ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『黒執事II』OVA「ファントムハイヴ家へようこそ」(DVD第3巻)

2010.11.28 (Sun)
黒執事 II 3 【完全生産限定版】 [DVD]黒執事 II 3 【完全生産限定版】 [DVD]

アニプレックス 2010-11-24
売り上げランキング : 300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ファントムハイヴ家へようこそ」

『黒執事II』DVD第3巻に収録されている
OVA「ファントムハイヴ家へようこそ」を見ました。


エリザベスが舞踏会で知り合った女性をシエルに紹介したくて、
ファントムハイヴ家につれてやってきた!
今回はその女性「お嬢様」の視点で、シミュレーションゲームのように物語が進みます☆
セバスチャンが屋敷の案内をしてくれるよ!!
あぁ、見たばっかりでテンション高いです;
スミマセン(苦笑)

「お嬢さま」の声もでないし、本当アンジェリークのようでねぇ~
本当、いっそゲーム作ってくれないかしら(苦笑)

以下、ネタバレ感想です。
セバスチャンが屋敷を案内してくれたり、顔を近づけて話しかけてくれたり、
本当にシミュレーションゲームのようでしたよ!!
手を差し伸べてくれたり、炎から守ってくれたり、いいなぁ(苦笑)

しかし、このお嬢さま、「ニセお嬢さま」だったようで、
どこぞのファミリーが復讐のために雇った殺し屋だった様子;
ただ、そうと知ってかしらずか、いつも通りお客として対応するセバスチャン;

彼女がなれないお茶会で紅茶をこぼした際にも、
「あのティーカップはお嬢さまの手には少々重たかったかもしれませんね。
配慮が足りず、申し訳ありませんでした」

高いティーカップの心配ではなく、「お嬢さま」の心配をww
ティーカップが重たいって、どんなお嬢さまだよ(苦笑)

しかも、ドレスを汚しちゃったから、
着替えるためにセバスチャン自身が目隠しして着替えさせてくれたよ!!
なんかよけいエロス!
さすがセバスチャンですわね☆グッジョブですわww

しかし、この「お嬢さま」はセバスチャンを殺し、シエルを誘拐するために来てるわけなので~
真っ先にそれを邪魔しくさったのは、ドルイット…もといマスクド子爵!!
なにやら、エリザベスと彼女が知り合った舞踏会にドルイットもきていたらしく、
彼女に一目ぼれしてしまったらしい;
まぁ、ソーマも思わず求婚しそうな勢いだったしな!
相当美人な設定なんだろう(ぁ

どうやらアバーラインが捜査していた、舞踏会で女性の行方不明が多発していた事件、
犯人はドルイット子爵だったもよう…
危ない奴だとは思っていたが、ここまでいっちゃったのかよww
けど、どうやったのか船で愛の逃避行に行こうとしていた彼の元に、セバスチャンが到着!
邪魔されるくらいならいっそともに死のうとすらしていたけど、

「逝っちゃダメDEATH☆
その女は明日死ぬ予定なのだから、まだ殺しちゃダメダメよ~」

そこにグレル登場!!
セバスチャンとの再会を喜ぶグレルがいいわ☆
でもお嬢さは明日死ぬ予定?セバスチャンに殺されちゃうのか;

しかし、そこからも抜け出しタイタニックさながら、
高いところにのぼって、(一方的な二人の)愛に浸るドルイット子爵;
でも、セバスチャンとグレルのタッグにかなうわけないですよねぇ~
グレルが柱を壊し、落下する「お嬢さま」をセバスチャンが無事お姫さま抱っこで救出☆
子爵は海へ~って、言ってもまた登場したりするんだろうな、この人…
仕事を手伝ったとして、御姫さま抱っこをおねだりするグレルがいいわ~
って、出血もお約束ですが(苦笑)

お嬢さまの死を回避し、仕事を全うしたグレルでしたが、
ウィルが現れ、また油を売って~といわれてしまって、油に反応!?
「あぁん!セバスチャンと油まみれでヌルヌルんとぐんぞほぐれつってのもス・テ・キ☆
って、ちゃんと働いてるじゃないのよ!!」

妄想しつつ、冷静になってつっこみいれるグレルでしたが、
今度はウィルにも刺されてまた出血!(汗)
どうやら、スペルが微妙に違ってたようで人違いしてたようですね;

「やだ私、勘違いしちゃってたキャピルン♪」
キャピルン!?もうグレルのセリフはどこをどうツッコんだものやら!(爆)
バイバイどんぶらこもビックリだよww

しかし、まぁ、これでようやくファントムハイヴに帰りつけた「お嬢さま」。
ただ、肝心のお仕事の方はやはりセバスチャンに嗅ぎつけられてたようで~
って、電話を盗聴されてたようで、もう序盤からバレバレだったもよう;
屋敷を案内したのも、周りに悟られることなく片付けるため、
彼女からシエルのもとを訪れるようにとの考えだったようですね…抜け目ないww

しかし、実は彼女のためにサプライズパーティを用意していたようで、
彼女はこの場でセバスチャンに殺されることなく、パーティー会場へ!!
エリザベスはすっかりこの「お嬢さま」のことを信じきっているようで、
彼女が言った誕生日を真に受けて、シエルたちとこの場を考えていたらしく~
それでは、セバスチャンもむげにはできませんな;
エリザベスのお願いにより、歌まで歌っれくれましたよ☆

おまけにさっきまで殺しそうな勢いだったのに、パーティを楽しんでもらうためだと、
手首を傷めた彼女に、ケーキを切り分けて口に運んでくれるなんて!!
おまけにダンスも一緒に踊ってくれましたよww
手ほどきが名目っぽかったけど~
なぜかいつもダンスを教えてくれる時は、眼鏡かけて、耳片方に髪をかけるんですよね☆
その仕草&姿がまた素敵ですわ!!
まぁ、踊りながら掃いてたのは黒かったけど(苦笑)

「今度また坊ちゃんを狙おうとしたら、私が容赦なく殺しますよ。
ですが、お客様としていらっしゃった際には、存分におもてなしさせていただきます。
分かりましたか?分かりましたら鳴いてください、犬のようにワンとね」

ワン!!
二人だけの秘密の約束というフレーズも良かったけど、
犬のように返事しろというのが、またドSだな(苦笑)

しかし、エリザベスに気に入られ、
おまけにシエルにはシエルの亡き母のドレスを送られ~
とうとう「お嬢さま」はナイフを捨てて、仕事を放棄しちゃったようですね;
まぁ、無理もない。
彼女が再びファントムハイヴを訪れる日は来るのか…
まぁ、なんというか、私もぜひおもてなしされてみたいですが(苦笑)
下心がある際は、あくまで執事なセバスチャンがいることを忘れないようにしなければ!(エッ

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック