ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『夏目友人帳 参』#7「祓い屋」

2011.08.16 (Tue)
「俺はあの人たちとは違う」

妖怪の血を奪う人間を探っていた夏目だったが、的場側に捕らえられてしまう。
「逃げるからいけないんですよ。話を聞きたいといったのに」
しかも捕らえさせた本人である的場は全く悪気はないようで…
まずい人に捕まってしまった様子;
名取さんはちゃんと用心して妖怪が入れないよう、
部屋に札を貼っていたようですが、ニャンコ先生がそれを破ってたようで;
そうとは知らず、なんだか二人で漫才やってましたね(苦笑)
本当二人って、仲がいいんだか悪いんだかw
名取さんの意外な一面が見れるからいいんだけど~。

「見えてはいますよ。けれどこれが必要なんです。食べられてしまうので」
しかし、的場は夏目と初対面だというのに、よくしゃべりましたね;
昔、的場家の人間が妖怪に手伝わせる報酬として右目をやるといったのにやらなかったため、
的場家当主は代々右目を狙われているとのこと。
右目の包帯はそれを防ぐものっぽいけど、周りに傷があるというのは本当かな?
それくらい、今まで妖怪に襲われてきたってこと?

妖怪の血を集めるのをやめるように言う夏目でしたが、
的場はあくまでも妖怪を「エサ」扱い;
妖怪の血は大きな妖怪の封印を解いたり、呼び出したりできると前置きしたところで、
森の奥になかなかの大物が眠っていると夏目に話し出して…
って、この話は夏目にその妖怪を探させるためのものだったんですね;

そうとは知らず、的場を止めようと夏目はその妖怪を探しに無茶しちゃって;
名取さんとニャンコ先生が駆けつけてくれなかったら、危なかったですね~。
「もしかして、あなたは人間?」
って、夏目を引き摺り下ろした人物は、人間だったけど;

どうやら彼女の式は的場のエサにされてしまったようで、その後引退したものの、
「私にはそうではなかった。道具なんかではなかった」
彼女にとって式は、道具ではなく大切な人。
「許さない、的場!あいつを食ってやる。あの男を、的場を食う妖怪を目覚めさせてやる」
的場に復讐するため、彼女が妖怪の血を集め、
この森にいる妖怪を目覚めさせようとしていたのですね。

で、的場は彼女の誘いだと気付いてて、夏目を泳がせていたと;
的場の方が一枚も二枚も上手…
森の妖怪を復活させるための血はまだ足りていないのを察知して、
わざとニャンコ先生に矢を放ったっぽいですね;
おかげでニャンコ先生ご立腹でしたが、夏目のとりなしに落ち着いた様子;

先生が流した血が、踊るように妖怪に吸い上げられてくシーンはなんとも不気味でしたが、
さすがに夏目たちみたいには勘違いしなかったぞ(苦笑)
妖力の強い先生の血がとどめをさして、妖怪が復活しちゃったけれど、
復讐を果たそうとした女性が真っ先にやられちゃってるし;

「無様ですね。祓い屋をやっていながら妖怪に情を移して
思慮にかけた行いに走るとは。挙句にこれか」

的場としては、彼女の行動が全く理解できないようですね;
あくまでも的場にとって、妖とは道具以外の何者でもないんでしょう。
復活した妖を地上に出すのは危険だと名取さんが察したものの、
的場はこの妖が使えないと分かると、撤退を決めるし;

「妖怪もあの女もどうでもよかったのですが、君は面白そうだ」
ただ、夏目のことが気になって引き戻し、助けてくれましたね。
まぁ、おかげで封印は出来なかったのですが…
いらない妖怪は消してしまえば良いという的場でしたが、
それだとどれほどの妖怪が消されることになるのか…
例え、人に害する妖怪でも夏目はやっぱり封印を選ぶのでしょうね。

「あの人たちには見えないのだろうか。
仲間を守るために奔走する妖や、
失って心を壊してしまうほど妖と絆をもってしまう人の痛みが」

優しい妖も、人と妖の絆や、その消失による人の痛みも見えない的場を
夏目は自分とは違う人種の人だと感じたようですが、
的場は夏目がレイコの孫だと知って、ますます興味を持った様子;
また会うこともあるでしょう~だなんていわれてたし、また会うのでしょうね。
うん、3期の締めとか、最後のあたりでありそうな予感☆

とりあえず、次回はほのぼの癒し系の話になりそうですね♪
今回は、マジ怒りなニャンコ先生を見ちゃいましたが…
次回のニャンコ先生はいつも通りかな?

夏目友人帳 参 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]君ノカケラ feat 宮本笑里(期間生産限定盤)(アニメ盤)僕にできること

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

6話と前後編での的場編、完結です。 いやはや、今回はなんといっても 名取と先生のコントが楽しすぎた~。 原作でもここ大好きだったので、 見事再現してくれて、嬉しいです。 動くって素敵ねぇ。 磨...
仕方ない、これは仕方ない
「俺はあの人たちとは違う・・・」 的場一門に捕まってしまった夏目、激昂する夏目と違い的場静司は全く冷静で悪びれた様子もなく淡々と接する。その温度差に薄ら寒い感覚を覚え ...
夏目友人帳 参 第七話「祓い屋」です。 いつもならば、火曜日に感想を書いているん
それぞれの絆の形。
旅館『谷洞屋』に泊まっているという的場静司について調べていた名取周一とニャンコ先生だが、たいした成果を得られずに部屋へと戻ってくると、周一が部屋の扉に張っておいた護符が、ニャンコ先生が部屋を出る時に破られてしまっていた。ニャンコ先生をぬいぐるみと誤魔化...
やめないなら、止めます。
「祓い屋」 君とはいちいち上手くいかないなぁ!! ニャンコ先生と名取のやり取りが面白いww 案外、似たもの同士なのかもしれん(笑 的場に囚われてしまった夏目  逃げられないように手を縛られ、夏目が部屋にいない事が分かり焦るニャンコ先生と名取 ...
ニャンコ先生は名取と合流。いつもより見晴らしのいい肩の上に乗りながら部屋へと戻る。 その途中、館内に猫ちゃんは困ると注意されるも……よく見てください、ぬいぐるみですよ。頭でかいし寸胴だし(´・ω・`)
妖怪と情を通じるなど笑止・・・。的場の矢が全てを射通す。「祓い屋」あらすじは公式からです。妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場...
「俺はあの人達とは違う――」 目的の為なら手段を選ばない的場――! 的場の目的を阻止すべく森へと向かった夏目     【第7話 あらすじ】 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い...
さて、今回は的場編の終わり 今回も割りと原作に近い形であとはいくつかオリジナルの要素があったかんじですかね 原作既読者としての感想です 夏目がつかまったことで名取とニャンコ先生とのやり取りが多...
夏目友人帳ですが、的場に捕まった夏目は大ピンチです。的場は妖怪の血を集めて、更に妖怪をハントする餌として使っているそうです。的場家では妖怪に目を取引に利用したことがあるので、代々狙われているので護符を巻いています。妖怪なんかは利用することしか考えていま...
夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」 です。 <キャスト> 夏目貴志:神谷浩史 ニャンコ先生:井上和彦 夏目レイコ:小林沙苗 名取周一:石田 彰 田沼 要:堀江一眞 笹田 純:沢城みゆき 多軌 透...
夏目が捕まって縛られて・・・(*´д`*) 騒ぐなら騒げなく、逃げるなら逃げられなくされちゃう夏目・・・ゴクリ(゚A゚;) 夏目パンチがはじめて役に立ったw 罪のない妖怪を襲い、血を奪う的場。 その眼帯の下には妖怪に狙われた傷が・・・妖怪のこと、嫌いなのか
心を壊す程までに絆の深まった人間と妖怪、この壊れてしまった心は的場には見えていなかった
