ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GOSICK -ゴシック-』#24「死神の肩越しに永遠を見る」(最終回)

2011.07.02 (Sat)
「私はママンの魂、そして君は私の心臓」
心臓である君が死んでしまえば、私も死んでしまうのだから。

とうとう 『GOSICK』も最終回!
娘を助けるために、ロスコーとともにブロワ公爵に挑んだコルデリア。
彼女の思いを受取って、もう一人のロスコーもヴィクトリカに動いていたが、
コルデリアを自分たちだけのものにしようと邪魔な子狼を始末にかかる。
「私は生きたい!!」
けれど、ヴィクトリカの生きたいという強い思い、その眼差しが、
自分たちが恋焦がれたコルデリアと同じだったため、
隙をつかれて(?)、自分が崖下に落ちちゃいましたね;
死んでなくてホッとしましたが、かなりの重傷…

「逃げると決めたのなら、どこまでも逃げ延びてみせろ。
そのモンストル・シャルマンの頭脳を使って」

しかし、ここにきてグレヴィールのいいシーンを見れるとは!
もう半分は諦めてましたよ!
ヴィクトリカを見逃してくれましたね♪
父の死の知らせを受けたのはそのあとのようだったし、
ちゃんと自分の意思で、父をこわがらずに決断できたようですね。

ジャクリーヌは人妻だから、ドリルの恋は叶わないでしょうけど、
「グレヴィールはやっぱり変わっていなかったのよ」
彼女にそういわれたのは、よかったのではないでしょうか☆
昔はね~彼女もグレヴィールの事が好きだったらしいのに…あぁ~。。。
最後は妹から解放されて、髪を解いたグレヴィールが見られてニヤリ☆
いや、あのドリル髪をなでる仕草がなければもっと格好よかったのに(苦笑)

「俺はお前を殺したかった。そうすればコルデリアには俺たちしかいない。
俺たちだけのために生きてくれると」

ロスコーのコルデリアへの愛情は、本当に一筋で…
このときばかりは、コルデリアがヴィクトリカ一直線なのが恨めしく思っちゃったよ;
母にも村にも見捨てられたロスコーにとって、光は彼女だけだったんですね。

「お前は生きろ。それがコルデリアの願いだ」
けれど、最後は死期を悟ったのか、
それともヴィクトリカにコルデリアと同じ光を見たためか、
ヴィクトリカに生きるよう、最後の言葉をかけてくれましたね…。
ここで冷たいロスコーもお亡くなりになろうとは…

葬儀の際に注目されちゃって、身元がばれたかと思いきや、
ヴィクトリカの髪は銀髪に!?
ちょっと夜で暗い色合いだったから、そのときは分かりにくかったけどね~。
その後、なぜかロジェが久城からの手紙をヴィクトリカに渡してくれて☆
って、なぜロジェだったんだろう…
そのあたりは、いずれ出る小説を読めば分かるのかな?
確かにロジェは生き延びてたけど、ちょっとここは唐突すぎたぞ;

「あなたはここ王妃を殺していない」
ロジェが再びソヴュールに戻ってきたのは、
陛下が殺したのが王妃でなかったことを伝えるためだったようで。
「お前は王宮に戻り、私の隣で働き続けろ」
しかし、王様一人でやっていけないから、彼の企み(?)がなんであろうと構わず、
隣に置くことに決めたようですね~。
ま、彼に本当に企みを持ってるかどうか怪しいところですが。

なんだかんだいいつつ、ロジェのおかげで久城の日本でも住まいを知ったヴィクトリカは、
日本にやってきて、久城を待つ日々を送っていたようですね!
そして、1929年春、ようやく迷いのない足取りで、久城がヴィクトリカの前に!!
って、丸4年もたってるよ!(汗)

「でも不安はなかった。いつもヴィクトリカが、久城が隣にいたから」
しかし、4年ぶりにあったというのに相変わらず二人は相思相愛で☆
年月を感じませんでしたね~。
久城は多少成長したものの、ヴィクトリカは髪色以外は全く変わってない感じで♪
さすがに戦後なのに、「綺麗な異人さん」と友好的に周りが接するのは違和感を感じましたが、
まぁ、二人が幸せそうな雰囲気を壊したくないしね~。

