ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『GOSICK -ゴシック-』#23「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」

2011.06.25 (Sat)
「炎よ、燃えろ…燃えて、あの子の未来を照らし出せ…!」

1925年、、初春。
ドイツがポーランドに侵攻する中、
科学アカデミーの働きにより、ソヴュールは戦争に参加しないと表明する。
だが、モンストル・シャルマンを手に入れたブロワ公爵がとうとう動き出す!
うつろな目をして、チェスをさすヴィクトリカの姿がなんとも…。。。

「この戦争は未来の世界地図を大きく変えるもの。
この戦いに加わらなければ、ソヴュールの国力は間違いなく低下する」

形見箱などをもって、ロジェが灰色狼であることを皆の前で曝露し、
彼がセイルーン王国復興のため、戦いに加わらないといっていると糾弾!

ロジェは立場をなくし、逃走しちゃいましたが殺しはされませんでしたね。
しかし、おかげでこれで国王陛下を手中におさめたも同然!
王妃の一件もヴィクトリカの全て聞いたのか、
それともある程度予想がやっぱりついていたのか、それでも脅してきて
「全て義のためなのですから」って国王操り始めた!(汗)

「今ではこの国全体がオカルト省の僕」
ヴィクトリカを、モンストル・シャルマンを手に入れてからというもの絶好調のブロワ。
怪物を手に入れたおかげで、勝利を確信した民衆は好戦的になり、
すっかりオカルト省よりになってしまった様子(汗)
何もかもヴィクトリカ様々なのだけれど、相変わらずヴィクトリカの扱いはぞんざいで;

「オカルトは人の心を動かせる」
「いのままに操れる傀儡を作り出す。いつかのリヴァイアサンに踊らされた自分自身のように」

虎の威を借る狐状態なんだけれど、開き直っているのか、
ヴィクトリカが痛いところついても、全く聞いてないようですね(汗)
利用できるものなら、なんでも利用するタイプか…
しかし、ブロワの考えるホムンクルスは厄介といえば厄介ですが…心強いか?

グレヴィールにはこうなって欲しくないのだけれど…
父のいいなりになるがまま、久城を祖国に帰してしまったようで;
モンストル・シャルマンを讃えるうさぎの被り物してる連中に混ざって、
ヴィクトリカを助けてくれるのを期待していたのですが、徴兵され北国に行ってるようで;
しかも親が偉い人だから、そこそこの偉い人にいびられてる様子…

「僕には君がくれた指輪がある。この指輪は僕に力をくれる」
指輪をつけていた鎖を上司に見つかりボコボコにされたけれど、
それでも決して手放しませんでしたね…
身につけておきたい気持ちは分かるけど、次から別のところに身につけようぜ…
しかし、こんなのも乗り越えられるのはヴィクトリカからもらった指輪があるおかげ!

「このペンダントは私に力をくれる。
どんなに離れていてもここに君がいなくても、私は───」

一方、王宮の地下に閉じ込められたヴィクトリカも同じ気持ちだったようですが、
ドリルの帰宅後、扉を開けてやってきたのはママンとブライアン・ロスコーだったのか!?
く、久城は~!!(汗)

「今のこの国は、未来への約束を持たない。
そこにあるのは、アルベール。君の嘘に濡れた破滅の契約だけだ」

ブロワ公爵の首相就任式典の見世物として、
モンストル・シャルマンをお披露目し、自分の権威を高めようとするブロワでしたが、
ヴィクトリカがコルデリアと入れ替わり、それをぶち壊しにかかった!

「これ以上、お前の手で娘をもてあそばせはしないぞ、アルベール!」
全ては娘のために!
コルデリアの思いを遂げさせるために、優しいブライアンも付き合うことにしたようですが、
「お前のためではない!お前を失うくらいなら自害するとコルデリアが泣くからだ!
泣くからだ!涙も流さずに、嗚咽も洩らさずに泣くからだ!」

ヴィクトリカを逃すため、
馬車を走らせたブライアンの方はしぶしぶ手助けに協力しただけのようで…

「しかし俺は違う。コルデリアの涙の根源を立つ。お前をここで殺す!」
コルデリアの思いはある程度通じていたんでしょうけど、
冷たいブライアンにとっては、それでもコルデリアが一番大切なようで、
ヴィクトリカを殺そうと動き始めた!?

