ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期終了アニメ(6月終了アニメ)を評価してみないかい?13」Part.2

2011.07.07 (Thu)
今期、6月までに終了したアニメの評価の後半です。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロ様が企画されている
「今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?13」に参加させていただきました。

興味のある方はこちらをご覧下さい
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5324.html

6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

詳しく採点基準は記事の一番下に記載。
*採点基準は以前参加した企画のものをそのまま利用しています。各評価項目については、末尾に記載。

後半は以下の7作品について評価したいと思います。

アスタロッテのおもちゃ!
神のみぞ知るセカイII
緋弾のアリア
電波女と青春男
GOSICK
デッドマン・ワンダーランド
よんでますよ、アザゼルさん。

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。

前半のPart.1はこちらから→Part.1
『アスタロッテのおもちゃ!』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3
1話目は面白そうと思ったのに、ロッテの直哉がくっつかなくてじれったかった(苦笑)
最後まできっちりくっつかなかったし~;
なぜ直哉や明日葉については謎が解明していない部分もあって、残念。
思わせぶりなのを見せるなら、ちゃんとそこは決着つけて欲しかったな。
ただ、キャラは個性的で魅力的だった。そこは評価☆

総合点…20


『神のみぞ知るセカイII』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4
多少、桂馬に変化があったものの1期とあまり変わらない内容だったような…
攻略キャラの属性はもちろん変えてあったけど、
1期キャラが王道とすると、2期は王道からちょっとはずれたキャラが多かったような。
ちひろ回とか丁寧なつくりだったけど、ゆっくりすぎてちょっとじれったかったり;
なんだろう素直に見れなくなってきた。
商売っ気が出てない分、1期よりはましだったけど~3期やるんだろうか…
この勢いのままだと、3期あっても感想は書かなくなるかも~

総合点…22


『緋弾のアリア』
ストーリー…2
キャラクター性…2
画…3
演出…2
音楽…3
総合的な評価…2
キンジのヒステリアモードが気になって、視聴を続けたもののなんか微妙だった。
キャラの設定が盛りだくさんというか…超能力やルパン○世とかまで出てくるとは;
ちょっと前振りもなく唐突&突拍子もなかった…
おまけにシリアス展開なはずなのに、目の前にいる敵に逃げられたり、
忠告されたことを忘れて、人が攫われたり…
うっかりにも程があるというか、銭形警部もビックリでシリアスが台無し;
何をやりたかったのかよくわからなかった…2期あっても見ないと思う。

総合点…16


『電波女と青春男』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3
電波アニメを何でもかんでも、やくしまるえつこの歌にするのはそろそろやめてくれないかな;
あの電波歌は「荒川UB」が一番あっている気がします。
最後は丹羽がハーレムエンドで終わるというビックリENDでしたが、
多少、周りがギクシャクしたまま終わってしまったのが残念。
テーマは丹羽の「青春」ですかね~。

総合点…19


『GOSICK』
ストーリー…2
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3
原作を読んでいるため、アニメの省略っぷりが目に付いた。
もともと推理モノとしても、正統派ではなく邪道を行くタイプの話だったので、
しょうがないといえばしょうがないのですが、
推理モノでみせるのか、ラブストーリーで見せるのか、はっきりして欲しかった。
原作が未完のため、終盤は脚本構成の変更を余儀なくされたようで、
最後の方がこれまで以上に、詰め込みすぎだったのが残念。
つじつまあわない箇所もあったし、省略もしすぎたのでは?
色々勿体なかった。ただ、歌は良かったです。

総合点…20


『デッドマン・ワンダーランド』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…3
原作が終わってないからでしょうか、
結局ガンタはシロの正体を知ることなく、最後は半端な感じで終わって…
全体はグロイながらも、ストーリー的にはよかったです。
テーマは「あぁ、無常」って感じでしょうか(マテ
キャラが個性的でよかったんですけど、絵が独特で…
最後の方はなぜか作画が変わってしまったのが残念ですね~
一体何があったんだろう;
半端に終わってしまったので、2期は期待してませんが、
続きは気になるものの原作に手は出さないだろうな…
よくこの作品をアニメ化しようとチャレンジしたと思うよ!

総合点…20


『よんでますよ、アザゼルさん。』
ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4
純粋に楽しめました☆
30分アニメでなく、15分だったことも功を奏しましたね!
30分だったら見るのがきつかったかも(ぁ
アザゼルさんはエロい方の下ネタ多かったけど、
他の悪魔は汚い方の下ネタが多くてビックリしました(苦笑)
ラジオでもいってたけど、水島監督はよくこれをテレビでしようと思ったな!
ぜひ、2期もお願いします!!

総合点…24


ベストキャラクター賞…アザゼルさん『よんでますよ、アザゼルさん。』
小野坂さんあってのアザゼルさんというかもう~
このタッグで組まれたら、かなう人はいませんね☆

ベストOP賞…「妄想戦士 宮前かなこ」鼎神父『まりあ†ほりっく あらいぶ』
すみません、これしか思い浮かびませんでした!!
歌と映像がマッチして、相乗効果が生まれてたけど…これでこその「まりほり」!
かなこさんを鼎神父が歌うところがまたよかったですね。

ベストED賞…「明日、僕は君に会いに行く。」ワカバ『世界一初恋』
「あの花」EDも良かったのですが…
セカハツEDにしました!!こちらも作品にマッチしたいい歌でした~。

ベスト声優賞・男性…杉田智和さん
いや~まりほりの鼎神父は、杉田さん声で登場するだけで笑えたもの!

ベスト声優賞・女性…悠木碧さん
やっぱりヴィクトリカが良かったですね~。



春アニメはやはり『あの花』がダントツよかった!
期待していた作品が、期待はずれだった…という展開もありましたが…
アザゼルさんが予想外に面白かったり!意外性もありました。

夏アニメはまた、話題作があるのでそちらも期待したい!
また7月開始アニメもよろしくお願いいたします。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック