ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『秘密の島の龍 ウミベリ物語』著:榎木 洋子

2011.01.20 (Thu)
『秘密の島の龍 ウミベリ物語』著:榎木 洋子

秘密の島の龍 ウミベリ物語 (コバルト文庫)秘密の島の龍 ウミベリ物語 (コバルト文庫)
榎木 洋子 すがはら 竜

集英社 2010-12-28
売り上げランキング : 8746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


守龍ワールドで新たな冒険!
ということで、またも榎木洋子さんが守龍ワールドを展開してくれました!
いや~久しぶりにコバルト文庫を読んだなぁ。

今回は龍を探しにいくのではなく~
っと、ネタバレになりそうなので以下お気をつけ下さい。
ネタバレ感想に入ります。
今回は龍探しがメインではありませんでした。
なんというか、知り合った龍が王子と仲良くなって押しかけ龍をする感じで(苦笑)
作者さん曰く「呼ばれてないのに守護龍参上!」!?
今までになかったタイプの龍のようです☆

あとがきを読んだ感じだと、どうも前回の乙龍シリーズの時に、
守龍がいるはずの国なのにいない設定をかいたことから派生した物語らしいです;
物語出生の秘密は「守龍亭」 (榎木洋子公式サイト)で語られる予定らしい。

けれど、さらに気になったのは
タイトルについて。
シリーズ名がメインタイトルってのがお約束だったのですが、うまいシリーズ名を思いつかなくて……。

と記述があったこと!詳しくはこちら→http://www.shuryu.com/top.html
ということは、今回もシリーズものだと思ってOK?

まぁ、立派な守龍になるまでにはまだ遠い道のりがあるようで~
続きそうっちゃ、続きそうなのですが;

どうも、最近守龍シリーズがのんびりまったりとしすぎてて、
緊張感に欠ける感じがするんですよね;
「龍と魔法使いシリーズ」の頃はいいメリハリ効いてたんだけどなぁ~。
まぁ、なんだかんだいいつつ、続きがでれば読むことでしょう(苦笑)

また少しは恋愛要素を入れてくれるといいんだけど。
今回はもうすでに婚約というか、よその国から嫁いできちゃった感じだからなぁ~。
しばらくは恋人気分でラブラブだろうけど、すでにくっついちゃってるから、
間に第三者が挟む余地がない;
惚気られ、当てられるだけかと思うと、ちょっと…ね。
残念かな(苦笑)

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック