ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『黒執事II』OVA「死神ウィルの物語」(DVD第8巻収録)

2011.05.01 (Sun)
B0040ZVNJI黒執事 II 8 【完全生産限定版】 [DVD]
芝美奈子
アニプレックス 2011-04-27

by G-Tools

「そろそろイカせてあげましょう、ウィル。
私たちの始めての共同作業よ☆」


DVD第8巻に収録されたOVA「死神ウィルの物語」を見ました。
タイトルからも分かるように、今回のメインはウィル!
新人の死神たちの教育係に選ばれたウィリアムと、なぜかグレル…
なぜ人事はグレルを教育係に選んだんだかw
新人たちを見て、かつての自分たちを思い出すグレルに影響されて、
ウィルも新人のころの自分を思い出すが…

以下、ネタバレ感想です。
新人は研修の最後にある最終試験に二人一組で挑み、
合格することで一人前の死神になれるらしく、ウィルはもちろんグレルとコンビに☆
昔のウィルは前が見下ろしてたんですね~こっちの方が好きかも♪
グレルはグレルで髪短いし、かなり印象が変わりますね。

しかし、このときの二人は初対面で
オールBのウィルと、実技でAAAの成績を残した傲慢なグレルって事で、
グレルは完全にウィルを下に見ている様子;

最終試験にしたって、1ヶ月「魂の審査」があるというのに、
グレルは現状を見て、さっそく死んでよし!と決断しようとしたしw
しかし、審査を急ぐグレルを見て、
対象者に近づき、素性を曝露しちゃうだなんて…ウィルって(汗)
規則に書いてないからといっても、さすがにグレルにすら突っこまれちゃう事態!
かなり型破りな人かもですね…真面目な人だと思ってたのに;

実際、対象者トマスの小説を読んでみると、稀に見る小説だったのですが、
それを評価して彼を生かしておくというグレルを間違っているというウィル。
「何!?何なの!?この私が攻められる!
上から、下から、前から、後から!!何、何なのこの感覚!」

実技でAAAの成績を収めたグレルさんは、
攻められることがなかったようで、ウィルの攻撃に興奮!(爆)
「私たちの初めての初夜」ってこのことだったのか!(苦笑)

「彼がいようがいまいが、世界は変わりません」
ウィルは真剣にトマスを見ていたのに、何とも冷たい評価w
ま、死神とはそういうものかもしれませんけど…
しかし、その冷たい言葉にも腰砕けなグレル☆
「いっちゃった」といっていたのはウィルが去ったことをさしているのか、それとも(マテ

結局は、本当にトマスの魂を回収することにしたようで、
「トマス=ウォルスの記憶が私の中に!」
って、このセリフといい、シネマティックレコードが
触手のようにウィルの体に巻きついてきたようなのは、ファンサービスなのか(苦笑)
「嫌ね、人の体に火をつけておいて、そんなやつと遊んでるなんて」
まぁ、そこはグレルが助けてくれましたが、相変わらず直球に誤解されるこというんだw

「人の男に手を出してんじゃないわよ。この泥棒猫」
もうすっかりグレルにしては、ウィルは自分のもののようで、
仕事にもやる気が!(苦笑)
最後は力をあわせて送ってあげたわけですが、
グレルの「逝かせてあげる」を思わず「イカせてあげる」と変換してしまったよ。

死神にとって、メガネは命!
眼鏡課というものが存在したことに驚きましたけどね…えぇ。
あくまでも、死神は上からの命令で作業を淡々とこなすだけだというウィル。
相変わらずクールビューティっぷり☆
おかげでグレルのハイテンションが余計に際立ってました;
エェ、まぁ、グレルがいてからこその楽しい回だったんですけど♪

次のDVD9巻でOVAも終わりですね~。
最後は「蜘蛛の意図」ということで、トランシーサイドの話かな?
最後まで楽しみです♪


黒執事 II 9 【完全生産限定版】 [DVD]

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック