ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『銀魂』#211「墓場で暴れるのは幽霊だけでない」

2011.06.06 (Mon)
「ワシはその頃の次郎長ともう一度会いたいんです」

かぶき町での戦争を避けるために、
四天王内で騒ぎを起こした勢力をさん勢力で持って潰すことが決められたが、
「ただ、どうもタイミングが悪すぎるんだよ」
お登勢が不安がっていたように、平子によってすでに騒ぎが起きていた。
「お嬢、例の件なったようで」
というのも、平子は次郎長の娘だったらしく、
どうやら四天王で何が話し合われるか、その内容すら知っていた様子。

「もう一度天下を取らせて、俠を、キレイなお花を次郎長に咲かせてあげたいんです」
かつて、自分を育ててくれたオジキは次郎長のことを「本物の俠」だといっていたらしく、
かつての次郎長と会うべく、どうやらこの騒ぎを起こしたらしい。
ただ、どうも母子ともども捨てられたという、微妙な間柄のようですね;

次郎長に天下を取らせるべく、まずは騒ぎを起こしてお登勢を狙ったようだけど、
銀さんサイドから喧嘩をふっかけてきたように見せるためるため、
わざわざ犬好きな黒駒勝男を刺すとわね…
とっさに、問題を起こさずこの場を何とかするために銀さんは勝男を助けに行ったけど、
時間をとられたため、お登勢さんのほうは間に合わず~。

「お登勢、この街から出て行け」
どうやら次郎長とお登勢は因縁があるようで…
なにげに助けてくれようとしてる節も?
かつてこのかぶき町を岡引の寺田辰五郎と侠客の次郎長が守っていたようですが、
かつては美人だったお登勢を巡って、恋敵に?
どういう因果か、なぜか次郎長が辰五郎を殺すはめになったようで、
平子としては、自分たちよりも次郎長がお登勢を大事にしているという思いがあるようですね。

「私だけで終わりとしてくれよ。
あいつらは何の役にも立たない…ただの私の家族さ」

しかし、お登勢さんはこの場をおさめるためか、
自らが犠牲になり、みなを見逃してもらう選択をしたようで;
銀さんが駆けつけたときには、すでに辰五郎の墓に寄りかかるようにぐったりしてて…

それを見てプッツンした銀さんが、次郎長に木刀で斬りかかったけど、
あの銀さんぐらいのやつはゴロゴロいたですって!?
マジモードの銀さんの木刀の動きについてくるし、木刀を破壊するわで強い!
「消えな番犬。もうここには、てめーの護るべき主人は何もねェよ」
最後は銀さんの腕に剣を突き刺して、グーで殴って吹っ飛ばした!(汗)

「この先は、あんたの代わりに護ってやるってよ」
ここは始めてお登勢と出会った場所であり、銀さんが勝手に約束した場所でもあるのに、
ここで負けて、約束も守れなかっただなんて;
お登勢が一人倒れたところで、事が収まるとは到底思えず~
ましてや銀さんがここで引くわけがない!これからまた騒ぎが大きくなりそうですね。

西郷は息子が人質にとられたっぽいですが、
事の発端は、平子が華陀に乗せられたのか、華陀が平子に乗せられたのか…
まぁ、普通に考えたら…ね…。。。
しかし、EDがいつも以上にいい曲に思えたね!

銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)桃源郷エイリアンサムライハート(Some Like It Hot!!)銀魂BEST2 【期間生産限定盤】

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

6月9日 銀魂&キリン杯チェコ&遺留捜査 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10914386874/4c463f3a
は四天王の第2回だったけど ピラ子に裏切れが探しも &次郎長の対峙も良くて &次郎長のバトル最高だ
お登勢さん・・・・・ 感想書くのがこんなに辛いと思ったのは初めてでさァ(´;ω;`) 第211話感想 涙腺決壊しながらいきます!! (next ´ゝ∀・`)ノ**☆**:;;;;;:**☆ここからスーパー“銀時マジギレ”タイム
あらすじはあにてれ銀魂から溝鼠組の構成員に手を出し窮地に立たされた銀時らは、全ては次郎長にかぶき町の天下をとらせるための策略に巻き込まれたことを知る。そして黒駒勝男も属...
「あいつら、何の役にも立たない、ただの、あたしの家族さ」 ま、まさか、お登勢さん・・・(´;д;`)ブワッ そんなの聞いてないからーーー(涙)  ↓  ↓
第211話「墓場で暴れるのは幽霊だけでない」 公式HPよりあらすじ 溝鼠組の構成員に手を出し窮地に立たされた銀時らは、全ては次郎長にかぶき町の天下をとらせるための策略に巻き込まれたことを知る。そし...
いつになくシリアスになってしまった
私闘を禁ずるという提案に乗ることになったかぶき町四天王! それが建前で実際のところは溝鼠組を潰そうと目論んでることは明白だけど、次郎長はそんなことは当に把握済みでどちらかというと別のことを思案し...
椿平子は次郎長の娘だったのか。何か隠してるとは思っていたけどそういう展開か。でも出生とか次郎長からの仕打ちなんかを考えると言ってることをそのまま受け取っていいのかな?とは思ったり。さらに何かしら...
オダギリジョー顔負けのおしゃれ7:3アニキぃー!。゚(゚´Д`●゚)゚。 アニキのおしゃれ7:3ずっと忘れない! ハゲ対策にローテーションで分け目変えてることも・・・(´;ω;`)ブワッ あと、「アゴ美」に「美」をつけるのも忘れないでw みんなヒゲ濃...
「墓場で暴れるのは幽霊だけではない」 あいつら 何の役にも立たない ただの、私の家族さ 自分一人で十分だろう… 銀さん達を護ろうとするお登勢の言葉が凄く切ないですね(´・ω・`)   家賃を滞納されながらも なんやかんや言いながら楽しく過ごしてきた...
第211話 「墓場で暴れるのは幽霊だけでない」 「消えなわんころ。もうここにはてめぇの護るべきもんはなんにもねぇよ」 銀さ~ん(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!! なんてシリアス展開…
騒ぎを起こせば・・・4すくみの恐怖、四天王編の続き(´ー`)
展開・・・早くね?(汗 しかし、大人のドラマだな~。 何と言っても次郎長・菅生さんが渋い!!! もう菅生さんの声だけで、飯3杯イケる!(笑) そして、 銀時の狂気!! ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。