ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『異国迷路のクロワーゼ』#2「チーズ」

2011.07.11 (Mon)
「いいんだよ。それこそ、焦らなくていいんだ」

朝から食事の用意を手伝おうとする湯音でしたが、
フランスのクロード邸の朝食は、フランスパンにチーズにコーヒーのみ。
手伝うことがなくてあわあわ;
おまけにどれも食べ慣れていないものばかりで、
明らかに無理が見れたが、「美味しい」と言い張って意外に頑固な面も。
しかしチーズだけは、どうしても受け付けなかったようですね;
部屋に持ち帰って食べては見たけれど、それでもダメだったようで…

気を取り直して、店の掃除などを済ませたようですが、
他にすることがなく、クロードの仕事ッぷりを観察し続ける湯音。
「なにかもっと他にしたい事はないのか?」
ただ、これにはクロードが湯音を不憫に思えてならないようで…
結局、店を閉めて湯音を外に連れ出しちゃいましたね(苦笑)
クロード優しい☆

外出の際、オスカーさんから湯音の着物を買った人物の情報が~。
「百貨店(グラン・マガザン)はギャルリの敵だぞ!」
クロードたち専門店の敵ともいえる、
「百貨店(グラン・マガザン)」を所有している一族、ブランシュ家なのらしい;
金任せにこのへん一帯を買いあさっているいけ好かない奴ら、
というのがクロードの言い分ですが、まぁ、金持ちのすることだからねぇ~。

それでもクロードの湯音の着物とを取り返すという気持ちは変わらないようで、
漢らしいな!
さりげなく湯音に野菜の皮をむく仕事をくれたり~
湯音が下駄をぬ出るのを見て、足が辛かったと見抜いてくれたり~
本当に、湯音のこと気遣ってくれてるし!
まぁ、それじゃ「疲れる」だろうとストレートに言っちゃうのがクロードですが;

「お二人がとてもおいしそうに食べるので、私も美味しいと思えるようになりたい」
クロードの意見を聞いても、
それでも二人が美味しいと思うものを、自分も美味しいと感じたいという湯音。

クロードは焦らなくて良いといってくれましたが、
「きっとそれじゃないと、お二人の美味しい思えるお食事、私、作れないままだから」
湯音は、二人が美味しいと思える食事を作れるようになりたいと、
頑張っていたのですね~。
どうりで店まわってるときも、妙に材料名を覚えてたわけだw

けれど、それでも焦らなくて良いといってくれるクロード☆
それはオスカーさんも同じでしょうね~。
湯音のためにカフェオレ作ってくれるだなんて、考えましたな。
逆に梅干はクロードのお口には合わなかったようで…
まぁ、意思疎通も取れてきたし、今後も上手くいくかな♪

次回は金髪美少女も出るようだし、レビューは続行かな~
とかいいつつ、まだちょっと様子見です。
ただ書くにしても今回のように、クロードPUSHで行くことになろうかと(苦笑)

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]世界は踊るよ、君と。/ここからはじまる物語TVアニメーション「異国迷路のクロワーゼ The Animation」オリジナルサウンドトラック

