ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『Steins;Gate』#4「空理彷徨のランデヴー」

2011.04.27 (Wed)
「これから世界を陰で操る巨大な闇との戦いが始まるのだ!」

実験結果、Human is Dead,mismatch …
ミニブラックホールに関わる実験で人が死んだ?
さらに詳細な情報を得ようと読み進めるが、
レポートは何かのプログラムのコードで埋められ、さすがのダルもお手上げ状態;
しかし「プログラムコード」という単語に、オカリンには一つ心当たりが!
「IBN5100はベーシック言語ができる以前に作られたパソコンだから、
IBN独自のプログラムも読めるとか何とか」
「SERNの企みを防ぐには、IBN5100の機能が必要なのです」

前回の鈴羽やタイターの言葉に、今回の話が結びついた!
ということで、さっそくタイターにプログラムの映像を送り確認を。

「IBNが独自に開発したプログラム言語であり、解読するにはIBN5100が必要なものです」
ちょっぴり間があったものの、タイターはあっさりこれを肯定!
オカリンは巨大な悪に立ち向かうために、すっかりやる気を出しちゃってますが…
周りはついていけないようで、温度差あるなぁ(苦笑)
「あなたは本物ですか?」
で、タイターのメールのタイトルにあった本物ですかっていうのは、
@ちゃんねるでやり取りした本人か?という意味であってるんですよね?
なんだか気になったけど…まぁいっか~。

「まずはIBN5100を手に入れ、そしてSERNの謎のプログラムを解読する!」
目的を見つけて、一直線なオカリン。
そのオカリンに、タイムマシンのことが気になるクリスが遭遇しちゃいましたが、
「拗ねてるのか?いい年をして、子どもじみた真似はよすのだなぁ」
だが断る!全否定する!
オカリンにだけは言われたくない言葉が飛び出た!!

「嫌だっていってる!私は父と同じ失敗は繰り返さない!」
タイムマシンに興味があるのは間違いないのに、それを否定しまくるクリス。
なにやらクリスの父はタイムマシンなどの非科学的なことで何か失敗したらしい;
一瞬、ジョン・タイターが頭をよぎったけれど~
さすがにそれはないかな…?

クリスの曝露を聞いて、もうラボには来なくていいというオカリンでしたが…
クリスの性格では、そんなの余計に気になりますよね(苦笑)
しかし、これまで知りえた情報を丸ごと教えてあげるだなんて、
オカリンってば、意外と紳士じゃないかw
まぁ、突然聞かされては意味不明で、クリスにとってはそんな風には見えないだろうけど☆

「うちの神社に奉納されてるって」
フェイリスから秋葉原の神社でIBN5100を見たときかされ、柳林神社に向かうオカリン。
途中、IBN5100が独自の言語解析ができると確認をとったクリスが合流しましたが、
本当に、神社にIBN5100があった!?

「いつかこのパソコンを必要とする若者が現れるから大事にとっておくようにと」
なにやら神社に奉納した人は、オカリンが来るのが分かっていたような?
フェイリスの父が持っていたということですが、奉納したのはこの人なのか、
それともオカリンの知る以前(2000年に現れた)のタイターだったりするんでしょうか?
奉納されたのは10年前だというし、2000年のタイターなら時期的にもあうんだけど!
いや~フェイリスの父だったら、
いずれこういうものが現れるとか言う設定付けするのはありかもしれないけど~
スルーショルダーは確実か(苦笑)

とりあえず、IBN5100を借りることができましたね!
あくまで借りるのであって、譲り受けたのではないところは気になるところですが…
シャイニングフィンガーに何か説明はするんだろうか(汗)
あと、自分を戦士と言い張る鈴羽に、これをもってることがバレるのもなんだか怖いんだけど;
しかし、昔のパソコンって重かったからラボまで運ぶの大変そうだなぁ~。
まぁ、じゃれながら仲良く運んでる風にしか見えないけどな!

しかし、シスターダストシェイクハンドするまゆりをみると、
彼女にも意外と暗い過去がありそうで、怖いな~。
墓の前でもやってたし、まゆりをのけ者にするのだけはやめてね!

STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付きTVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】TVアニメ「STEINS;GATE」エンディングテーマ「刻司ル十二ノ盟約」(ときつかさどるじゅうにのめいやく)【初回限定盤】

