ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『銀魂』#212「侠の鎖」

2011.06.13 (Mon)
「あなた達をこの街に縛り付けるものは同じ」
譲れない大切なもの。

かつての「本物の俠」といわれた次郎長を見るため、
彼をかぶき町に縛り付けていたお登勢を、次郎長自ら切るよう仕向けた平子。
「平子よ。次郎長の目にはそちの姿など映ってはおらぬぞ」
それもこれも華陀がいうように、父に自分を見てもらいたいからなのか?
平子はわざわざ次郎長がお登勢を斬るところを見ていたようですが、
止めを刺さなかったのを見て、彼がお登勢を巻き込むまいときったのだと判断した様子;
次郎長も否定しなかったから…
お登勢は重傷だったものの、平子の推理は当たっていそうですね。

「あなた達をこの街に縛り付けるものは同じ。
たった一人の男と交わした、たった一つの約束。己が定めた鉄の誓い。侠の鎖」

そして、銀さんと次郎長を見て、二人を街に縛り付けるものは同じものだという平子。
次郎長は自分をかばって生きも絶え絶えな辰五郎に
「…次郎長…お登勢を…あの街を…頼む」かぶき町とお登勢を託され。

「この先は旦那の代わりに、俺が護ってやるよ」
銀さんは、勝手に辰五郎の墓にお登勢を護ってやると約束しちゃいましたものね;
しかし、次郎長は銀さんと違って街を守るのに、
それまでずっと抱えていたものを捨て、別の力という道を歩き出したようで…
いや~それにしてもほんのちょっとの付き合いなのに、平子ってばよく分かってる~。
そして、なんだかんだいいつつ銀さんがやってくることも分かってましたね。

「もう俺達は赤の他人。各々好きにやりゃいい。俺も好きにやらせてもらうぜ」
銀さんは表向きは店をたたむ意向を、みんなに伝えて非難ごうごうだったけど、
いざ決戦前となると、皆考える事は同じで。
むしろ一人ことに挑もうとしていた銀さんは、怒られちゃいましたね;

「私たちはあなたを信じています。ダカラ今度ハ私達ヲ信ジナサイヨ」
いつも銀さんに護られてばかりだったけれど、
みんなだって守られてばかりじゃありません!
みんなで護ってきたこの街&居場所なんです、みんなで守らなきゃですよね。

「一緒に護りましょう。オ登勢サンノ…私達ノ居場所ヲ。
私たちを引き合わせてくれた、この街を───」

お登勢さんを守りきれなくて、ちょっぴり臆病になってしまった銀さんでしたが、
みんなに後押しされて、辰五郎さんに再びみんなで揃って約束しましたね!
「アンタの大切なモンはおれたちが必ず護る」
護りきってもらおうじゃないですか♪

息子を人質にとられた西郷と、次郎長一家を率いた平子がやってきたけれど、
「我等お登勢一家、仁義を通させてもらいやす」
敵を囲んで担架切っちゃったよ!
数では負けてますが、
「かつて絆を深めたあいつら駆けつける!!」ってことで伏線はバッチリですね☆(ぁ
十手を持つ銀さんってのもなかなか様になってますね♪

銀魂―ぎんたま― 35 (ジャンプコミックス)桃源郷エイリアンサムライハート(Some Like It Hot!!)銀魂BEST2 【期間生産限定盤】

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

2011/06/20 放送分 総評! ↓クリックすると上記イメージが切り替わります。 Image01 Image02 Image03 Image04 Image05 Image06 Image07  ホスト神剣w 歌舞伎町全てのゴミを殲滅するま...
6月16日 銀魂&ガンバ負け&遺留捜査 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10920443990/8f8e2b5c
は四天王の第3回だったけど ピラ子が語る&次郎長は良く 止める&凄く良いし  達の仁義スタートで終わって を見た西郷の顔が最高だけど ...
銀魂に登場する人達は 皆かっくいいなーと改めて感じました。 第212話感想 天パと眼鏡に惚れ直しつついきます!! (next ´ゝ∀・`)ノ**☆**:;;;;;:**☆ここからスーパー“二人ともほんとに愛してる”タイム
第212話「侠の鎖」 公式HPよりあらすじ 次郎長をかぶき町に妄執させていたお登勢が消え満足する平子。彼女がいなくなり四天王勢力の均衡が崩れた今、かぶき町では戦争が始まろうとしていた。一方、お登勢...
たった一人の男と交わした約束、鉄の男の誓い、侠の鎖。「侠の鎖」あらすじは公式からです。次郎長をかぶき町に妄執させていたお登勢が消え満足する平子。彼女がいなくなり四天王勢...
2011/06/13 放送分 総評! ↓クリックすると上記イメージが切り替わります。 Image01 Image02 Image03 Image04 Image05  色々と人間関係が見えてきた。 まさに戦闘準備という感じの回で...
銀魂' 第212話 「侠の鎖」 評価: 脚本 大和屋暁 絵コンテ 宮原秀二 ...
雨の中の戦いが終わって
協定を結ぶといいながら裏で手を組んでいたのは平子と華陀だった!! 平子は次郎長に天下をとらせるために利用し、華陀は抗争を引き起こすために平子をたきつけて利用したというわけですか…どっちもどっちで腹...
銀さんとお登勢さんの病室での会話やお登勢さんの旦那さんの十手を持ちだそうとしたところでの新八の長セリフやら神楽たちが集結するとこなど今回は見せ場の多い全編シリアスな銀魂だった。 あれだけ普段馬鹿...
「侠の鎖」 その薄汚ねぇ豚足で一歩たりともここに入るんじゃねぇっつてんだ! 銀さんかっこいいよ銀さん(*´ω`*) しかし、銀さんのここぞとばかりの力はハンパないものがありますね((゚m゚;)  引き戸と人四人吹っ飛んだ(゚Д゚*) 各々の護りたいものが大...
笑い、一切なし!! これは、銀魂をずっと見てないとついていけないだろうな~~。 お登勢と、よろず屋と、その仲間の絆をちゃんと見てきていないと・・・。 あとは、ピラ子が次 ...
第212話 「侠の鎖」 「ありがとうよ、旦那。こんなくそったれどもと会わせてくれて」 たま、まんじゅう食べても大丈夫なのか?
誰のための町なのか。