ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『戦う司書 The Book of Bantorra』#20「弔鐘と本と死にたがりの少年」

2010.02.14 (Sun)
「実はこの世界は私のものなんです」

エンリケと訓練をするノロティだったが、相変わらず殺気がない。
向かってくる敵を叩きのめすだけで、殺す気のないノロティを危ぶむエンリケだったが、
ノロティは昇進試験を兼ねた任務に一人乗り出してしまった…。
「ノロティ様がなそうとし、敵わなかった最後。
それをかなえることはあなた様にはできるのでございます」

そして…任務に行って死んでしまったらしい!?
ビックリ展開ですww
ミレポが弔鐘が鳴ったとき「もう失いたくない、誰も」
と言ってたのはヴォルケンのことがあったからだと思っていたのですが、
あれはノロティのための鐘だったんのか!(汗)

エンリケはラスコールからノロティの本を受取り、
その過去を見ているようですね~。
しかし、細菌テロを目論んでいたアーキットという少年を保護し、
一緒に行動してることしかまだ分かってないなぁ~。
ま、その少年をたきつけたのがカチュア…楽園管理者だったことには驚きましたが(汗)

ただ、アーキットを狙っている人物がいるのが気になりますねぇ~。
ノロティと同じころに行方知れずとなり、亡くなった武装司書が怪しそうですが…
「死ねよ。それで俺の気は晴れる。それなら自殺もしない。だから死ね」
ただ、武装司書が死んだら気が晴れるというアーキットのために死んだとは思いたくないけど~
ほんの少しの可能性が残っているだけに怖いww
ま、背後から刺されたようだから可能性はないかもしれないけれど~
一体どんな最後を;

「武装司書を殺す。一人でも武装司書を道連れにできれば本望だ」
アーキットは武装司書に対する憎悪が強そうですが、
ちょっぴりノロティに翻弄しつつありそうですね(苦笑)
彼が殺したとは思えないんだけどなぁ~。
しかし、ノロティの記憶を見終わったらエンリケはどうするんだろう…
ノロティの最後の願いって、きっと恨みとかじゃなくいい方向の願いなんだろうなぁ~。

一方、ヴォルケン死後、バントーラ図書館はてんてこ舞いな様子(汗)
肉が開放されて反乱しだしたと思ったら、図書館に保護を求めるものまで。
おまけに、世界最大の国イスモ共和国がバントーラ図書館にに宣戦布告してきた!?
「まるでイスモの全国民が教団に入信したみたいじゃない」
神溺教団が絡んでると思われるけど、一体どうやって?
って、流れ的に言うとアーキットが楽園管理者から渡されたという細菌が怪しい、とか?

「楽園管理者が天国のことばらした?」
「武装司書は裏で教団と組んでいた」

誰かがこれらのことをばらしたのではと危惧するハミュッツですが、
後者のほうが可能性があるのか?
ミンスがそれに関わる情報を入手したようですが、無事持ち帰れますかね;

「いまや全世界があたしたちバントーラ図書館の敵に回っちゃったんだしさ」
対処法が分からぬまま、ちまちまあしらっていたら、
いつの間にかイスモだけでなく、世界各国がバントーラ図書館に宣戦布告をww
武装司書を即時帰還させ、戦争に備えることに!
全面戦争になっちゃうんですかね(汗)

ノロティは楽園管理者を追い詰めたようですが、
ハミュッツは楽園管理者を追い詰めることができるのか…見ものです!

戦う司書 The Book of Bantorra 第8巻 [Blu-ray]「星彩のRipieno」(TVアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』新OP主題歌)Dominant space::TVアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』新ED主題歌戦う司書と荒縄の姫君 BOOK6 (スーパーダッシュ文庫)

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

 ノロティが“本”になってた~~~っ!!(泣)  “楽園管理者”の反乱(?)により、バントーラ図書館が全世界の敵になってしまいました!!(汗) 各国から宣戦布告を受けるバントーラ。ハミュッツはどう対応するのか? 当然、応戦でしょう?  ラスコールはノ...
エンリケと鍛錬を続けるノロティ 強くなったと褒めるものの、相変わらず人を殺さない信念は変わってないんですね 何度自分の命を狙う敵が現...
戦う司書 The Book of Bantorra 第1巻 [Blu-ray](2010/02/26)沢城みゆき朴叙ミ美商品詳細を見る ヴォルケンに引き続きノロティまでもが死亡した模様。エンリ...
テレビ版の 『戦う司書 The Book of Bantorra』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) とあ...
 ノロティ回です。いつも明るい彼女に待ち受けている運命は…。
戦う司書 The Book of Bantorra 第20話 「弔鐘と本と死にたがりの少年」 評価: ── あの心優しいだけの少女が、最も私を追い詰めたのだ ...
「弔鐘と本と死にたがりの少年」 何故 過去の記憶にノロティなのか不思議でw って、ノロティ死んでたのねΣ(゚д゚;) いつの間にぃ? しかも本はエンリケが持ってたよね!! 彼がノロティの死を見取ったのか…? ノロティの成し遂げれなかった事をやったらどう
第20話「弔鐘と本と死にたがりの少年」
今回は久しぶりに、死にたがりな人と縁があるノロティのエピソード。アバンの「世界は私の物」発言。そして吹きそよぐ風・・・・・・この流れがちょっと面白かった。電波発言でドン引きしちゃったのエンリケさん? てな感じでw