ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『Phantom ~Requiem for the Phantom~』#23「決断」

2009.09.04 (Fri)
「教えてやるよ、あんたが大好きな玲二の秘密を――」
お前を殺し屋にしたくなかった、私もツヴァイも…

キャルが現れたことで、逃亡の算段をつけたアインたち。
ここでの生活もあと5日。
それまでの間、美緒を盾にインフェルノの行動を封じたつもりだったが、
キャルが一人行動に出る。
志賀を通じて手を出さないように言われてた美緒を攫っちゃいましたww
インフェルノに背いてまで、玲二に憎しみをぶつけたいようで;
「裏切り者も堅気に手を出す野郎も私は絶対に許さない!」
しかし、キャルのその行動を呼んでいたリズィが止めにきてくれたようで!姉御ww
ホッとしたものの、なんだか様子がおかしい;
なんだかクロウを思い出しているリズィ…

「目を覚ませキャル。ここを越えたらお前、堕ちる所まで堕ちるんだぜ」
キャルとパーティを組まされた時
「なぁ、あんたは逃げたりしないよな」
キャルがそういっていたことを覚えていたリズィ。
玲二がいなくなって、どれだけキャルが傷ついたか知っているのはリズィだけでしょう…。
クロウという今まで親密に付き合っていた人でさえ冷徹に殺したリズィでしたが、
クロウを殺したことがその手と心に重くのしかかっていたらしく、
彼女を殺した重い銃で、また殺したくない相手を殺すことが出来なかったようですね(汗)

リズィは最終回まで生き残って、最後にクロウの墓に報告すると思っていたのにww
ここでお亡くなりになってしまうとは;
美緒拉致を知った志賀がサイスの部屋に乗り込んだとき、
リズィの銃がテーブルの上にあったのが印象的でした…
あぁ…リズィは一番まともな人だったのに(ぁ

「こいつの扱いも玲二に習った。
あいつアメリカで何やってたと思う?殺し屋さ」

美緒を攫ったキャルは、あっさり玲二の素性をばらし、
梧桐大輔が殺されたもの玲二が殺したようなものだという…。
いや~そっちはクロウやサイスのせいだと思うけどね;

「そのうちあんたをめぐって血みどろの殺し合いがおっぱじまる。
そうなったら今の話を思い出しな。何もかも筋が通るから」

キャルは、美緒に自分と同じような絶望を見せたいのから?
信じていたものが自分に嘘をついてて、騙していたということを…(汗)

「覚えときな、あたしはいつもあんたを見てる。今度は逃げられないんだよ、今度は」
美緒を人質にとり、いきなり目の前から姿を消すのはなしだというキャル。
そのときは美緒を殺すと。
「私がドライを討って美緒を探し出す」
標的はすっかり玲二になっているので、自分が動くというアイン。

「感情を抑えて。それができない方が死ぬのよ」
うーん、もうキャルはすでに感情が押さえきれててないような(汗)
しかし、サイスがまた自分が作った兵士を送り込んでくるようですね~。
OPに出てくる仮面の人たちなら6人いるのか?面倒そうだな(ぁ
これもサイスの思惑通りなのか…
しかし、最近展開が読めすぎる!(汗)
リズィ退場は意外だったけれど、それ以外は予想通り過ぎて面白みに欠ける;(ぁ

Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-9 [DVD]戦慄の子供たちTransparentPhantom~Requiem for the Phantom~ オリジナルサウンドトラック Vol.2

コメント

なんか視聴者が「リズィは最後まで生き残る」って予想するのを予想しているような展開ですねー。まだ明確にクロウはお墓が出てしまいましたが、リズィはまだ明確に死んだという描写がないですが、この調子だと厳しいかもしれませんね…
ええ、私もキャルは美緒に「さあ、あんたもアタシと同じキャラになるんだよ」って言ってるように聞こえましたね。〝洗脳〟の途上の陰鬱な目つきのキャルをしつこく映したのは、美緒も同じような感じになったらどうなるかというのを視聴者に想像させる暗示だと思います。そうなったらなったで面白いと思わないでもありませんが、意外というか萌え系清純キャラとして芯が強いようで、なかなか折れません。「ちっ、アタシだって(作中の)2年前は視てる奴らに萌え萌え言わせてたのに」というキャルの声が聞こえてきそうです。そういう意味で面白すぎてどんどん妄想が膨らむ今回、変な意味面白すぎる(笑)大輔兄貴の死はおっしゃる通りサイスらのトバッチリですが、こーんな風にあらかじめ暗示をかけておくと、後で「思い出し」た時に手近な怨恨対象として「兄さんを返して!」というのもアニメではよくありますね。美緒さんはどうなるでしょうか
そのドS変態サイスの計画もついに最終局面に突入した模様ですね。てっきりドライが最終段階のパーフェクトソルジャーかと思ったら、前回のセリフ通りそんなわけはなくて、第2部の終わりの方で飼ってた連中のようですね
私もリズィが最後まで生きてるという予想を公言してたので、この展開はびっくりしましたが、おっしゃるように他の点は一般的な人間関係ドロドロ系のドラマの定石にのっとっていますね。もう意外性で見せるつもりはなくて、この際だから最後までお付き合いくださいという感じでしょう。しかし、ラストはいくつかのパターンが考えられるものの、最終的にどれに落ち着くのかは見えてないわけで、最終回までやっぱり見たいですね(笑)
それでは失礼します
>westernblackさまへ♪
westernblackさん、こんにちは。

とうとうこのアニメの良心の象徴だったリズィまでもが!
あえて生き延びるのを予想させておいて、わざと殺しちゃったんですかね(涙)
いっそクロウとともに逝かせてあげればよかったのに~と思わないでもない;
はっきり死んだ描写はまだないですが、サイスのもとにあったリズィの銃が意味深でした…

> 意外というか萌え系清純キャラとして芯が強いようで、なかなか折れません。
そうか~キャルがなかなか折れないのは、元の萌え系純情キャラが邪魔していたのか(苦笑)
明らかに玲二に対する思いが、意図的に悪意にすりかえられちゃってる感じですが
サイスがキャルに吹き込んだ情報が悪い方に広がっていっていて、
ますますサイスの思い通りになってる感じで、負の連鎖が~

> 後で「思い出し」た時に手近な怨恨対象として「兄さんを返して!」というのもアニメではよくありますね。美緒さんはどうなるでしょうか
予告の感じだと、キャルの言うことを信じなくて苛められてたような?
最近予告でネタバレしすぎるので困ります(汗)

> もう意外性で見せるつもりはなくて、この際だから最後までお付き合いくださいという感じでしょう。
ここまで定番で来られたら、最後は意外性も欲しいところですけどね;
まぁ、さすがに最後リズィやクロウが生きていたら、意外性を通り過ぎてガッカリしますが…
とりあえずは、サイスが次に送り込む兵士たちが雑魚でないことを祈りたいです(汗)
あと数話なので、あまり強いのも困るので難しいところですが(ぁ
なにはともあれ、サイスには死んで欲しいです(コラ
ついでにいうなら、意外な人に殺されて欲しいな(マテ

コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

怒りの矛先
今回はキャルがリズィを殺して美緒を捕らえておく話。 ファントムの暴走はとどまる所を知らず、美緒人質作戦も役に立たずとは。 そしてリズィが撃たれたのは悲しすぎる展開、生き延びてほしかったですけど流石に死んでますよねぇ。 キャルは武器を持ち出して姿が見え...
そして御使いは最後のラッパを吹き鳴らした… 神を気取る男の意思のままに・・・ という事でPhantom~Requiem for the Phantom~の感想、第23話分をお...
アインが守ろうとするもの。殺そうとするもの。 藤枝美緒の身柄を案じて、梧桐組・インフェルノ・レイジはキャルに振り回されてい...
決断のとき・・・といった感じ?2009年07月24日発売Phantom~RequiemforthePhantom~Mission-1早速感想。終わりは近い、そんな感じを与える今回。やっぱり避けられなかったリズィの死。彼女が消えるとき、物語はクライマックスを迎えるんだろうなぁ・・・と前から思ってい...
決断 リズィ姐さんが・・・(涙) 唯一の良心にて情に厚いリズィ姐さんがキャルに撃たれて逝ってしまいました。キャルを止めようとしたのに撃たれてしまい・・・むしろ撃つことができなかったリズィ。マフィアにいるには優しすぎた・・・。ここら...
強襲
今の生活を捨ててインフェルノから逃げるため美緒をダシにして梧桐組に圧力を かける江漣と玲二。 その目論見は成功したかに見えたがキャル...
Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-3 [DVD]クチコミを見る リズィの乱入で興が冷めたのか、キャルは素直に退いた。 2年ぶりの再会…しかし、玲二とリズィは互いに懐かしさにひたることはない。 リズィは玲二にキャルを抑え切れなくなるのは時間の問題だと忠告し、...
教えてやるよ…玲ニの秘密を――。 キャルは美緒を拉致して、玲二の逃亡を押さえようとする。 リズィはキャルの暴走を阻止しようとするが…...
表面上は穏やかな日常。当たり前の景色。変わらない日々だったはず--------。だが船の出港。ここでの生活は後5日。何も残さず立つ鳥跡を濁さず煙のように消えられたら・・・それだけを願う玲二。だが賽は投げられた。大量に消えた武器とキャルの姿。リズィはそれを心配し...
 キャルは何を求めているのかよくわかりませんね。玲二に復讐したいのか、そうではないのか。単に玲二の目を自分に向けさせたがっているだけに見えます。
「友人の誘拐」
美緒とのデートの場所までにも姿を見せたキャル、一旦は退いたものの、レイジ達は 姿を消す準備を始めていた。逃げようとするレイジとエレンを執拗に追うキャル 彼女の暴走は止まらない! 続きのレビューとキャプ画像などは続きからどうぞ
キャル、大暴走!! …ここまで憎まれキャラに描くとは思わなかったなあ_| ̄|○ 前回の予告で美緒がバイクに乗せられてたんだけど、まさかキャルだったとは。 そして止めに入ったあの人を… リズィ姐さんまさかの退場?(゚Д゚) 懐中時計のメロディが鳴り出し
第23話『決断』『跡を濁したくない。何も残さず煙のように消える事が出来ればそれで…』と呟く玲二には、失笑した…。 想われてると分かってる相手に『埋め合わせに次の映画』の約束までするアンタが、どの面下げてそんな事を……後を濁したくないなら、利用の為とはい...
あと5日。 玲二は煙のように消えることができるのでしょうか! どー考えても無理(ノД`) 美緒ちゃんを盾にインフェルノの動きを封じたレ...
 Phantom  ~Requiem for the Phantom~  -キャスト-  アイン:高垣彩陽  ツヴァイ:入野自由  キャル:沢城みゆき  クロウディア・...
一線の先へ。
  第23話「決断」リズィの乱入で興が冷めたのか、キャルは素直に退いた。リズィは玲二にキャルを抑え切れなくなるのは時間の問題だと忠告し、クロウディアの分まで今を生きろと言い残し去って行く。逃亡までの時間を稼ぐための切り札として、玲二は、彼に想いを寄せる...
Phantom~RequiemforthePhantom~の第23話を見ました。KOKIA/KARMA第23話 決断リズィのお陰で一旦は退いたものの、後日再び玲二の前に姿を見せるキャル。玲二はキャルに自分が報いを受けるのはしかたないが、エレンだけは見逃してほしいと懇願する。自分を捨てた男が、そ...
もう、後戻り出来ない一線を越えちゃったのかな
夜が明ける、さあ始めようじゃないか 囚われのお姫様の美緒、暴走するキャルは美緒を誘拐して、怜二との殺し合いを望みます その少し前、 ...