ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『Phantom ~Requiem for the Phantom~』#26「江漣」(最終回)

2009.09.25 (Fri)
「私はあなたを殺しにきました、マスター」

「俺は、殺す…生きるために、殺す」
まるで一話のときと同じような決意を固めた玲二。
エレンと合流して、最後の戦いに挑む。
「こういう歪んだセンスの持ち主は、一人しかいないわ」
襲ってきた敵を見て「この子たちは」と、緩い言葉でいう玲二は緊張感に欠けるww
どう考えたって、エレンの言うとおりサイスしかいないでしょう!!
でも、エレンもあえて名前を言わないところが(苦笑)

玲二が囮となって、サイスを良く知るエレンがサイスを捜索にでたけれど
意外と玲二は手こずっている;
やはり生ぬるい世界に慣れきっちゃってたのかな~。
一方、エレンは一時は劣勢に見えたけれど、
わざとサイスのほうにナイフを投げ、サイスの兵たちをあっという間に退治。
サイスの教育法が分かっているからこその戦いっぷりでしたね。

しかし、サイスのほうもアインを分かっているものだから、
わざと降参して、自分が死なない道を選ぶサイス。
「これでも私が殺せるかね、アイン」
ツヴァイと違って命令がなければ、心の弱いアインは罪悪感や恐怖に負けてしまうという。
余裕たっぷりなサイスでしたが、
サイスの知っているアインはもうここにはいない!今ここにいるのはエレン!!

「私はあなたを殺します。あなたが憎いから。
そしてあの人を傷つけたあなたを私は許さない!」

涙を浮かべながらも、エレンは引き金を引きサイスを射殺!!
サイスの幕引きは、自分が育てたものに殺されるというあっけないものでした(汗)
まぁ、それだけエレンが強い心をもてたということでもあるのでしょう。

「アインなんて呼ばないで。私はエレン。そう望まれ、そう生きる」
エレンとして生きるため、サイス亡き後は
サイスの経歴を追いながら、エレンの故郷を探すことに。
モンゴルの空を見て、おそらくここが故郷なのだろうということで捜索の旅は終わり。

後はこれから生きていこうというときに、玲二が後ろから撃たれたww
あの至近距離じゃ、外さないでしょう(汗)
「君を笑わせる。本当の笑顔を取り戻す」
これからエレンに笑顔を取り戻そうという時だったのに~!!
けれど、玲二のほうを振り返ったエレンには笑顔が…
もう演技する必要ないから、あれは心からの笑顔だったのでしょう…

「あなたと過ごした記憶がある。それだけで十分私は生きていける」
心の中でエレンはそういっていたから、きっと玲二がいなくても生きていけるでしょうが;
てっきり、アインのほうが死ぬとばかり思っていたのでちょっと予想外ww
玲二はなんだかんだいって、罪悪感を抱えながら生きるものと!!
もしくは二人一緒に死んでほしかった気もする(ぁ

さて、これでとうとう最終回を迎えてしまったのですが、
最終回の戦闘はちょっと物足りなかったような~(汗)
ラスボス(サイス)が戦闘要員でないので、
せめて周りの兵は強いのを用意しててほしかったですね。
でも、精神面での戦いは面白かったと思います。

あとの難点は、1クール目と2クール目の落差が激しいことでしょうか;
1クール目は重苦しい空気と緊迫感の中で、目まぐるしい戦闘があったのに
2クール目に入ってからは殺し屋とは思えない空気(汗)
玲二が空気だったからな(苦笑)
後半では、微妙な戦闘しかなかった気がする…頭脳戦というかね…
たまにはアクションが欲しかったw

制作に携わったスタッフ&キャストの皆さんお疲れ様でした~。
ニトロプラスさんには今後もアニメ分野頑張ってほしいですw
2クールお付き合いくださった皆様もありがとうございました。
また来期のアニメでもよろしくお願いいたします。

Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-10 [DVD]Phantom ~Requiem for the Phantom~ Blu-ray BOX戦慄の子供たちTransparent

コメント

やっぱり、ハッピー・エンドでしょう?
HINAKAです。

ジャスタウェイ様

今の日本のTVアニメで、「正義でも、人助や自己防衛でもなく、金や命令のままに人殺しをする主人公が、無事に生き延びる物語を、子供に見せる事はけしからん」という、風潮のようです。
例外の「ゴルゴ13」は、その伝統と本来が〈大人向き(だったら18禁だろう~!)〉で、OKのようです。最近は映画でも、厳しいみたいですから……いつから日本は、共産主義国家になった?えッ、前から!?それは失礼!