一方、首相就任式典の方では、コルデリアがブロワ公爵を刺したものの、
そのコルデリアもいつぞやの双子のばあさんにやられちゃって…
あのばあさん、そんな機敏に動ける奴だったのか;
ブライアンも背中から刺されてたし、大丈夫なのかしら;

ここはコルデリアのためにも、ヴィクトリカは無事であって欲しいけど~
ヴィクトリカのピンチに、久城が駆けつけるのは無理そうなのですが…
自力で切り抜けるのか、ドリルか誰かが助けに来てくれるのか、不安だな。
いずれにしても、次回で最終回。
二人が再びめぐり合う事は確実なはず!たぶん、きっと!(ぁ

しかし、今回は主人公たちそっちのけでママンたちが大活躍でしたね(汗)
優しいブライアンには死んで欲しくないけど、
予告の感じだとコルデリアとともにいってしまうのかな…。。。

GOSICK-ゴシック-BD版 第12巻 [Blu-ray]GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)GOSICK 知恵の泉と小夜曲(セレナード) 「花降る亡霊は夏の夜を彩る」GOSICK ORIGINAL SOUNDTRACK SECOND SEASON

コメント

こんばんは!
ジャスタウェイさん こんばんは♪

最終回直前、凄い展開になりましたね
ラストはバトルアニメになっていましたし!
でも やっぱり 詰め込んでる感じですね
ロジェの失脚とか アッサリ過ぎるような…
ヴィクトリカが持っていた切り札も、ブロワ公爵に使われちゃいましたし(汗)

>グレヴィールにはこうなって欲しくないのだけれど…
何かしてくれると期待しているのですが
ジャクリーヌの事も裏切る形になってしまいましたね…
言いなりになってる事に 迷ってる場面もあったので
最後にカッコ良い所を見せて欲しいです…!

>今回は主人たち達そっちのけでママンたちが大活躍でしたね(汗)
ホント大活躍してましたね~
コルデリアって戦いの方も凄いのですね!
でも、ブロワ公爵に剣を突き立てるも やられてしまい
一緒に戦っていたロスコーも刺されて…
どうなってしまうのか心配です!
今回のロスコー二人を見ると、性格の違いが良く分かる感じですね
出来れば退場して欲しく無いです…

今回は何も出来そうにない一弥ですが
ヴィクトリカと再会出来ると信じたいです!
どんな再会になるのか…
最後までしっかり見届けたいと思います
ではでは、失礼しました!
>流架さまへ♪
流架さん、こんばんは。
ビックリするほどの怒濤の展開でしたね!(汗)
いつからバトルアニメになったんだろう…
しかもコルデリア、意外と戦えるし!

> ロジェの失脚とか アッサリ過ぎるような…
形見箱とかこれまで意味深にしていたわりに、
ロジェの失脚とか、色々あっさりしてましたね。
まだ原作の方が出てないので、端折ってるかどうか正確には分かりませんが、
まぁ、きっと端折ってるんでしょうな…あぁ;

> 言いなりになってる事に 迷ってる場面もあったので
> 最後にカッコ良い所を見せて欲しいです…!
本当、ドリルには最後格好いいところを見せて欲しいです!
このままだとジャクリーヌに嫌われてしまう!人妻だけど;
ブロワ公爵も死んじゃいそうだし、最後は素直になって欲しいですね。
そしてできることなら男らしい、格好いいシーンが欲しい☆