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

何事もなかったように見えて、色々見えた今回。いくつもの伏線が張り巡らされている中に感動のキーワードが散りばめられて…。
死人が出たというSERNの実験とは何だったのか?ダルはハッキングしたデータの中からその謎に繋がると思われるプログラムコードを発見するが、とても解読できるものではなかった。 岡部は、「IBN5100には特...
『星屑との握手(Stardust;Handshake)』 相変らずまゆりは乙女色でロマンチックですねぇ♪ @ダルのTシャツに対するまゆしぃ☆らしいリアクションがかなり笑えましたww。 >>ということで、STEINS;GATE #04 空理彷徨のランデヴー 感想です.+゚*。:゚
シュタゲ 第4話。 IBN5100を求めて倫太郎は奔走―――。 以下感想
牧瀬紅莉栖って、オカリンのことが気になってるよねw Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る
「どうみても陰謀論です本当にありがっ――!?」 「どうした?」 「なっ、なんでもないっ!!」 ついついねらー言葉を使っちゃう助手ことクリスティーナw 今話はSERNの陰謀を暴くためIBN5100を捜す凶真たち。それはとある意外なところに…。
聞きたいOP 前にこういうネタを持ってくるようですが、いつまで引っ張るんだろうww うん、このOPは聞きたいし見たいけどね? 後半の歌詞はもろネタバレらしいですね。「孤独な観測者」=オカリンですかー...
ゼリーマンズレポート、謎のプログラム言語…次第に明らかになる普通の研究機関とは思えないCERNの隠された部分…。 「ここまでくれば楽勝と思っていた時期が僕にもありました」 さすがにここまでくるとスーパーハカーとはいえお手上げ状態。その手詰まりの状況を打開...
これは良い助手回 これまでと比べるとやや地味かもしれないけど丁寧な話運びに満足の「Steins;Gate」第4話の感想。 各ヒロインとの絡み、うまくバランスとれてたなぁ。 オリジナル部分に期待できるのも嬉しい。
(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第4話 「空理彷徨のランデヴー」 前回は問題点と目的の発見と明示、そして今回の役割はその目的達成の手段を 確保するまでを描いているだけに特に重要そうな伏線はありませんでしたね。 そうすると次回以降が、解決への検...
Steins;Gateの感想です。 今回は比較的ゆったりと見れた。
セルンの謎を暴く展開にシフトしていくのでしょうか。
IBN5100もう手に入るんですか・・・
OP「Hacking to the Gate」【初回限定盤】今回の大まかなあらすじは、IBM5100が必要だってばよッ! よし、陰謀を暴くために探すぞ、あれ意外に身近にあったぞ?! ってな感じでした。
当たり前だと思われているところにこそ答えが隠されている。STEINS;GATE 第4話「空理彷徨のランデヴー」の感想です。 どれくらいの謎が残っているのか見当もつきませんが、確実に前に進んでいる様子に引き...
こんばんは、マサです。 もう4話ですか。 ってことは、1ヶ月経ったと。 2クールだと聞いておりますので、まだまだこれからでしょう。 #04 「空理彷徨のランデブー」、いきます。
だが男だ・・・・ チクショーorz(ぇ) 【関連サイト】 http://steinsgate.tv/index.html
ボクもフェイリスたんの元にG-BACKしたい…… 公式サイトはこちら
秘技ッ!!スルーショルダーッ!!
■第4話 空理彷徨のランデヴー 今回の内容・・・IBM5100を入手しました。おわり(゚Д゚;) という訳で、もちろんそれ以外にもサブキャラ含めた伏線は多く貼られていたのですが、目の前の本筋自体は...
ダルがクラッキングに成功したSERNですが、人死にが出たらしく、「ゼリーマンズ・レポート」なんて怪しげな単語も。 ゲルバナとの関連性を考えると、人間がゲル化したのでしょうか ...
[関連リンク]http://steinsgate.tv/第4話 空理彷徨のランデヴーCERNにハッキングに成功したダルそしてそこで見つけたのは人が亡くなったというレポートだったさらに重要なものが書かれてい...
 STEINS;GATE  第04話 『空理彷徨のランデヴー』 感想  次のページへ
今回は、嵐の前の静けさ回といった感じでした。 これからどうなるのか、続きが気になりますね。 ハッキングしたSERN職員の電子メールに書かれていた「Human is Dead,mismatch 」 の文字は、岡部とダ...
これがシュタインズゲートの選択か(`・ω・´)
転んじゃうから。 スタッフ 原作:5pb./Nitroplus 監督:佐藤卓哉、浜崎博嗣 シリーズ構成:花田十輝 キャラクターデザイン、総作画監督:坂井久太 プロップデザイン:コレサワシゲユキ、中村和久...
『ハッキングしたSERN職員の電子メールに書かれていた「Human is Dead,mismatch 」の文字は、岡部とダルに戦慄を与えた。彼らはさらなるハッキングを行おうと試みるが、謎のプログラムコードに阻まれてしまう...
人が死んだ。 その事実の詳細は“JELLYMAN's report No.14”参照とことで、ダルは別サーバーにあるデータベースを調べてみる。 そこにあったのは何らかのプログラムコードであったが、解読することはできず。
