日見ることは見たんだけど感想がポンと出なくて… 今日もえらく時間
「月下の巫女」 人の心って難しいんだね。 ルマティが陥れられたことがきっかけで、ラギネイの政権争いに首を突っ込むことになった花鹿達...
第15話「月下の巫女」ナジェイラに呼び出されたユージィン。彼女は花鹿に興味があるようですが、私は声に興味を持った。ナジェイラの声は鈴木園子!?
---イズマルはいい犬だわ。従順な犬は好きよ。 王冠なんか欲しいやつにくれてやればいい 私は私を楽しませてくれるやつにつく!!---- 血...
お話が大きく動いてきましたね♪やっと半分くらいに辿りついた感じです。     【23%OFF!】花咲ける青少年Vol.1(DVD)【発売日お届け!2009年7月31日発売】            【23%OFF!】花咲ける青少年Vol.2(DVD)【発売日お届け!2009年8月28日発売】前回、花...
第15話 「月下の巫女」 ナジェイラとお付き合いするのって大変そうです。 すぐにヘソを曲げそうだし、曲げたら機嫌を直すまでが大変そ...
ラギネイの動乱----------!!国を巻き込んでのそれぞれの思惑が動き始めた今回。なかなか黒い話になってきたし、関係もより複雑に(><)振り落とされないよう、みなさんちゃんとついてきてね~!!って感じです。ナジェイラと対面したユージィン。どうやら彼女、花鹿の...
 ナジェイラがちょっと不気味ですね。花鹿と正反対な感じがします。
王位には、興味が無いらしいナジェイラ。
二つの出会いは花鹿に何をもたらす?ナジェイラとユージィン、そして花鹿とカール。先週は感想をお休みしましたので二話続けて。あらすじは公式からです。「ぬくもり」ソマンドの背後に不穏な影を感じたノエイは、マレーシアにある密航ルートを使って国に帰る事をセズンに...