名取とニャンコ先生が出ていった隙に夏目が捕まった。先生学習しろ。不用意にぼっちにして夏目ピンチな展開が多すぎる気がする。 的場一門って大丈夫なの。妖怪を襲っていたのは的場の元締めじゃなくて、元的場の部下だった。なんでも自分の式を元締めの餌にされたのを恨
『妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。名取の助けもあって事件を調べ始めたが、的場の式に襲われ捕らわれてしまう。目的のためなら容赦なく妖怪を...
第7話「祓い屋」です。 失って心を壊した呪術師さん。 妖はエサだという的場さん。 ああいう人たちもいるという名取さん。 そして、あの人達とは違うと感じる夏目くん 二人がコントをやっている間に 「逃げるからいけないんですよ」  コワイ‥
貴志は的場に捕まるも、隙をついて自力で脱出。 この一帯に力のある妖が封じられているらしく、その封印を解く為に妖の血を集めていたとか。 妖に対する考え方の違いは決定的に違 ...
的場静司のあの右目の紙は先祖が妖怪に仕事を手伝ったら右目をやるという約束をしたのに保護にしたために代々右目を狙われるようになったため取られないようにということだけどその妖怪倒せないのかね?それと...
夏目友人帳 参 #07 祓い屋 505 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 02:00:24.12 ID:tA/u+vjY0 的場つえーな 先生もでかい奴も一撃だなんて 来週は...
夏目を一人にしちゃあいけません。 名取さんとニャンコ先生じゃれ合ってる場合じゃ 夏目たちの身を案じる柊、 夏目、主様、ねこ饅頭 www 斑と呼んでもらえない先生(^_^;) 夏目脱出! 2階から...
きみはおもしろそうだ・・・ 的場一門の党主は代々妖に右目を狙われるという宿命を背負っているらしい。 体に妖を住まわせている名取とともに彼にも悲しい思いが眠っていそうです。 しかし--- 「人を守...
妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。名取の助けもあって事件を調べ始めたが、的場の式に襲われ捕らわれてしまう。目的のためなら容赦なく妖怪を使...
夏目友人帳 厳選集~夏~ 2011年 08月号 [雑誌](2011/07/08)不明商品詳細を見る 俺は、あの人達とは違う。 「夏目友人帳 参」第7話のあらすじと感想です。 的場。 (あらすじ) 名取についてきたニャンコ...
“あの人たち”とは違う・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108160000/ 夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.08.11 アニプレックス (2011-08-24) 売り...
第7話 『祓い屋』 陰陽師にとっての“人”とは、『冠位を持つ階級』のこと……。 それ以下の“人に非ざる物”の命は、『“人”の為に』遣われて然るべき。 と…言うのが『古代日本』の基本思想なワケですが―― そこはそれ…やはり“身分がどうであれ人間同士”なの
夏目を捕まえた的場。 妖怪への報酬で的場家当主は代々右目を狙われると話し。 眼帯の下の傷を見せようとしたり…性格悪いですね(^^; ▼ 夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」  名取と猫ちゃんことニャンコ先生は相性が悪いのか(苦笑) 漫才(違)しつつ夏目を...
 夏目友人帳 参  第07話 『祓い屋』 感想  次のページへ
 ねこまんじゅうとは上手いこと言いますね、柊は。
猫饅頭なニャンコ先生は可愛いですね。 ニャンコ先生の本気も見たかったですが。 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の 頭首・的場静司と出会う。 名取の助けも...
命の重み、知るべし。 というわけで、 「夏目友人帳 参」7話 生殺与奪の巻。 道具、ね。 まあ、的場さんにとっちゃそうなんだろう。 家業。稼業。生業。これもまた、一つの考え方。 的場さんは...
夏目友人帳 参の第7話を見ました 第7話 祓い屋 妖怪の血を奪う人間を捜索していた貴志は、祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。 名取の助けもあって事件を調べ始めたが、宿屋で的場の式に襲わ...