「いい歳をして子供じみた真似はよすのだなぁ」 「あんたにだけは言われたくないわ!」 オカリンに対して正論なナイスつっこみを入れる紅莉栖が良かったw 今週は展開はのんびりしていたけどその分キャラの掛け合いが多く、馴染んできた分面白くなってきた気がする。
禁断への鍵。
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、タイムトラベルの実験で死人まで出している機関の情報を解読するには、古いマイコンIBM5100が必要です。天才ハッカー橋田至ことダルも「無理!」と匙を投げ、トドのように爆睡しているので、岡部倫太郎はマイコンを探す旅に出...
IBM5100もう手に入るんですか・・・
TVアニメ「STEINS;GATE」エンディングテーマ「刻司ル十二ノ盟約」(ときつかさどるじゅうにのめいやく)【初回限定盤】(2011/05/25)ファンタズム(榊原ゆい)商品詳細を見る この作戦が炸裂した時は、お前の命...
主人公を中心に手がかりを持つ登場人物がそろいはじめ、キーアイテムの存在や秋葉原というフィールドを舞台にアドベンチャーゲームのテイストを強く感じる「Steins;Gate」。 SERN≠CERNがタイムマシンを開発しているという情報は妄想に過ぎないのか、それとも「電話レン
どんどん核心に近づいていくSERNをハッキングしメールをのぞき見したらゼリーマンレポートと呼ばれる人体実験をしていることを知るしかしクリスティーナはまだ信用していないみたい一刻も早く謎を解明したいと躍起になる岡部だが周りはあんまりノリ気じゃないみたい誰も居...
あらすじ ハッキングしたSERN職員の電子メールに書かれていた「Human is Dead,mismatch 」の文字は、岡部とダルに戦慄を与えた。彼らはさらなるハッキングを行おうと試みるが、謎のプログラムコードに阻ま...
トントン拍子で事態が進む、パソコン、ゲットだぜ!回でした。 助手の出番が多めで、少しずつラボメンとして溶けこんでいっている様子が印象的でしたね。 いろんなキャラの父親が物語に絡んでくるところもポイントかと。 ひとまず、前回ラストの引きが衝撃的でしたが、今...
第4話 『空理彷徨のランデブー』 わかるかぁーーー!!こんなん絶対わかんない!…というコトで 1週間かけて立てた“紅莉栖ちゃん=ジョン・タイター説”が、発表前に崩れてしまいました。 紅莉栖ちゃんの存...
実験結果、 ヒューマンイズデッド・・・  
TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【通常盤】(2011/04/27)いとうかなこ商品詳細を見る  SERNのPCをハッキングすれば、「人間が死んだ」というおっかない文章が現れま...
ここは「Steins;Gate」第4話のミラー用の記事となっています。 何とかパソコンが見つかりました レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104270001/ 【PSP】 Steins;Gate(通常版) ULJM-05887 2011年6月23日発売...
IBW5100ゲットだぜ!
Steins;Gate 第4話 『空理彷徨のランデヴー』 ≪あらすじ≫ SERNが死亡者まで出す非人道的な研究をしている可能性を知って驚愕する倫太郎とダル。ダルはさらにハッキングを続け、謎のプログラム言語で書か...
人が、死んだ-------------!? SERN職員の電子メールに書かれた「Human is Dead,mismatch」 この文字の意味は? それに詳細レポートに書かれたプログラムのコード。 流石にこれはダルにも分からない。 IBN5100なら解析できるのか。 ヒントはジョン・タイ...
人が、死んだ-------------!?SERN職員の電子メールに書かれた「HumanisDead,mismatch」この文字の意味は?それに詳細レポートに書かれたプログラムのコード。流石にこれはダルにも分からない...
 オカリンのネーミングセンス……
古いパソコンの話は、オッサンが盛り上がれるネタだけれど、これはちょっと古すぎますな。 Steins;Gate 第4話 『空理彷徨のランデヴー』 のレビューです。
徐々に話が動き始めてきてるんですが、まだまだプロローグ的な感じですね。 本格的に動くのは、タイムマシンを使い始めてからになるんでしょうか? 前回ハッキングして、謎のゼリーマンズレポートとい...
まゆしぃのスターダストシェイクハンドとフェイリスのネコ耳の破壊力が印象的だった第四話。 助手の過去も少しだけ明かされてこれからどんどん謎が解明されていくといいですな。 シュタゲはボク自身わかっていない以上下手なことはいえないので自重するでござる
ライネットバトルしようぜ! というわけで、 「STEINS;GATE」4話 PC奉納の巻。 ふーむ、やはりIBN5100がキーアイテムか。 謎に包まれたレトロPC探索イベントを基軸にして、 スラスラ進むシナリオ...
Steins;Gate 第4話 「空理彷徨のランデヴー」 感想 第4話のあらすじ SERNへハッキングを仕掛けた岡部たち。 そこには何らかの実験で死者が出ているというなんとも不気味な報告だった。 そしてダルで...
ハッキングしたレポートには実験での死者があったことを思わせる内容が…。 ゼリーマンズレポート… ゲルバナのことを考えるとイヤな予感しかしない(汗) さらになる情報は特殊なプログラム言語となっている...