ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

雑誌「LaLa」3月号の感想。『ホスト部』など

2011.01.24 (Mon)
LaLa (ララ) 2011年 03月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2011年 03月号 [雑誌]

白泉社 2011-01-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙はお久しぶり☆
というほど間は開いていないけれど、『桜蘭高校ホスト部』が飾りました。
付録もホスト部のフィギュアストラップ。
表紙の絵のサイズと同じくらいの大きさなのかと思ったら、それほど大きくなく(約4cm)
これなら使えそうな感じですね。

巻頭カラーもホスト部の番外編(60Pもある!!)が飾ってくれて、
今月号は何から何までホスト部尽くしですな☆
ホスト部メンバーは相変わらずでした(苦笑)

以下、ネタバレ感想に入ります。
『ホスト部』や『狼陛下の花嫁』がメインです。
『桜蘭高校ホスト部』特別編 / 葉鳥ビスコ
鏡夜「父親からの呼び出しだ。合わせたい人がいるんだと」
ということで、波乱の幕開けだったのですが~なんだ、兄貴の方の見合い相手かよ~。
鏡夜と腹黒会話をやってのけれるだなんて、ある意味尊敬に値する女性でした!
鏡夜とくっついたら、それはそれは本音を言い合える夫婦ができそうなのになぁ~
ま、周りは肝を冷やしそうですが;
家に縛れているようでいて、手ごわい父の相手をすることを鏡夜は楽しんでいるようで…
このドS親子めww(コラ
いや…ゲフゲフいいすぎました;
ホスト部メンバーは相変わらずおばかでしたが、モリ先輩までおバカになってたのが…
うん、まぁいいや…最後だし。うん。
調子に乗った環でしたが、結局最後はハルヒがカジ取りするようで、
やっぱり尻に敷かれとりますな☆いい番外編でした♪


『夏目友人帳』硝子のむこうの章 前編 / 緑川ゆき
夏目がオミバシラ様とやらの土産にするために、瓶に閉じ込められた!?
周りに心配をかけまいと、こっそり解決しようとする夏目でしたが、
おかげでニャンコ先生が夏目に変身して学校へ行く事態にww
なんというか、夏目になったニャンコ先生、ちょっと涼しさが増したような。
目元は厳しいけれど、美形度上がった?(苦笑)
そして相変わらずの俺様☆
結局は、ニャンコ先生に気づいた田沼が加勢することになったけど…いきなりのピンチ;
これで田沼が怪我してたら、夏目が自分を責めそうで、心配です~。


『ふたばのとても災難な日』 / 辻田りり子
結構面白かったです。最後はちゃんとオチもついてたし。
しかし、同じ作者なのに「恋だの愛だの」とはずいぶん雰囲気が違いましたね~。
なんというか、こっちの方が絵がきれいに感じました。
もっと別の作品も次々書いていったほうがいいかもしれませんね。
新しい発見があるかも~。


『狼陛下の花嫁』第19話 / 可歌まと
浩大という狼陛下の隠密が初登場☆
美男子系でなく、可愛い子系なのが残念ですが(コラ
しかし、1年ぶりに帰ってきた浩大の話を聞くため、陛下は夜も忙しく二人の時間が取れず~。
おかげで夕鈴の怒りが爆発☆ニヤリ
せっかくの嫉妬のような怒りを感じていたのに、浩大のせいで違う方に怒りが向いちゃったけど、結局最後は夕鈴を狼陛下がキャッチして丸く収まりましたね。
ラブラブ☆も特訓できたし~って、先に進むにはまだまだ夕鈴に自覚がなさすぎですが(苦笑)
頑張れ、めげるな狼陛下!(笑)


『会長はメイド様!』第57話 / 藤原ヒロ
「俺の恋人になってくれませんか」
「…なってやるよ。お前の恋人に」
よ、ようやくですよ!ようやく57話で美咲が告白し、
碓氷ももうやく言ってくれてようやく二人がくっつきましたね!
ま、あの忍者がなぜあそこまで薄いに張り付いていたのかがね~
ちょっと裏がありそうなのが心配ですが…
きっとまだ何かあるとはしても、とりあえずはおめでとう!一歩前進だ。


『学園ベビーシッターズ』第17回 / 時計野はり
特進クラスの爽やかイケメン・山羊が登場!!
何か裏がありそうだと、猪又ちゃんが心配してましたが、
鼻血を出すほどの子ども好きだったようで…絵的に変態っぽい(苦笑)
爽やかイケメンくんなのにww
猪又ちゃんは根はいい子なんだけど、ちょっと言葉がきついのが玉に瑕。
ただ、鹿島兄はちゃんとその辺分かっているようでニヤリ。
しかし、どう考えたって将来ブラコンになるであろう虎太郎がいるので
二人がくっつくのは難しそうですね(マテ


『ちょっと江戸まで』第29話 / 津田雅美
ミシェルが公方様の子どもだったと曝露されてしまったことで、
周囲の態度が変わったことに、庶民の食べ物が食べれなくなったことに落ち込みミシェル~。
その様をみて、これを仕掛けたおばはんはたいしたことないと思ってるようだけど、
実はそうでもない?
ミシェルを遠巻きにする連中もいたけれど、
中には自分たちをよく知っているミシェルが将軍になってくれたら、という声もあるようで!
ブンヤもそっちの方向で記事を書いてくるかな?次回がみものですね。


『図書館戦争 LOVE&WAR』第35話 / 弓きいろ 原作:有川 浩
式典用の制服で迎えに来てくれた堂上教官…マジ格好いいっス!!
スーツがたまたま全部クリーニング中だったって~いや~もう計算してましたね☆有川さんww
頭をなでなでしつつ、理由も聞かず胸で泣かせてくれる堂上教官、
本当格好いいです♪
そんな堂上教官を、郁も王子様みたいだと感じてはいたようですが、
「高校生以来の憧れの王子様が上官の女子なんか、ちょっかい出すものじゃないね」
手塚慧からの手紙で、郁は憧れの王子様が誰なのかを知ってしまいました。
郁の上官=堂上教官=王子様!!
さすがに理解するまでに時間がかかったようですが、次からどんな顔をして会えば!
フフフ、次回が楽しみですね~ニヤリ


『にんこい』 / 天乃忍
読みきりだったけど、面白かったです♪
これならちょっと続いて欲しいなぁ~と。
しかし、親が親なら子も子だな。
ライバルがすぐ近くにいることに全く気づかないとは(苦笑)


ちなみに~一口感想としては、
『ヴァンパイア騎士』はあまり進まなかった…
『金色のコルダ』…柚木さんは相川変わらず意地悪だった(苦笑)
『未来少年プロデュース』…最終回でしたが…特に何の感慨もなく~(コラ

今回、「遙か5」の図書カードの全サが始ったようですが、
次回からは「はるとき5」の連載も始るようですね♪
もう「はるとき1」のマンガも終わってしまったので、
本格的な連載にしてくれるとうれしいんですけどねぇ~。
でも序盤から、見開きカラー50Pのようですし、やはり導入部だけとなるのか、
いずれにしろ楽しみです♪

LaLa DX (ララ デラックス) 2011年 03月号 [雑誌]には「遙か5」のカレンダーがつくらしい。
ちょっぴり欲しいかも~。

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック