ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『四畳半神話大系』#6「英会話サークル「ジョイングリッシュ」」

2010.05.28 (Fri)
「いつかは一人に決めなければならない」
ジョニーの声が檜山さんだった(爆)

今回(?)はリスクを避けるため、3つのサークルに入ることにした「私」。
身につけておいて損はないと、1つは英会話サークルを選択。
そこで羽貫さんという美人と茶飲み友達となったが、
彼女も小津の知り合いなのらしい。
小津はこのサークルに入っていないようだけれど、
各サークルの裏で色々暗躍しているらしい。
今回は「印刷所」という、金を取って生徒に代わって
レポートを書いてくれるところに所属していた様子。
「私」ももちろんそこにお世話になったようで、
なおさら小津とは切っても切れぬ仲に(苦笑)

「小津君の恋の話聞いてないの?」
そんな小津にも恋の話があるようですが、今回はその話はナシか?
セクハラ医師に毎日誘いを受けるという羽貫さんは、
付き合ってるような付き合ってないような微妙な人がいるようですが、
あのジェスチャーと闇鍋…どうも相手は樋口師匠のようですね!(苦笑)
あんなナスのどこがいいんだ!!(ぁ

しかし、キモくても毎日誘ってくれる人のほうがいいかもとちょっと揺れてるようで~
そんな時、何かあったらしく羽貫さんに元気がなくなったww
親しい人としか飲まないと言っていたのに、飲みに誘われたけれど、
この日は、家に同居してた香織さんが帰る日であり、
2年間文通していた樋口景子さんから会おうといわれていた日であったため、
迷った「私」は断っちゃいましたよww
もう~見知らぬ景子さんを天秤にかけるのは分かるけど、
結構香織さんも重視していたのにビックリだよww

占い師にアドバイスを求めたかったけど…
ほぼ6千円要求されただけと言っても過言ではない(笑)
結局、羽貫さんが心配で探しにいって、なぜか城ヶ崎と飲み比べ☆
その後は、酔った羽貫さんを家に送り届けたけれど、
長年虐げられていた「私」のジョニーが勢いづいちゃって(爆)
しっかし、冒頭にも書いたけどまさか檜山さんの声になるとは!
初っ端から笑ってしまいましたよww

羽貫さんからは、口の中をいじられたり、顔をなめられたり…
それでも理性を持ち続けた「私」はトイレに避難!
「今こそ好機じゃねーか、開けろ!!」
ジョニーはもう抗議したけれど、理性だけでなく、
「私」の男としての意地もあって事はなりませんでした(ぁ

しかし、結局モテ期到来かと思われたのは単なる勘違いで…
羽貫さんは人の顔をなめるのは単に癖なんでそうで、
帰ってみたら香織さんはすでに回収済みで、景子さんとの約束もおじゃん…
家に帰ってジョニーをおさめるべく、んん~な本を読むのみ…
なんて寂しい人生ww

「だぁー、しかし!もう一度人生やり直せといわれれば、
やり直すことはいさもやぶさかではない!!せめて数時間前からでも!」

これで良かったと思いつつも、やはり後悔はあるようで(苦笑)
次回は似たような設定で、別のサークルメインに描くんですかね。
ということは、そのうち文通相手について詳しいこと出てくるかも☆ニヤリ

しかし…今回「もちぐま」は部屋の電灯の紐にぶら下がってるだけで、
明石さんも出てこず…なんだか物足りない気がするww

四畳半神話大系 第3巻(初回限定生産版)[Blu-ray]四畳半神話大系公式読本迷子犬と雨のビート神様のいうとおり四畳半神話大系 (角川文庫)

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

酒に酔わされるは一生の不覚
第6話 「英会話サークル「ジョイングリッシュ」」 ジョニーの叫びがすごかった(笑) 今までと違った意味で、時間が戻る事を願った今回...
四畳半神話大系第六話の感想です。四畳半神話大系は妙な安心感があります(´∀`*)
あぁジョニーか。 そういえばいたねぇ。 檜山修之がイイ感じ。 今回は何だか切なさすら感じる回で。 格好良かったぞ、私。 次回とその次は残りの2分岐をするんだろうねぇ。 香織さんはともかく、樋口さんは名前からしてアレですが・・・。 羽貫さんとは是非ともお友達...
Akashi-san is beautiful black hair maiden. 四畳半神話大系 (角川文庫)(2008/03/25)森見 登美彦商品詳細を見る四畳半神話大系 #06 英会話サークル「ジョイング...
『入学した時に数あるサークルの中から1つを選ぶリスクを回避し、3つのサークルを選んだ「私」。そのうちの1つ、インカレ英会話サークル...
檜山さん、いい仕事してんなw