最後は、焼け野原をヴィクトリカがウェディングドレスで歩いていていく感じで♪
「世界がどう変わろうとも、これきり離れるものか」
今後は、二人離れ離れになる事はなさそうですね!!
結局、最後の方は久城は活躍することはなく~
ただただ、耐え忍ぶ日々。(って、待つヴィクトリカも耐え忍ぶ日々だったろうけど)
ハッピーエンドだったけど、劇的なハッピーエンドではなかったな…。。。
元気よく抱きついて再会するような、そういうのを想像してたよ。

あ、ペンダントに入っていた久城のイラストは、
原作者の桜庭さんが書いたようですね。ED見てビックリしました(苦笑)
あとは、原作小説の方を頑張ってください!!

全体的に、話を詰め込んだ感があって、
推理モノというよりも、ヴィクトリカと久城の物語といった方が無難でしたね。
特に、最後の終盤は事件もへったくれもなく、まさにそのとおりでしたし。
バトルものになったときは「えぇ!?」って思いましたけど…
最後は、何とか丸く収まってホッとしました。
まぁ、何というか…グレヴィール好きとしては、彼の出番が少なくてちょっぴり残念でした!
思わずロスコーLOVEに乗り換えようかと思ったもの!(マテ

制作に携わったスタッフ&キャスト様に感謝を。
2クールという長い間、お付き合いしてくださった皆様もありがとうございました。
また今後もお付き合いよろしくお願いします☆

GOSICK-ゴシック-BD版 第12巻 [Blu-ray]GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)GOSICK 知恵の泉と小夜曲(セレナード) 「花降る亡霊は夏の夜を彩る」GOSICK ORIGINAL SOUNDTRACK SECOND SEASON

コメント

こんばんは!
ジャスタウェイさん こんばんは♪

ついにゴシックも終わってしまいましたね
このまま離れ離れでラストになったら…と
色々と心配しましたが、ちゃんと再会する事が出来て良かったです♪
…出来れば一弥の方からヴィクトリカを迎えに行ってくれれば…とも思いましたが(ぁ)
しっかり手を握る二人の姿が見れたので良いかなと!

前回のバトルはアッサリ終わっちゃいましたね
ブロワ公爵の事だから最後まで粘ってくるのかと思いましたが…
しかし、ロスコー二人ともお亡くなりになったのが残念過ぎです!
どちらからも生き残ってくれればなと
まぁ 残されたら それはそれで酷なのかもですが…

>って、なぜロジェだったんだろう…
このシーンは色々と疑問な感じですよね
二人に繋がりは無かったはずなのに~
きっとロジェに手紙が渡った事に関しては
色々裏で何かあったんでしょうけど
いきなり過ぎて どういう事なのか(苦笑)
ちょっと苦しい展開だったような…

最後にグレヴィールのカッコ良い所が見れて良かったです!
やっぱり ちゃんと助けてくれましたね
髪の毛下ろした姿も見れましたしw

新アニメ、ご一緒出来る作品があれば
また宜しくお願いします!
ではでは、失礼しました!
>流架さまへ♪
流架さん、こんばんは。
何とか無事、二人が再会してのハッピーエンドにおさまりましたね♪

> …出来れば一弥の方からヴィクトリカを迎えに行ってくれれば…とも思いましたが(ぁ)
そう、確かにそこは思いましたが;
なぜ今回ばかりは久城が助けに来るパターンじゃなかったんだろう…
でも、手をしっかり握って、離れまいとしている幸せな二人の姿はよかったですね~。

> しかし、ロスコー二人ともお亡くなりになったのが残念過ぎです!
せめて優しい方のロスコーだけでも!
と思ったのですが、ヴィクトリカの横で眠ることにしたようですね~。
本当、残念ですが、ヴィクトリカとともにいけたのは本人にとっては幸せかもですね;
ちょっぴりヴィクトリカと一緒だった船でなくなったほうは可哀相な気もしましたが…
あの世で、3人で会えてるといいなと祈るばかりです。