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

19世紀末、パリ。ガラスの屋根に覆われたギャルリ・ド・ロアに日本人少女・湯音の姿があった。アンセーニュ・ド・ロア(ロアの看板店)で働く湯音。朝ご飯の準備を手伝おうとした湯音ですが、オスカー・クローデルが用意したのは昨日の残りのパンとバター、チーズ、そして...
「チーズ」 いただきます。
異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」 相変わらず湯音も可愛く、街並みもきれいで和やか癒されますね~♪ その一方で、一応の今後の目的を達成するための相手も影が現れましたね!
やはり背景が精密と言うか緻密です。その分、まだストーリーは緩慢な感じで主な登場人物は看板屋の主のクロードと、そこの楽隠居のオスカー、それに湯音の三人だけ。 今回は、湯音がフランスでの生活に馴染めるようにと戸惑いつつも巴里の生活を教え始めるクロードと湯音...
第2話 「チーズ - Fromage 」 夏アニメでは今のとこナンバーワンの可能性が高い今作です。 OPからしてまったりだもんなあ(笑) どっちかというと昭和初期のような曲調。 湯音のフランス語はもうばっちりですね。 ヒゲおやじにずっと付いていく姿が可愛らしい
「19世紀末、パリ ガラス屋根に覆われた時代遅れの『ギャルリ・ド・ロア』に一人の日本人少女『湯音』の姿がある このことはまだわずかな人しか知らないこと・・・」 きっとこ ...
湯音に自然に感情移入でれる物語ですね。 東山奈央さんの声はイイ! 湯音から見たフランスというのがこの作品の見所なのでしょうね。 私はロリっぽい絵柄が好きなのでしょうね・ ロウきゅーぶ、ゆるゆり、クロワーゼを見て改めて思いました。   http://sagatur...
<感想>  フランスの食べ物が湯音のお口に合うか・・それは、まさに挑戦の連続であった。 何でも食べようとする湯音・・チーズが大の苦手だったようです。  コーヒーも苦いのが苦手なようですが、クロードには、かくしていたようです。
2011/07/11 放送分 総評:★★★☆☆ まだキャラクター紹介・舞台紹介の段階ですね。 全部で何話あるのか知りませんが、1クール12話だとするとちょっとゆったりしすぎている気はするなぁ・・・ ま、その...
食文化の違い。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
湯音が可愛すぎる! 異文化交流という点でも考えさせられますね。 フランスの朝食に慣れようと頑張る湯音。 雇い主のクロードは、チーズを持ち帰ってまで食べようとする湯音の、 日本的な価値観が...
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る やっぱり今期の癒しアニメはこれでいいや! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第02話「チーズ」です。 『異
二度目だけど大切なことだから敢えて言おう。湯音可愛いよ湯音(*´Д`) (21)疑惑だろうがなんだろうが関係ないねと言いたくなるほど湯音アニメになりつつあるこの作品。それだけでお腹いっぱいにもなれるから困るw そんなクロワーゼ第2話。
湯音は朝食で初めてチーズやコーヒーを目にするのですが、苦戦しているようですね。 「美味しいです!」と言っていても無理はバレバレなのに、認めようとしない頑固さをみせます ...
「いいんだよ……それこそ、焦らなくてもいいんだ」 クロードが原作だとちょっと怖いけど、その中にも優しさがあるといったキャラクターなんですが、 アニメだと単なる優しい兄ちゃんなイメージですねw
朝食は、コーヒーとパンとチーズだから湯音の出番なし。ここは、古き良き日本の文化に従い、焼き魚、味噌汁にご飯ならば、湯音の出番があったでしょう。
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話、「チーズ」。 原作未読です。 「これからは、フランス式」。
基本的に従順ですが。いっぽうで頑固なところがある湯音。外国へ来て戸惑うのは言葉や文化の違い、そしてそれ以上に食い物の違い。特に19世紀の日本とフランスでは相当違いがありそうですね。 仏教の影響もあり、当時の日本人で肉や乳製品を食べ慣れた人は殆ど居ないでし
新たな生活に興味津々な湯音 今回の話は食事を取って街を見回るくらいで大きな波はなかったけどこういう湯音の一描写一描写で楽しみどころがあった。自分はどちらかと言うと独創的な映像演出よりもキャラの仕草や街の雰囲気などで魅せてくれる演出が好みなのでこの作品の...
探究心と向上心―
冒頭のフランス語は全く解りませんが、大好きです。w
異国迷路のクロワーゼ The Animation #02 チーズ 566 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 00:56:19.89 ID:5xc7YyOlO くそ、癒されるじゃねーか それに...
爽やかでほっこりな優しいひととき。 今週もサトジュンさんワールド全開。 秋には「たまゆら」のTVシリーズも始まりますし、癒しタイムが年内続くのはうれしいですね(^-^) ギャルリの朝ごはんはパンとコ...
湯音ちゃん可愛い! 朝早くから食事の準備を手伝おうとする湯音。でも、フランスの食事は日本の様に暖かい味噌汁やご飯が出てくるものではなく、湯音は日本とフランスの違いに改めて驚きます。固いパンや...
「私もおいしいと…思えるようになりたい」 ―― 小さな体から放つ、大きな気持ち役に立ちたい気持ち。笑顔にさせたい気持ち。国を離れ、まだまだ何かと心細い湯音にとって、オスカーやクロードの存在とい...
チーズと梅干し・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107110000/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.07.07 メディアファクトリー (2011-09-21) ...
朝の食卓から異文化交流もう普通に日常会話は出来ているみたいですね無理に我慢してコーヒー飲むのかわいいぃ店にずっと居るので少し不憫に思えたクロードは湯音を連れて外を散策、大きい店はギャルリの敵とは郊外の大きいデパートが商店街の店を追いやる形に似てますね街...
文化の違い---------。 フランスの朝食はめちゃめちゃ簡単。 パンとチーズとコーヒー。 でも、食べ物ひとつにしても、日本とフランスの文化の違いがあるのだ。 それに「いただきます」の挨拶も(^^) 手を合わせる湯音を不思議そうに見つめるクロード。 日...
文化の違い---------。フランスの朝食はめちゃめちゃ簡単。パンとチーズとコーヒー。でも、食べ物ひとつにしても、日本とフランスの文化の違いがあるのだ。それに「いただきます」の挨...
焦らず、ゆっくりと… どうも、管理人です。魔乳秘剣帖が想像以上にバカアニメだったことに驚き。本筋は存外まともなのに、設定がイカレれるwwwwそれでは、感想です。 湯音:「おいしいデス!」 朝早くから、朝食の準備にとりかかろうとする湯音。し...
待つことを知る者には、万事が適当なときにくる - ceux qui savent ne pas attendre, tout viendra le cas échéant - 朝のパン屋さんで行列が出来ていましたね。人気店という理由もあ...
パンおいしいねん。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」2話 いただきますの巻。 食文化の違いから生まれるコミュニケーション。 合わないなら無理しなくていいよという気遣い。 頑張って合...
 湯音がかわいかったですね。そしてクロードは今回もイケメン。
癒される・・・
異国迷路のクロワーゼですが、湯音にとってフランスでの生活はすべて初めて物語となります。朝食の固いフランパンやチーズも慣れませんが、湯音は無理してでもコーヒーを飲もうとします。 昼間はクロードの作業をずっと見ていますが、逆にクロードの方が落ち着かないので...
あぁ。癒される。 『いろは』から『クロワーゼ』の流れは素晴らしいなぁ。
今回も湯音ちゃんに癒されました
フランスの食や文化に興味津々の湯音(・∇・) 自分の国にはない食生活や習慣。 少し戸惑いながらも互いに知らないことを徐々に理解し合えていければいい。 そんな今回のお話。 意外に頑固な湯音が見せる色々な表情が可愛らしかった。 見てて癒されました~(*´Д`)
湯音は可愛いね。そして とても日本人です・・・良くも悪くも(^^; 初めてのチーズやコーヒーに苦戦しても。 美味しいですとムリする湯音ちゃんw チーズは食べられずに部屋にお持ち帰り…。  ▼ 異国...
わたしは、「家族」になりたい。 →「異国迷路のクロワーゼ」公式サイト 異国迷路のクロワーゼ 第2話感想です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。