ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『Starry☆Sky』#20「~Episode Libra II~」

2011.05.05 (Thu)
「愛おしいと思う時間ほど、俺は失っていく…」

星月琥太郎@石田彰さん回の後半!
琥太兄の恋愛観というか、人生観が明らかに;
飄々と生きてるように見えて、実は結構重たいもの抱えてるのね…

何事も夢中になれず途中で投げ出していた琥太兄が見つけたたった一つの夢。
郁と有李のためにも、そして自分のためにもその夢を叶えたかったが…
「有李の病気を治したい、この手で。郁と有李がずっと一緒にいられるように」
そのためにも勉強をしていたのですが、
有李から告白されて…しかも本気だと知ってたじろぐ琥太兄…

「今の関係を壊したくない」「大切だからこそ壊したくなかった」
今の幸せな関係を壊したくないばかりに、何気ない振りしてかわそうとしたけど、
それでも引かない有李に、返事を待ってくれというのが精一杯だったようで;
あんなに大切にしてはいても、それはあくまでも妹みたいなもので、
女性としてみたことは一度もなかったようですね…
どうも有李はそんな琥太兄の気持ちを知った上での告白だったようですが~

「答えを先延ばしにして、時間が解決してくれることを待つことを選んでしまった」
琥太兄は逃げの一辺倒だったようで…(汗)
当然のように明日が来ると思っていたのに、時間が解決することなく有李はお亡くなりに;
有李は必ずしも明日が来るとは限らないと知っていたからこそ、
行動に出たのでしょうね…

「有李の気持ちを正面から受取らずに逃げた。そんな俺に人を愛する資格はない」
自分に人を愛する資格はないという琥太兄。
それは、きっと愛される資格もないと思ってるのでしょうね;
しかし、自分を慕ってくれる生徒を見て傷は浅い方がいいって…
告白されたでもないのに!って、でも月子の反応を見るとマジっぽいですね~。
でも、アニメでは恋愛まで発展してないのが寂しいw
辛い恋をするかしないか、決めるのは月子ですから!

「愛おしいと思う時間ほど、俺は失っていく。
このままでいたいと思っても、守ろうと思っても、結局俺は失ってしまう。
でもこれが俺に対する罰なら、それは一生かけて償い続けるだろう」

暗っ!琥太兄にとって生きるということは償いなのですね;
そんなの郁や有李だって望んでないでしょうに~
月子がその琥太兄の心を解き放ってくれるといいんだけど、アニメではそれはないのですね(涙)
うーん、今後、琥太兄を見る目が変わりそうです。

次回からは、宮地龍之介@神谷浩史さんのターン!
確か弓道部として出てきてましたが…
声は良いと思ってたけど、この人も攻略対象者だったのか。
第21話は 5月12日 16:00アップ予定。

Starry☆Sky vol.10~Episode Libra~ 〈スペシャルエディション〉 [DVD]星座彼氏シリーズVol.10『Starry☆Sky~Libra~』Starry☆sky ~in Autumn~ ポータブル (通常版)アニメ『Starry☆Sky』テーマソング 「Starry☆Days」

コメント

こんにちは!
このアニメも実に面白いです。琥太郎演じる石田さん琥太兄のエピソードは実に興味深いでした。有季と琥太兄のベッドでCD落下のイベントで有季の告白は良かったであります。お互いの気持ちを知りつつも後悔の無いように、それで亡くなってだなんてちょっと寂しいです。琥太兄も月子とは恋愛には発展しないのか、あくまでも償う気持ちが強い琥太郎、でも琥太兄は寝起きの月子の接ぐ不味いお茶をおかわりなんてふっ切れて楽しんでいる感じにも。なんかゲーム版を隣の部屋から拝借したくなりました。
>玄海灘さまへ♪
玄海灘さん、こんばんは。

> でも琥太兄は寝起きの月子の接ぐ不味いお茶をおかわりなんてふっ切れて楽しんでいる感じにも。
唯一の救いは、琥太兄が償いといいつつも、
月子といるときはなんだか楽しそうな点ですかね~。
各キャラを魅せるには、ちょっと時間が足りないので物足りない感もあるのですが、
ゲームではそのあたりも満遍なく網羅してるのでしょうな!
ぜひとも妹さんのゲームを拝借してプレイしてみてくだされ☆
声優陣が豪華なので私もゲームの方、惹かれるのですけどね~。
魅力的だけれど、結構暗い過去を持つ人たちが多いようなので尻込みしてしまいます;
面白そうなんですけどね…
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

これが俺に与えられた罰。俺には人を好きになる資格なんて無いんだ・・・。~EpisodeLibra I~「どんな辛い記憶でも、俺にとっては宝物なんだ」星月琥太郎は、14歳の時、姉の琥春に...
 琥太郎もかなり過去を引きずっているのですね。郁への対応を見ているともっと冷めているのかと思っていました。