> きっとロジェに手紙が渡った事に関しては
> 色々裏で何かあったんでしょうけど
そこまで描く時間がなかったんですかね(苦笑)
他に方法はなかったのか、ちょっと悔やまれますが…
意外なことにロジェの方も丸く収まったようで、ちょっとビックリしました。

> 最後にグレヴィールのカッコ良い所が見れて良かったです!
最後は、さりげなく(?)助けてくれましたね♪
ちゃんとグレヴィールの活躍もあってよかったです~。
最後は髪を下ろした姿も見れましたし、彼も人生やり直せますかね。

来期は、どの作品をレビューするか全くの未定ですが、
また何かご一緒したときはよろしくお願いします。
2クールお付き合いありがとうございました!
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

本当は短くでもいいから各話毎に書いておきたかったんですが、そうもいかなくなってしまったので、最終回を機に残りの分もまとめて全体の感想いうことで(汗)。 ともかく、ハッピーエンドで本当によかったです。ヴィクトリカと一弥の再会シーンからはちょっとウルウルし
何とか時間を取って、GOSICKの最終回を視聴しました。一弥と別れたヴィクトリカが、まさか自ら日本まで行くとは驚きました。でもヴィクトリカの髪が金髪から白髪になってし
脚本:岡田麿里/絵コンテ:和田純一 三條なみみ/演出:和田純一/作画監督:松田剛吏 富岡隆司ブライアン・ロスコーの片割れに命を狙われたヴィクトリカ・ド・ブロワは、必死に命乞いをする。以前のヴィクトリカは死を怖れなかったが、久城一弥と出逢い、母コルデリア...
ヴィクトリカの命を狙うブライアン(B)だったが、久城との再会の日まで生きたいと懇願するヴィクトリカにコルデリアの姿を重ね、ヴィクトリカの逃亡を手助けすることにする。 2人は船に乗り込む時にブロ...
「遅いぞ、“春来たる死神”――――」 今期トップクラスの純愛作品、堂々の完結。 細かな点はさておきハッピーエンドな結末に満足の「GOSICK―ゴシック―」最終話の感想。 なんだかんだで2クール観続けた甲斐はあったと思う。 ※2時間かけて書いた記事がエラ...
ブライアン・ロスコーに追い詰められるヴィクトリカ 一方の一弥は戦場で戦っていた
美しい名前。
第24話 「死神の肩越しに永遠をみる」 春アニメもこれが最後かな? てか、ゴシックは2クールだったから半年間お世話になりましたね。 では最終回行ってみましょう、どう締めてくれるか。 前回、シスターさんの格好をしたまま捕まったヴィクトリカ。 手をついて
 GOSICK  第24話 『死神の肩越しに永遠をみる』 最終回 感想  次のページへ
ヴィクトリカを手にかけようとするロスコーですが、その抵抗で自らが崖から落下… 自業自得ですね。 ですが、ヴィクトリカに救われて改心したようで、2人で逃げます。 追手として ...
久々に感動最終回を見た気がする!ありがとう久城!ありがとうヴィクトリカ!。・゚・(ノД`)・゚・。 感動の最終回過ぎて見終わった後は胸にいい思いしか残りませんでした。 ここまで綺麗に終わって満足した作品久々じゃないかな、そんな風に思ったGOSICK最終回第24話。
心はずっと、離れまい。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」24話(最終回) 銀色の花嫁の巻。 生き抜く意志と、再会をあきらめない心。 二つの気持ちが、二人の絆をつなぎ止めた。 二つの想いが...
『GOSICK』もいよいよ最終回。 最初思っていた内容とは随分と違いましたが、楽しめましたよ。 ロスコーと共に、ブロワ侯爵の追っ手から逃げ続けるヴィクトリカ。 その姿にコルデリアを重ねたロスコー...
「私は、生きたい---------------!!」 今までは死を恐れていなかったヴィクトリカ。 だが、今は一弥に、コルデリアに守られた命が大切なのだ!! 怖れを知った。 「誇りよりも大切なものを見つけたから!!」 続きを読む 第11・12話 第13話 第...
