ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『閃光のナイトレイド』#14「雪上の豹」(TV未放送)

2011.01.06 (Thu)
「戻ってからずっと探していた。自分の進むべき道を───」

閃光のナイトレイド 7 [Blu-ray]閃光のナイトレイド 7 [Blu-ray]
佐々木啓悟

アニプレックス 2010-12-22
売り上げランキング : 13091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「閃光のナイトレイド』DVD第7巻(最終巻)に収録された、テレビ未放送話を見ました。
第14話ということで、最終話のその後の話になっており、
あれから2年の月日がたっておりました。
ストーリーの時間軸は昭和11年。

メインは葛!!
葛ファンにとっては嬉しいかも?
*以下、激しくネタバレありです。ご注意ください。
その後の葛は、日本に戻ってから小さな写真館を開いているようですが、
あまり客足は良くなく~
葵の接客を少しはありがたく思ってる?
と思いきや、あいつも少しは役に立ってたんだな、くらいの言い方で(苦笑)

雪菜も一緒に日本に帰ってきていたようですが、
互いの住所などは交換しておらず、
互いのためにも関わり合わないよう話し合っていたようですね;
さ、寂しい~。

しかし、雪菜が棗の遺品を福島の遺族に渡した後、
弟に御守りを渡しに行こうとしたら、偶然にも葛に遭遇♪
とはいっても、葛はお仕事中で;

しかもその仕事、半分脅される感じで押し付けられちゃってましたね(汗)
スパイ経験があることを買われて、
何かしでかそうとしている青年将校たちの動きを探るはめに!
どうやら、葛の同期がいることも考慮されての人選だったようですが、
その同期に奥さんと子どもがいるのを見て、
あぁ…葛もそういうのがいてもおかしくない年齢なんだよなぁ~と思いました(苦笑)
いや~これまでビックリするほど恋愛要素なかったよね!
葵は別だけど。

「軍人は軍のために死ぬのではない。大義のために死ぬのだ」
このセリフは、葛の同期だと言うメガネ将校のセリフ。
葛はこのセリフに何か思うことがあったようですね。
「決起趣意書」を見つけたものの、持ち去らず~
おまけに決起する日を違う風に教えちゃってましたね;

どうやら彼らを逃すつもりだったらしい…
あえなく捕まっちゃいましたが、何でこう無鉄砲なのかねぇ~。
普段は冷静で頭のいい人なのに…
ま、なんだったら資金も都合するといやらしく言う人に従いたくない、
従わない気持ちは分かるけど~。

そんな危うい葛を助けてくれたのは、なんと葵!!
どうやら雪菜と先に遭遇していたらしく、ピンチに駆けつけてくれました♪
第13話で葵の乗ってた飛行機は全焼&墜落したものの無事だったようで、
近くの農民達に助けられ、みんなを追って日本に帰ってきていたらしい。
で、ようやく二人を探し当てたと思ったら、葛が騒動に巻き込まれていたと(苦笑)

「前に一度、ここで黒豹を見た」
以前、動物園で黒豹を見たという葛。
その目には生気がなく、たぶん自分も同じような目をしているんだろうなと思ったようで;
ずっと、この先自分がどうすべきか迷って(考えて)いたようですね。

その結果、行き着いた考えたこれから決起しようという青年将校たちに協力するということ!
強引に何かを動かそうとしていることに、葵は高千穂のこともあって、
多少嫌悪感を出だしていたようですが、止めることなく送り出してやることに~。
雪菜は棗の弟に渡す御守りを葛に頼んだけれど、無事渡ったのかどうか。

ちなみに、この青年将校たちが決起した昭和11年2月26日の事件は「二・二六事件」;
クーデターは未遂に終わり、多くの死傷者&逮捕者を出したものの、
そこに葛の名前はなかったようで~
って、雪菜は本名を知らなかったようなので、判断しようがなかったようですね;
そういえば、メガネ将校には別の名前で呼ばれてたものなぁ~。
葛のその後の消息は不明…

「俺も探していたものは見つかった。あとはこれから考えるさ」
ちなみに、葵はというと~
以前の記憶を失っているらしい静音と、一緒にどこかへいってしまいましたわww
この幸せものめ!!ずいぶんと余裕だな!
「面白かったよ。よく知ってる相手をまた一から口説くって言うのもな」
おまけに惚気やがって!!

くぅ~予想していた、というか、
こうなってくれたらいいなぁ~という終わり方は、
みんなが合流して、また櫻井帰還ではないけれど何か探偵事務所みたいなものを、
写真館やりながら開いてくれないかなぁ~と思っていたんですけどね(涙)
最後はみんなバラバラになっちゃいましたよ;
そこはちょっと残念だったな…

結局、いないはずの黒豹を葛が見たということでしたが、
なんというか、「閃光のナイトレイド」は阿片回といい、
結構曖昧にして終わるの好きだよね(苦笑)
まぁ、黒豹を見たのも葛がどう動こうかさらに考えたきっかけにはなったかもしれないけど~
なんだかそこはちょっと微妙に思わないでもない。
でも、時代にてらし合わせつつ、ストーリーを構築していうところは相変わらずでした。
もう『閃光のナイトレイド』について感想を書くのは、これで本当に最後ですね!
お付き合いありがとうございました。

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック