ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『STAR DRIVER 輝きのタクト』#21「リビドーなお年頃」

2011.02.27 (Sun)
「自分を裏切った相手を許せる人間になって。
それができるのは本当に強い人間だけよ」

本当の強さ

アバンでは、さっそく負けてるニードルスターの姿が(苦笑)
「その戦い方、よろしくないわね。タウバーン」
相変わらず相手のドライバーを気遣ったその戦い方に、ウィンドウスターはご不満で。
だが、ようやくオーバーフェーズ・システムが完成し、
綺羅星十字団はタウバーンに対抗するだけの力を得られるのか?
「あの子の貪欲さには理由がない」
壊れたサイバディの修復はリスクがあるというのに、またも修復を急がせるニードルスター。
おまけにウィンドウスターも新たに完成したオーバーフェーズ・システムを
試そうとしているようで、心配して止めようとするタカシですが…
ここではタカシだけが常識人ですね;

「私たちは命知らずのバニシングエージでしょう?」
いや、君ら二人だけが命知らずなのかもしれない;
もう二人にはついていけない様子…
なにやらタカシは実家の方にはバニシングエージに入ったことをいってないようだし、
後ろめたいというか、大きな声ではいえないと思っているようですんね。

今度の新システムは第4フェーズとはいかないまでも、
3.5フェーズくらいには人為的にサイバディの状態を引き上げるというものでしたが、
なんだかアイアンメイデンみたいなのでぐしゃっといく感じで、
なんだか巨大化しちゃいましたね。
顔がマドカの顔で不気味なんですけど;
これはいつものタウミサイルが使えないし!なんてご都合主義な展開!(ぁ

「ツナシ・タクトは覚悟ができているのかな?」
なんだか綺羅星サイドまでもがタクトを心配している感じでしたが(ぁ
まぁ、正直首を絞められても、タクトは人を殺す覚悟は決めてる感じではなかったような;
けど逆に、ワコの覚悟はすばらしいものがありましたね!
タクトのピンチになにやら力を使った様子!
空にあった紋様付近に力が終結し、それがウィンドウスターに直撃!
それを喰らうと、なぜかヘーゲントがもとの形に戻っちゃって、
すかさずその隙をタウミサイルでしとめた!

「たぶん好きな男が、他の女と目の前でいちゃつくのが我慢できなかったのよ」
カナコ様が言うには、まぁ、ワコがタクトを好きだからということで…
マドカがキスの相手に立候補云々いっていたので、嫉妬説には妙に説得力ありましたね;
うん、ようやくワコも恋愛面でも覚悟が決まったのかも!
「学園祭の舞台、あたしがキスの相手役に立候補します!」
とうとう、スガタがいるというのにタクトのキスの相手に立候補した!
タクトとスガタの役をチェンジして、スガタとキスだなんて展開にならなくて良かった;

マドカは今回負けたことで、島を出て行くようですが、
彼らの狂気を見たおかげで、タカシもカナコの元に戻ってくるようですね。
タカシのことを心配していたくせに、いざ戻ってくるとなると複雑なシモーヌですが、
本当の強い人間って言うのは、裏切った相手さえ許せるような人間だといわれ、
タカシを許すよう諭されたたシモーヌ。
タクトにはそういう強さがありそうだけど、スガタはどうかな~。
タクトを選んだワコを許せるかしら;

「だが本当にの強い力をこの手にすれば、
失った全てを取り戻すことができる。いや、取り戻してみせる!」

一方、ヘッドはというと強い力にばかり頼っているようで…
本当の強い力を手にすれば、失ったものを取り戻せると思っているようですね~。
今まで力を追い求めすぎて、多くのものを失ったんだろうに(汗)
結局、サカナちゃんはヘッドの回想シーンだけの登場でしたね…
そんな可能性もあるかもとは思ってましたが…
せめてサカナちゃんだけは、ヘッドの元に戻ってきてくれると信じたいです。

あ、そういえば~結局副部長って一体なんなんだろう…
とりあえず、キャメルスターじゃないよね~嫌な感じしないし。
いずれ秘密とか明かされるんだろうか?

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 8 【完全生産限定版】 [Blu-ray]SHINING☆STAR(アニメ盤)PrideSTAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)

コメント

こんばんは!
ジャスタウェイさんこんばんは!
新システムでバトルにも変化が…と思ったら今度はワコの力で乗り切るとは(苦笑)
タウバーンってピンチになっても誰かしらの助けがあったりして結局勝利してるので
もうちょっと他の展開が見たいなあと思ってしまったり…
…第四フェーズになったら他のサイバディもあんな状態になってしまうんでしょうかw

>いや、君ら二人だけが命知らずなのかもしれない;
あはは、確かにそうなのかもですね!
ただもうバニシングエージも一枚岩じゃないしどうなるのか…
すっかり出番がなくなってしまったトリオの活躍を~
というかあと数話しかないしスルーされたらどうしようかと(ぁ)
真の印があるということで引き抜かれたタカシも何もしないまま
戻ってきたりと意味がなかったんじゃと思ってしまいました(苦笑)

>タクトにはそういう強さがありそうだけど、スガタはどうかな~。
納得いかず切れたスガタがタクトと敵対する展開を希望です(マテ)
嫉妬も強いリビドーになりそうですし、どうにかして動いてもらいたいなと
このまま普通のいい人で終わってしまったらあまりにも存在感が…(苦笑)
今回のワコの力は巫女の第一フェーズなんですかね?
どちらかを選ぶ覚悟も決まったような感じですし結末がどうなるのか気になります
ではでは、お邪魔しました!
>李胡さまへ♪
李胡さん、こんばんは。
スガタに引き続き、今度はタクトのピンチにワコが力を貸してくれましたね!
もう前回、タイマンではなく1対多数もできるとわかったのだから、
どうせならサイバディに乗って協力でもしてくれたら、
展開的にも絵的にも新しいんですけどねぇ~。
もう最終回も近いですけど、何か目新しいものが欲しいですね;

> …第四フェーズになったら他のサイバディもあんな状態になってしまうんでしょうかw
あんな顔の敵と戦うのは嫌だなぁ(苦笑)
けど、相手を気遣いながらの戦いが出来なくなる可能性はあるかもしれませんね!
そうなると、タクトがどうするかが問題ですが、
まぁ~この調子なら全く負ける気はしませんが(ぁ

> すっかり出番がなくなってしまったトリオの活躍を~
> というかあと数話しかないしスルーされたらどうしようかと(ぁ)
あ、そういえばまだトリオが残ってましたね(コラ
いや~キャメルスターはサイバディ復元に及び腰のようですが、
もういっそのこと、トリオでまとめてタクトに挑んで欲しいですね~。
タカシは…始めタクトと戦ったときには意味深な態度をとったりしましたが、
もうなんだか空気ですね(コラ

> 納得いかず切れたスガタがタクトと敵対する展開を希望です(マテ)
確かにあまりにも引き際が良すぎて、いい人で終わるよりは、
戦って、ちょっとはこじれたほうが面白くなるし、スッキリしますかね♪
ま、タカシロたちみたいにドロドロの展開になって、
修復できない関係になられると困りますが、ちょっとなら~ニヤリ

> どちらかを選ぶ覚悟も決まったような感じですし結末がどうなるのか気になります
ワコの心の中では、どちらを選ぶか決まったようですが~
タクトに告白する前に、スガタに一言いっておいて欲しいところですけどねぇ;
ワコの力は、サイバディなしに力を使っていたのでやはり第一フェーズの力ですかね?
始めてみる力なのでどういう種類のモノなのかは想像が膨らみますが、
こんな終盤に来て使うだなんて(苦笑)
まだまだ副部長の謎とかもありますが、そのうち分かりますかね~。
もう残り少なくなってきましたし、盛り上って欲しいですね!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

本編で繰り広げられるドラマよりも、いまは「神話前夜」の内容が気になるw
一言結論:喪失を知ったうえで進む男と、臨む覚悟を決めた少女。主人公は出遅れ?  ネタバレありますので、以下は続きから。
PSP版はまだ一周目。 アナログスティックが壊れて勝手に移動しまくるので 無駄に難しいゲームになっております。 ヨペチコです。 やべw  画像サイズが変だw
 復元したヘーゲントとタウバーンのゼロ時間での死闘。  でも、前の戦いでヘーゲントの戦い方を熟知しているタクトの前では、もはやヘーゲントはザコ同然のレベルに陥ったみたいでして、今回もタウミサイル...
STAR DRIVER 輝きのタクトですが、綺羅星十字団はオーバーフェーズ・システムという新たな装置を開発します。ツナシ・タクト、アゲマキ・ワコ、シンドウ・スガタたちは学食で青春を謳歌していますが、「神話前夜」というポスターが必要以上に貼ってあります。(以下に続き...
STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)BONES KEY by Ylab スクウェア・エニックス 2011-02-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 究極に刺激的なプレイ(?д?)ンァ?
戦いの在り方―
「スタードライバーのメンタリティは時として理解できないものがあります」 ワコの嫉妬は、ある決意を導き出す。
失ったものを、すべて取り戻す! 綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新たな装置が完成する。 それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに進める事がで...
3.5フェーズ・オーバーフェーズ マドカ回かと思いきやオイシイところは人妻さんがすべて持っていった「STAR DRIVER 輝きのタクト」第21話の感想。 頭取最高や!バニシングエイジなんかいらんかったんや! それにしてもタカシとはなんだったのか(真剣に)
カナコの大物っぷりと、ヘッドの小物っぷりの対比が…w
そういえばキャメルスター倒してもニードルスター居ましたね。珍しく連戦です。しかし策も無く勢いで出てきただけなので、ほぼ一方的にタクトが勝利。負けたことよりも、タクトが自分達を殺害しないことにマドカとコウはご不満な様子。真剣にやっていない、対等の相手と看...
これが伏線になっていたとは・・・ コウ&マドカ編 完結 スタードライバー21話
「わぁ~、雪だ♪」 サカナちゃんキタ^^ と思ったらヘッドの回想でした(^ω^;) なんとなくわかってはいたけど、やはり残念でなりません。 これはもう本当にサカナちゃん復帰は絶望的かも。 最終回でヘッドの前に現れる・・・というのをちょっとだけ期待してお...
ワコは嫉妬しちゃったんですねw STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/02/23)宮野真守、早見沙織 他商品詳細を見る
欲するがままに命を掛け、投げ出す。そう、あの子は「怪物」。「リビドーなお年頃」あらすじは公式からです。綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新...
「自分を裏切った相手を許せる人間になって。  それが出来るのは、本当に強い人間だけよ」 デフォルマイスタープチ STAR DRIVER 輝きのタクト (BOX) (2011/05/31) バンダイ 商品詳細を見る
コフライトとの再戦。 しかしながら、ニードルスターとタクトとの差は短期間では埋まっていない。 タウバーンはまたもタウ・ミサイルで決着をつけ、ニードルスターとともに勝利を手中にする。
STAR DRIVER 第21話。 人為的にフェーズを引き上げる「オーバーフェーズシステム」に 追い詰められるタクトですが―――。 以下感想
「今日これから 銀河美少年タウバーンを殺します」 ついに新たなシステム、オーバーフェーズ・システムが完成! タウバーンのピンチに、ワコの力が…!    【第21話 あらすじ】 綺羅星十字団・科学ギ...
 今回はマドカメインの話。綺羅星十字団がいよいよ新たな装置「オーバーフェーズ・システム」を完成させることに。その実験体になるマドカですが、果たして上手くいくんでしょうか。今回はとにかくカナコがカッコよかったですー。
「それでいい…」 ヘッドのイケメンと言うかプレイボーイっプリは… タクト様と違って、なんか…イラっとくる! 第21話 「リビドーなお年頃」 3.5フェーズとか、ワコちゃんチュウ役立候補と...