> 今回のロスコー二人を見ると、性格の違いが良く分かる感じですね
> 出来れば退場して欲しく無いです…
ロスコーは退場して欲しくないですが、
もしコルデリアが危なそうだったら、コルデリアを選びそうで心配です;
できることならみんなそろってハッピーエンドを迎えて欲しかったんですけどね。
ちょっとそれが難しくなってきちゃって…
冷たいロスコーにはヴィクトリカを殺すのをとどまって欲しいですが、どうなることか;

> 今回は何も出来そうにない一弥ですが
> ヴィクトリカと再会出来ると信じたいです!
次回も久城が何かできるのか、怪しいところですね(ぁ
いつもはヴィクトリカのピンチを救ってくれたので、
今度はヴィクトリカが久城のピンチを救うというパターンもあるかもですが、
何はともあれ二人が再会してくれないと!
最終回、楽しみですね。
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

GOSICK ゴシックですが、時代は世界大戦へと突入していきソビュール王国でもブロアの国王陛下の前でのクーデター騒ぎも起こります。ヴィクトリカはブロアの掌中にありますが、自分の娘の耳を噛み千切るなど残忍な男です。 久城一弥も丸刈りで帝国軍人として上官に殴られ
脚本:岡田麿里/絵コンテ:タムラコータロー/演出:中村里美/作画監督:田中誠輝 三輪和宏世界大戦の気配が漂う中、国王ルパート・ド・ジレは科学アカデミー長官ジュピター・ロジェの働きにより、国民に目を向け戦争には参加しないと表明するも、その席でアルベール・...
ブロワ侯爵はヴィクトリカから奪った形見箱を使ってロジェの正体を暴き、ロジェは逃亡。ロジェが失踪したことで科学アカデミーも消滅した。 戦争に向けて軍備を進める侯爵。ヴィクトリカをモンストル・シャ...
ブロワ侯爵の策略によって、科学アカデミーのジュピター・ロジェは失脚。ソヴュールは戦いへの道を歩き始めました。ジュピター・ロジェの尽力により、ソヴュールは戦いを拒
おやおや、このソビュールがある世界ではWW2の発生が10年以上早くなってしまったようですね。結局、1925年にドイツがポーランドに侵攻して始まってしまったようです。で、ソビュールはドイツと組んで世界大戦を乗り切る予定のようですね。しかも、ソビュールの政治はブ...
 GOSICK  第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』 感想  次のページへ
さ、最後どうなるんだこれ・・・
チェックメイト、それは人生のチェックメイトなのか、世界のチェックメイトなのか?
1925年でもうドイツがポーランド侵攻。ちょっと待て、史実より14年も早いんだけど。戦争戦争ってずいぶん先だろうと思っていたら、凄く前倒しで来ました。  ブロワ侯爵わが世の春。件の形見箱で科学アカデミーのジュピターロジェを失脚。更に王からの信任を獲得し、
ここには、キミがいない――― けれども、この指輪(ペンダント)はボク(私)に力をくれる―――― さすがにクライマックス。 話の規模がどんどん大きくなる「GOSICK―ゴシック―」第23話の感想。 終盤の超展開? HAHAHA、ボンズさんにはよくあることだよ。
一弥は帰国させられヴィクトリカは幽閉されてしまう ソヴュールはブロワ侯爵の意のままに動いていく
第23話 「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」 今回はかなりぶっ飛んだ回と聞きましたが、どんな感じでしょうか? ソビュールの過去とかくキャラの動きについて、チェスに例えて説明がひたすら。 ヴィクトリカの親父はこのころから活躍していたのか。 ジュ...
その手を決して離さないように。二人をつなぐ絆の証。「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」あらすじは公式からです。オカルト省の地下に囚われたヴィクトリカ。折しも、ヨー...
GOSICK -ゴシック- #23 灰染めのチェスにチェックメイトを告げる 271 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 01:49:23.58 ID:DwnHJ1g40 ママ強すぎワロタw 277 ...
ブロワ公爵「計画通り(ニヤリ)」 今話はコレに尽きるの一言だけどラストもそれっぽい終わり方だったので正直黒幕役としては微妙じゃないのかな(笑)と思ってしまったGOSICK第23話。
己の魂を守るために。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」23話 ママン無双の巻。 ホムンクルスとはつまり…意のままに動かせる人形、か。 ブロワ侯爵にとっちゃ、自分以外の全ての人間がホムンク...
坊主(´・ω・`)
ブロワ侯爵はロジェが灰色狼である事を暴露し、戦争の回避も国家の為ではなく、ソヴュール王国を戦争に参加しない事で没落させ、乗っ取るつもりだったと猜疑心を煽り、失脚させま ...
始まる第二次世界大戦------------!!国王の挨拶に拍手をする者たち。彼を導いたのはロジェ。だが、そのロジェの正体を明かすブロワ侯爵。彼は灰色狼の者。身分を偽り、先王に取り入っ...
GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第3巻(2011/06/24)悠木 碧、江口拓也 他商品詳細を見る 炎よ、燃えろ。燃えて、あの子の未来を。 「GOSICK-ゴシック-」第23話のあらすじと感想です。 照らしだせ。 ヴィクト...
壮絶な展開にビックリです。 最早ミステリの面影すら無いwww
あまりの急展開に驚くばかり。 戦闘力の高さと見た目は一致しません! オカルト省の地下に囚われたヴィクトリカ。 折しも、ヨーロッパには2度目の世界大戦の嵐が吹き荒れ始めていた。 戦争を望む...
「これ以上 お前の手で娘を弄ばせはしないぞ アルベール!」 ヴィクトリカを助けるためにコルデリアがついに動く――! ソヴュールはブロワ公爵の思惑通りに 戦いへと……    【第23話 あらすじ】 オカルト省...
ブロア侯爵はヴィクトリカから奪った切り札、 ジュピター・ロジェの誓約書を使いロジェを失脚させる。 第二次大戦が始まるため久城も徴兵され北方で訓練し 糞みたいな上官に理不尽に殴られる日々。 だけどヴィクトリカから貰った指輪だけはどんなに殴られても死守し...
GOSICK 第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』 ≪あらすじ≫ ヴィクトリカがオカルト省に連れ去られ、久城一弥が強制帰国させられて時は流れた。1925年初春、今まで王宮で実権を握っていた科...
役者は全員揃った 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106250001/ GOSICK ORIGINAL SOUNDTRACK SECOND SEASON posted with amazlet at 11.06.22 中川幸太郎 日本コロムビア (2011-06-29) 売り上げ...
ヴィクトリカが占い師になってる~・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ アブリルがイギリスに帰っちゃう~・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ セシル先生が失業した~・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ 久城一弥は・・・誰ー!??(゚д゚;) ひどいよ~可哀想だよ~蛍の墓...
炎よ、燃えろ。 燃えて、あの子の未来を照らし出せ――。 主人公そっちのけで送る歴史大河作品(苦笑) どうしてこうなった? の急展開でございますー☆  ▼ GOSICK -ゴシック- 第23話 「灰染めのチェ...
GOSICK-ゴシック- 第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」です
 今までとガラっと変わった雰囲気に驚きました。
約束が作り出す明日のために… どうも、管理人です。この季節になると、布団の上に寝転がっただけで暑いのでたまらん…。それでは、感想です。 コルデリア:「その手を離してはいけない」 アルベールの手に落ちたヴィクトリカは、モンストル・シャルマンと
第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』 もしかして…GOSICKって、“久城くんの走馬灯の物語”なんじゃね? 原作の冒頭が、とんでもなく不吉な始まり方してるんだけど これどうするツモリなんだ...
白のキングはナイトに守られ、緩慢な勝利への動き。 しかし黒のルークに灰がさし、チェスボードに変化が生まれはじめる。
ヴィクトリカを救う。ただそれだけのために。 →「GOSICK」公式サイト GOSICK 第23話感想です。