「私は、生きたい---------------!!」今までは死を恐れていなかったヴィクトリカ。だが、今は一弥に、コルデリアに守られた命が大切なのだ!!怖れを知った。「誇りよりも大切なものを...
私は生きたい!そして誇りよりも大切なものを見つけたと話すヴィクトリカにコルデリアを重ねたロスコー。 その姿に逆上し、ヴィクトリカに掴みかかりペンダントを奪おうとするが体勢を崩し転落。 死んだかと...
GOSICK ゴシックですが、最終回はミステリーや面白展開はなくものすごくシリアスです。おばちゃん先生セシルや食堂の大女ゾフィなど不在で物語は進みます。 コルデリアがオカルト省のブロアと刺し違えたことでソビュールにも衝撃が走りますが、ヴィクトリカも国王陛下も
「世界がどう変わろうとも これきり離れるものか」 離れ離れになりながらも互いを想い続ける一弥とヴィクトリカ! ついにゴシックも最終回…! 【最終話 あらすじ】 ロスコーと共に、ブロワ侯爵の追っ手...
これから何年か先に世界を揺るがす大きな風が吹くであろう。そなた達の体は軽い。その大きな風によって二人は離ればなれになる。しかし・・・心はずっと離れまい。「死神の肩越しに...
愛と希望が繋ぐ未来! どうも、管理人です。とうとうなっちまいましたよ、七月に。そして、始まるのは新作アニメ…。管理人の住んでるところだと、ロウきゅーぶ!が今夜放送予定ですが、感想は見てから書くか判断するつもりです。それでは、春アニメ最後の感想です。 ...
二人は、共に、歩いて行く・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107020001/ GOSICK-ゴシック-BD版 第4巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.29 角川書店 (2011-07-22) 売り上げランキン
まさかこのような結末を迎えるとは…。 最終章は「推理」の概念を一切取っ払ってましたけれど、これも仕方なし?
第24話 『死神の肩越しに永遠をみる』 ああ、『岡田版』でも一応爆撃は喰らっちゃうんだ…久城くん。 まあ…本来“薬物づけにされて廃人寸前”のヴィクさんと より生還率の低い、“南方戦線で爆撃された”久城く...
GOSICK -ゴシック- #24 死神の肩越しに永遠をみる 108 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:49:56.07 ID:wDpsIXDd0 ハッピエンドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 112...
GOSICK 第24話(最終話) 『死神の肩越しに永遠をみる』 ≪あらすじ≫ コルデリアに命を賭けて愛されるヴィクトリカの存在に憎悪を燃やすブライアン・ロスコー。足を踏み外し奈落の底へ落ちた彼をヴィクト...
ヴィクトリカが幸せになってくれればそれでいい! ヴィクトリカの笑顔が見れたらそれでいい(´;ω;`) あなたは私の光。 あなたに会うために生まれて。 あなたに再び会うために生きた。
GOSICK-ゴシック- 第24話「死神の肩越しに永遠をみる」です。 GOSIC
 ハッピーエンドということでいいのでしょうね?
生きたい――! ヴィクトリカの魂の叫びは ブライアンにはコルデリアの姿に重なって見えて…。 逆上しペンダントを奪おうとしたブライアンは転落して大怪我を負う。 ヴィクトリカはそんなブライアンを助けて...
最初は本当に面白いのかどうかよくわからなかった。だけど、見ているうちにどんどん引き込まれていった。 そんなアニメでした!
GOSICK-ゴシック-BD版 第4巻 [Blu-ray](2011/07/22)悠木 碧、江口拓也 他商品詳細を見る 世界がどう変わろうとも、これきり、離れるものか。 「GOSICK-ゴシック-」第24話のあらすじと感想です。 これからも...
案ずるな、心は離れまい。 →「GOSICK」公式サイト GOSICK 第24話(終)感想です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。