本当にちゃんと終わるんだろうか? そんな不安が強い、スタードライバー輝きのタクト21話の感想です。 それよりも、いつもと微妙に違うなぁ~と観ていたら、絵コンテが長崎健司さんだった! 2話や...
本当の強さとは、他人を許せることである! どうも、管理人です。花粉症のせいで体調まで悪いような気がしてて、結構参ってます。もしかすると、過去最悪の症状の出方なのかも…。とりあえず、感想に行きたいと思います。 ウィンドウスター:「今日これから...
テレビ版の 『STAR DRIVER 輝きのタクト』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 取り戻したいもの (2/27 その2)   
チートプレイは許されない。STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 『リビドーなお年頃』 の感想です。
その戦い方宜しくないわね、タウバーン!
綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システム という新たな装置が完成する。 それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに 進める事ができるという画期的なものであった。 演劇部「夜間飛行」での劇でタクトのキスのお相手は、未...
STAR DRIVER 輝きのタクト(1) エアヒロイン的だったワコですが、やっと立ち上がりました。 でも、カナコ&シモーヌの方が可愛すぎるから困ったものです(笑)
「STAR DRIVER 輝きのタクト」21話、観ました。いきなりゼロ空間。ニードルスター戦。懲りないね、コウさん。(^^;
第21話 「リビドーなお年頃」
STAR DRIVER 輝きのタクト #21 リビドーなお年頃 810 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 17:23:34.24 ID:Xwtv2OtZO あと三話?まとまるのかコレ 811 ...
あらすじ 綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新たな装置が完成する。 それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに進める事ができるという画期的なものであった。 感想は続きから
第21話のあらすじ またしてもタウバーンに敗北したコフライト。こちらの身を案じながら戦うタクトに ウィンドウスターは苛立ちを露にする。そんな折、プロフェッサー・シルバーの研究していた オーバーフ...
  第二十一話「リビドーなお年頃」綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新たな装置が完成する。それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以...
『綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新たな装置が完成する。それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに進める事ができるという画期的なものであった。』 ...
STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)(2011/02/26)BONES、KEY by Ylab 他商品詳細を見る  おとな銀行からバニシングエージに出向した者達の物語がひとまず決着を迎えまし...
公式でスタドラキャラクター人気投票が始まっていますね。 カナコ様に1票投じてきました! 今回の話は、恋する女の子の嫉妬が最強ということで(笑) 綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェ...
綺羅星十字団・科学ギルドで作られたオーバーフェーズ・システムは、3フェーズ以上に進むことができる装置。 先週の予告で想像できたけど、サイバディとパイロットの一体化、エヴァの綾波みたいになっちゃいましたね。3.5フェーズでロボットとパイロットの中間でしたが、...
タイトル「リビドーなお年頃」
ヘーゲントを使いゼロ時間でタウバーンと戦うニードルスターだが、またもタウバーンの前に敗北してしまう。「その戦い方、よろしくないわね。タウバーン!」敵の命を救う戦い方をするツナシ・タクトに、怒りを露わにするウインドウスター。もはや第3フェーズのサイバディ...
「リビドーなお年頃」 本当に強い力をこの手にすれば 失った全てを取り戻す事が出来る いや 取り戻してみせる! そういったヘッド  これは去って行ったさかなちゃんも取り戻したいという事なんでしょうねww 逃げた魚は本当に大きかったってコトだね ...
