ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『へうげもの』#1「君は物のために死ねるか!?」

2011.04.07 (Thu)
「火中の栗の皮を拾ったとほざくかぁ~!」
OPのIKZOって、吉幾三かよ!!

時は戦国時代。
主人公は織田信長…ではなく、信長の使い番である古田左介。
この男、口では武人として大成したいといいつつも、
その根っこの大部分は、茶の湯と物欲が占めているようで。
原作未読です。
全く予備知識を入れないまま、視聴してみたのですが、
ほう~NHKにふさわしい感じのアニメですね。
松永が骨董集めてるとか、BASARAでもありましたけど一部は勉強になりそうな?

しかし、妙に骨董の絵が綺麗でしたね(苦笑)
まぁ、それだけ左介にとってこれがどれだけ大切なのかは分かりますが、
全39話、全部こんな感じで作るのは大変そうだ;
しかし、頑張ってるだけあって見ごたえは十分☆
『開運!なんでも鑑定団』を見るのが習慣なジャスタウェイは、興味深々です(笑)

「平グモの茶釜を渡せば裏切りは許すと」
今回は、裏切った松永に『平グモの茶釜』を渡せば許すということを、
左介が使い番として松永に伝えに行ったのだけど…左介、茶釜しか見えてないよ(苦笑)
しかもそれが相手にバレバレだし~。
きっと、信長に対してもずっとこんな風に顔に出すから、
17の時から信長に仕えていられたんだろうねぇ~。

秀吉は、信長の笑い声が聞きたいと茶釜を手に入れにやってきたようだけど、
松永は茶釜とともに自爆;
吹き飛んだ茶釜を取りに行く左介の根性に驚いた!!(笑)
やっぱり、それなりには動けないと使い番は勤まらないのかな?

「いずれ、お前も決めねばならぬ。
圧倒的な力を持つものが現れたとき、わしの道を選ぶか、諦める道を選ぶか」

今回は、諦めなかった左介。
いずれ圧倒的な力を持つものが現れたとき、どう行動するのか楽しみですね!
この松永のセリフは伏線と見た!
って、これで何もなかったら恥ずかしいな(苦笑)

結局、今回信長を笑わせられたのは左介。
くず鉄だったものの、信長に渡すのは惜しかったようで…
その様子が顔にモロ出ていたもんだから、それが信長の笑いを誘ったようですね~。
「ものの良さと尺の大小は関わりなしと存じます」
しかし商人が斬られた後に、船と平グモの茶釜とどちらがよいものかだなんて、
信長も意地悪な質問をしますね~。
ま、今後も話が続くのだから斬られることはないでしょうけど(ぁ

なんだか、最後の対比だと今後は利休も色々でてきそうですが、どう絡むんだろ;
というか、利休が左介と話すって…なんだか怖いな(苦笑)
まぁ、今後は視聴のみで行こうと思います。


へうげもの(1) (モーニングKC (1487))


NHKアニメ「へうげもの」エンディングテーマ

コメント

初めてコメントさせて頂きます

へうげものですが、原作が終了しておらず
本文にあった「伏線の回収」の場面には至ってないです
(恐らく古田織部の最期に関する話だと思いますが)

アニメでもそこまでいくことはないんではないでしょうか・・・
>NAさまへ♪
NAさん、初めまして!こんにちは。

> アニメでもそこまでいくことはないんではないでしょうか・・・
原作気読者から見て、松永のセリフの伏線(?)の回収はアニメではなさそうですか;
あぁ…あんなに大見得を切ったのに、恥ずかしい(苦笑)
いや~そんな可能性もあるかもとは思いましたが…残念です!
しかし、コメントをもらってようやく左介が誰なのか理解しましたよ、私…
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

新番組お試し視聴、第3弾です。戦国武将アニメには興味がないのですが、この作品は真下耕一さんが監督をされるということで視聴してみました。時は戦国の時代。信長が天下