うーん個人的には、モンゴル人とパオ(テント式移動住居)生活でもしながら、成長した子供達と暮らす二人の笑顔で、最後を終えて欲しかったのですが……。
何しろ、あの大草原は狙撃暗殺には、まったく向いていませんから、二人にとって最も安全では無いかと。それにモンゴル人は、狩猟騎馬民族ですから、何でも強い人には女性でも(本来は男尊女卑)敬意を払いますし、一度世界帝国を気付いたほどですから、受け入れたなら人種や民族の違いは、余り気にしない(エレンは、モンゴル人にしては肌が白く、西洋系のスタイルですが、白人の血が混じっていても、不思議ではないお国・民族柄です)ので、素性を隠して永住したい二人には、ピッタリの場所だと思うのですが……残念です!

うん、あれ?空薬莢は1つで、銃声も1回……それじゃ、エレンは?
なるほど、二人とも死んだフリかッ!

という訳で、今回は以上です。

>HINAKAさまへ♪
HINAKAさん、おはようございます。

> 今の日本のTVアニメで、「正義でも、人助や自己防衛でもなく、金や命令のままに人殺しをする主人公が、無事に生き延びる物語を、子供に見せる事はけしからん」という、風潮のようです。
まぁ、けしからんかもしれませんが深夜枠のアニメですし、
それは親と子供の判断で良いと思いますけどね(汗)
同じくガンアクションモノの「CANAAN」では主人公とか生き残りましたし、
血しぶきとか残虐シーンは確かに子供に見せるべきではないと思いますが、
殺人者である主人公をどう描くかは制作側&脚本家次第だと思います。

> うーん個人的には、モンゴル人とパオ(テント式移動住居)生活でもしながら、成長した子供達と暮らす二人の笑顔で、最後を終えて欲しかったのですが……。
>素性を隠して永住したい二人には、ピッタリの場所だと思うのですが……残念です!
どうも原作では、玲二と江蓮が撃たれるシーンはなかったそうなんですよね(汗)
なぜわざわざ変えてきたのかは分かりませんが、
視聴者の期待(予測)を裏切ってやろうとのスタッフの陰謀か!!(マテ

> うん、あれ?空薬莢は1つで、銃声も1回……それじゃ、エレンは?
> なるほど、二人とも死んだフリかッ!
玲二は明らかに油断して撃たれた感がしました…
死んだフリというよりは、二人とも本当に死んでそうで怖い(汗)
私にはどうしてもハッピーエンドとは思えない最終回でした…
鬱エンドという感じで、ちょっとブルー入っちゃってます(涙)

コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
Gさん、こんばんは。
うぅ…ファントムのコメもコピーだったのですか…(汗)
確かに毎度、長文だったんですよね~(遠い目
真面目のコメント返さないほうがいいんですかね~。
難しいところです。

コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

ねぇこの番組、この最終回でもいいんじゃね? 何度か見直してそう思いました。 という事でPhantom~Requiem for the Phantom~最終回の感想をお送り...
生きる意味・生きた証を手に入れても続く永遠の螺旋
最終回。《送料無料》七瀬光(音楽)/TVアニメPhantom~RequiemforthePhantom~オリジナルサウンドトラックVol.2(CD)早速サイスが変態プレイ大爆発。ってかその面ではワイン飲みづらいのでは??エレンとサイスのご対面。なんか完全サイスがRPGでのラスボス状態だな。...
なんというBADEND!! ラスト1分前までは最高によかったのに。 なんなんだ、なんなんだ、これは(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル ま...
 良作が ラスト二分で 黒歴史 OVAと あんま変らん  士月 心の狂歌  最終決戦ということで瞳の色は変るわオサレエフェクトは頻出する...
背筋を正して最終回に臨んだ作品は久しぶりな気がします。 そしてこんなに色々考えたり思わされた作品も久しぶりだったかもしれない。 様...
こんな終わり方ぁ~??? これでいいの??? まぁ、未来があるとは思えない二人の、現実に訪れる未来って…こんなもんかも?とも思えな...
アインからの解脱。レイジの欠落。 げ‐だつ【解脱】 仏教においては、誤った執着心から起こる業の繋縛を開放し、 迷い...
ファントムもいよいよ最終回。 有無を言わせずの銃撃戦でスタート。 サイス切り札の量産型ファントムでしたが、 レイジはてこずったもののエレンはファントム無双。 圧倒的強さで難なく粉砕。 自分を撃てないというサイスにも鉛弾をぶち込み、 予想外というか…あ...
ファントム最終回 俺は殺す。生きるために殺す 生きる決意を新たにする怜二。その最後の相手はサイス。 正直サイス&ツァーレンシュヴェス...
願いの終わり
4月からスタートのアニメで世界観や雰囲気で楽しんできた作品も今週で最終回。視聴者の満足の行くラストは迎えられるのだろうか。 二人にとって最後の戦い。 二対一という状況でも圧倒的な強さで勝利した江漣 勝
キャルは悲しくも玲二の腕の中で息を引き取った。残る玲二と江漣を襲うサイスの 最終兵器達との戦いに突入のアニメ「Phantom -Requiem for the Phantom-...
オレは殺す…生きるために、殺す――。 襲いかかる量産型ファントム相手に、玲二とエレン最後の戦い。 ファントム同士の戦いにご満悦のサ...
昨日はやっと医者に髪を洗ってもいいと許可が下りました。 一週間ぶり~! 傷が深いのでヘアーサロンにお願いしました。 天国でした!! サイスもこんな気持ちだったのか?(笑) 最後に黒田節炸裂でがっくりの最終回(^_^;)
 衝撃のラストでした。その後どうなったのか気になりますね。
クリックで別ウインドウ原寸大表示 1152×652 ついにサイスによって切って落とされた、ラストステージの幕。初代ファントムの エレン、2代目、最強ファントムのレイジ、そして、彼等をプロトタイプとして 創られたサイスの新たなる暗殺集団、Zahlen Schwester・・最後
ついにサイスの変態も見納め! サイスのせいで悲壮感も何もない最終決戦がはじまりました。 サイスはいちいち言動が面白すぎです。 仮面が...
第26話「江漣」ここに至るまでに、あまりにも多くの血、多くの命が失われ過ぎたもんね……こんな風に最後にハッピーエンドになりえないのは、当然の帰結かもしれない。。。先週のコメ返の中でも、せめて江漣にはいい結末が待っていて欲しい…ただ、江漣や玲二が…多くの屍...
初めてのブログを書くきっかけとなったファントムですが、 最後の最後で「なんじゃこりゃ~~~!」 な感じで凄くきついですね、 ...
Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-4 [DVD]クチコミを見る いよいよ最後の舞台・・・。玲二とエレンに遅いかかるサイスの人形達。果たして二人はサイスの呪縛から逃れることが出来るのか・・・。 *今週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では、「Ph...
「彼女の笑う笑顔・・・」
辿り着いた結末。
  第26話「江漣」玲二と江漣の行きついた先には・・・サイスの兵士が攻めてきて・・・玲二はエレンとともに戦うことに「これが、最後の戦いよ!」囮になる玲二。エレンはサイスのところへ「私は、あなたの舞台では踊らない!」「私は、あなたを殺しにきました。マスタ...
 Phantom  ~Requiem for the Phantom~  -キャスト-  アイン:高垣彩陽  ツヴァイ:入野自由  キャル:沢城みゆき  クロウディア・...
なんという終わり方を・・・
Phantom~RequiemforthePhantom~の最終話を見ました。第26話 江漣「俺は殺す、生きるために殺す」サイスが作り出した兵士達が攻めてきて、キャルが息を引き取る瞬間を見届けた玲二はエレンと共に戦う。「エレン」「行くわよ」二人で協力しながら兵士達を倒していく玲二...
「俺は殺す・・・!!生きるために-------------殺す!!」最後の決着が気になっていた作品のひとつであるこのファントム。うまい構成と引き込まれる話に毎回色々思わされましたもんね。エレンと玲二の最後の決着を見守ろう!! 玲二は感情を捨て、サイスの人形たち...
変態仮面復活 Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-3 [DVD](2009/09/25)高垣彩陽入野自由商品詳細を見る Phantom~Requiem for the Phantom~ #26 江漣