ケイ・マドカ 恐れをしないのはまったくすごいな。注射をするときにアタリ・コウがシブヤ・ヒデキに危険はないのか?なんて言ってたけどそういうことを聞くのにむしろ驚きだった。恐れを持たないという意味で...
STAR DRIVER 輝きのタクト   お勧め度:お勧め   [SF]   MBS・TBS系 日 17:00   監督 : 五十嵐卓哉   脚本 : 榎戸洋司   キャラ原案 : 水屋美沙×水屋洋花   キャラデザ・ ...
バニシングエージは命知らずのチーム
オーバーフェーズシステムの実験体に志願するウインドウスター(ケイ・マドカ)。ヘー
巨大化は負けフラグ。 この番組はリビドー値の高さがそのまま強さに影響するようだ。 STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/02/23)宮野真守、早見沙織 他商品詳細を見る
綺羅星十字団は、オーバーフェイズ・システムを開発しました。それを使ってマドカがタウバーンに戦いを挑んでくるのでした。冒頭からいきなりコウとタウバーンの戦いです。
学食でスガタと同じメニューをチョイスするメガネ委員長がかわいすぎる。というわけで、「STAR DRIVER 輝きのタクト」21話しっとマスクの巻。ところでこのサイバディと一体化した敵 ...
リビドーとは、日常的に性的欲望または性衝動と同義に用いられる。 対義語はデスロルドーと言われているが正確な対義語ではない。   wikiより引用。
ギャァーーーーー!!!!! スガタくんが袖にされた!!!!!「リビドーなお年頃」ってワコのことだったのか!?もう 全部飛んだ!!  すみません!!今回はリアルで観て ...
本編で繰り広げられるドラマよりも、いまは「神話前夜」の内容が気になるw  ※現在、管理人のミスにより、「妄想詩人の手記」本館のほうの管理画面にログインできない状態となっておりますので、代わりにこちらの別館のほうで、感想レビューを更新させて頂きます。ご...
 正々堂々。前回の感想記事の多くで「キャメルスターは卑怯」「正々堂々じゃない」って書かれてましたが、私ぁ別に構わんと思いますけどね。自分の勝率が上がるように策を講じる、戦なら当たり前じゃないです...
戦場に於いて相手の命を絶つ覚悟。 これはよく色んな作品のメインテーマとなる程、戦闘を描いたドラマでは取りざたされる事が多いですよね。 手心を加えられることを侮辱と受け取り、相手を叱責する。 時...
その戦い方、よろしくないわね、タウバーン---------!!ニードルスターとウインドスターの怒り。ドライバーの死のリスクを恐れないニードルスターたち。タクトの戦い方はスタードライ...
タクトは勝つ時も 相手を助ける余裕のある戦い方。 それが屈辱なウィンドウスターは、危険な新システム・オーバーフェーズを使うことも臆さない。 命に危険がともなうサイバディの修理も平気なニードルスタ...
ミズノが居なくなったから、キス相手空白だったっけ?その辺あんまり細かく見てないから、なんで今さら立候補するのか?となっていたのは秘密なのぜ!な、ワコのキス立候補回でした。 メインヒロインな割には地味めな印象の彼女ですが、いよいよ本気を見せはじめてくれま...
オーバーフェーズ・システム 命のやり取り
サカナちゃん再登場+(0゚・∀・)+ wktk + と思ってたら回想シーンだったぁ~Σ( ゚∀゚)・∵ 楽しみにしてたのにショック。。_l ̄l○lll ガクッ でもヘッド、サカナちゃんのこと忘れたわけじゃないんですね! ヘッドの口説き文句は「今までで1番キレイな君
サカナちゃん再登場(´・ω・`)
マドカと人妻は昔上司と部下だった(; ・`д・´)?  何か人妻が色々な所に絡みまくりだなw人妻が颯爽活躍するからワコの存在が空気になるんだよ。゚(゚´Д`゚)゚。 以下ネタバレです
ちゃんと鍵は掛けたんでしょうね。
 好きな男が他の女といちゃつくのが我慢できなかったのよ
さすさすと眠れる男性を診察する手が、どうにも怪しく見える医者が気持ち悪くていやぁぁぁぁあヽ(`Д´)ノウワァァァン 診察だよね?そうなんだよね? ・ワコの本命はタクトに決定 主人公が振られるわけにはいかな...
リビドーの量 「STAR DRIVER 輝きのタクト」第二十一話感想です。 STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)(2011/02/26)BONES、KEY by Ylab 他商品詳細を見る
感想 「負けた時に負けを認められないのは一番駄目でしょう」 タクトに負け続けるアタリ・コウ ケイ・マドカ。 マドカはタクトに勝つためにあるシステムを使って本気を出すようです。 今回のおさら...
第21話「リビドーなお年頃」の感想です。