ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『神様ドォルズ』#13「隻・枸雅匡平」(最終回)

2011.09.28 (Wed)
「阿幾、俺ももう逃げない。決着をつけよう」
to be next story?

日々乃のピンチに絶叫するも、禍津妃の一撃を受け昏倒する匡平。
その間、玖吼理が詩緒の意に反して、
勝手に禍津妃と戦い始めたようなのだが…
「変だ、なにこの違和感」
「様子がおかしい…なんだ、あの力は」

けれど、今回は玖吼理の様子がおかしいという表現にとどまりましたね。

私は単に暴走したというよりは、
最後に一応匡平が隻にもどったところから見ると、
匡平のため、もしくは匡平の思いを受けて玖吼理が動いていたのかなぁ~と。
って、アレ?これを前回暴走っていってたっけ?(苦笑)

けど、なんでしょう…
せっかく迫力のある案山子同士の戦闘シーンのはずなのに、
両者とも隻の意思を離れて戦うだなんて…
なんだか物足りない;

「俺は何も、何も出来なかった…関わることすら」
気絶した匡平は、6年前の出来事を思い出していたようで…
初恋は、嫌な連中から
先生と阿幾が出来てると聞かされたことで儚く終了;
それでも惚れた女のためにと、喧嘩を売るのが男ってもんですが、
まだ子どもだった匡平には無理な話か~

「結局俺は最後まで部外者だったんだ。最初から最後まで」
最初から最後まで部外者…
それは過去編を見たとき、視聴者の誰もが思いましたよ(ぁ
何を今さら~ときついことも思いましたが、
ちゃんと本人も分かってたんですね…それはそれでちょっと悲しいw

「日々乃さんは俺のものだ!!」
でも、今の匡平と日々乃の関係は無関係ではなく、
日々乃からも部外者扱いしないでくれと言われましたね♪
まさか日々乃の方からキスしようとは!

まぁ、その後もいい雰囲気を作りつつ、なかなか先には進まないけれど、
詩緒を見て、とっさに手を離す辺りを見ると、
今後も進展は難しそうだな(ぁ

「村へ行く。気づいたんだ。
俺の中であそこをちゃらにしないとどこにもいけないって」

わざわざ阿幾が匡平に会いにきましたが、
茶化しつつも、村に行くことを伝えに来たようですね。
阿幾にとって、8年前の天照素の暴走時に匡平に助けられた
もしくは何もできなかった自分を清算しないと村を出れないようで。

日向が何をしようとしてるかは知らないけれど、
とにかく天照素を破壊しないことには、気がすまないようですね~。
って、どう考えても一人じゃ無理だと思うけどww

「お互い、ずいぶん遠いところまできちまったなぁ」
話してるうちに、昔のように思わず笑いあって…
阿幾の顔はどこか優しげだったけど、寂しそうでもあったね。
やっぱり匡平大好きっ子だなぁ~。

てっきり最後は匡平vs阿幾、もしくはvs天照素で終わると思っていたのですが、
それはto be next story?
次ってあるんだろうか(汗)
正直、微妙な尻つぼみで終わったなぁ~という感じなんですけど;
私が見たかったのは、正式な隻として戦う匡平だったのに!

前回、予告タイトルを見て、
おぉ、ようやく匡平が主人公になるか!と思っていたけど、
主人公になれたのかな?(ぁ
むしろ次の物語でようやく主人公が地に足つけるというイメージを受けたけど…
ようやく回想から一歩前進したところで終わるとは、残念なところ。

「それが間違いだというなら、今から正していけばいいんじゃないかな」
匡平が前に一歩踏み出そうとしたのは、あれもこれも全ては日々乃のおかげですね♪
まぁ、追い詰められてでしか決心できないというパターンはよくありますが、
まさかそれに1クールも使うとは(苦笑)
1話目の意味深なシーンの回収もずいぶん遅かったし、
見てる側としては、ちょっと見づらい部分もあったけどそれなりに楽しめたかと(コラ

最後は物足りなかったとしかいえないけどな!(ぁ
OPの歌詞に違わず、見事な不完全燃焼っぷりだった☆

次回があれば、次回はスムーズに話が進んで欲しいところです。
そして、今度こそ完全燃焼を!まぁ、次があればですが;(ぁ
制作に携わったスタッフ&キャストさまに感謝。
お付き合いしてくださった皆様もありがとうございました。
また来期の作品でもお付き合いよろしくお願いいたします。

神様ドォルズ 第6巻 [Blu-ray]不完全燃焼/スイッチが入ったらテレビアニメーション「神様ドォルズ」オリジナルサウンドトラック

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

【隻・枸雅匡平】 最終回なんだろ。そうなんだろ? Amazon.co.jp ウィジェット
枸雅匡平は史場日々乃を助けようとして無力感と怒りを感じる中、案山子・禍津妃(マガツヒ)の攻撃を後頭部に受けてしまう。その時、やられた筈の案山子・玖吼理(ククリ)が再び現れると、暴走したかのように禍津妃に襲いかかり光る両腕で一方的に禍津妃を殴りつけていく...
隻であるという事。
不完全燃焼なんだろ そうなんだろ、そうなんだろって~ 予想通り過ぎる「2期をお楽しみにっ!」END オリジナルじゃないのはいいことだが、これはちょっと・・・
【海賊戦隊ゴーカイジャー 第31話】オーレンジャーの当番回。 …だったんですが、全部バスコさんに持っていかれた感じですね。ついに戦闘形態を見せたバスコさんですが…特別格好 ...
「あの川原で食ったよなぁ、美味かったなぁ。」 対立していたはずが子供の頃のおはぎの思い出にいつの間にか花が咲く。それなのにいつから二人は道を違えてしまったのか・・・  ...
末永く爆発してください。
暴走した玖吼理は、圧倒的な力で禍津妃を粉砕。 勾司朗に救出された匡平は気絶したまま病院に運ばれるが、直に目を覚ます。 そして、目覚めのどさくさで日々乃に大胆告白。日々乃は匡平の思いを受け入れ、...
第13話 『隻・枸雅匡平』 ――チョイ拾い!!
何人もの隻が束になっても手を焼いていた暴走した禍津妃を一方的に叩き潰していく玖吼理。 詩緒の制御化にないようで、意識を失っているけど機動音やその力量を見ると、匡平由来 ...
いろんな意味で匡平無双。「神様ドォルズ」の最終話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 禍津妃の打撃を頭に受けて気を失う匡平。そのとき先に打ち落とされていた玖吼理が 詩緒の制御下にないにもかか...
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/09/post-2291.html
神様ドォルズの感想です。 ほー、こういう最終回か。
このシリーズが放送された最初の頃、新人の隻・詩緒の成長を描く物語で、匡平は主人公とは言いながらもサブに廻るのかと思っていた。それがそうでないことはすぐにわかるのだが、匡平も無敵の主人公というわけではない。むしろ力を捨て、いや、逃げたのが正確だろうか、そ...
終ってしまったぁぁぁ!!今期1クール物では1、2位を争う出来でした。2期をやらせろぉぉとスタッフの叫びが聞こえるED(笑)凄く愛されてたね、神様ドォルズ。
日々乃がヒロイン力を発揮したと思ったら、真・ヒロインの阿幾が最後を持ってった!(笑) この終わりかただと不完全燃焼過ぎますので、2期を期待しています。 フラグを立てまくっていましたしね。 ...
 日々乃だけズルい。詩緒は最後までかわいいですね。
■第13話 隻・枸雅匡平 神様ドォルズも遂に最終回! 匡平が禍津妃の手に後頭部を打たれて終った前回からの続きです。 玖吼理、禍津妃を撃破! ちなみに落下した匡平と日々乃さんは、頼りになる兄貴こと勾司朗が宇輪砲で助けてくれました。 勾司朗はほん...
玖吼理の暴走-----------!! 突然隻の支配から逃れ、戦いを始めた案山子たち。 玖吼理はすごい力で禍津妃に攻撃をしかけ、匡平と日々乃を掴んでいた腕をビームで引きちぎってしまったのだ!! 咄嗟に宙に飛ばされたふたりを救った勾司朗。 なんとか助かったものの...
そして、戦いは舞台を移して…  どうも、管理人です。今期のレギュラー更新ではラストの作品となるわけですが、相変わらず準備がままならないとか…。しかも、明日からなんちゃって一人暮らしが数日続くというおまけまでw 匡平:「日々乃さんは俺のものだ!!...
玖吼理の暴走-----------!!突然隻の支配から逃れ、戦いを始めた案山子たち。玖吼理はすごい力で禍津妃に攻撃をしかけ、匡平と日々乃を掴んでいた腕をビームで引きちぎってしまったの...
匡平と阿幾の決意。 神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る
「日々乃さんは俺のものだ!!」 日々乃パパの目の前で堂々と日々乃さん所有物宣言をする匡平w 苦笑い気味のパパさんだったけど、内心は煮えくり返る思いだったことでしょう(つ∀`) 「ぁあ~~~ん!離れて!日々乃ずるい~!」 嫉妬する詩緒ちゃんかわえぇ^^
第13話「隻・枸雅匡平」暴走した玖吼理、不可解な力意識のない匡平、怯える詩緒間一髪で落下した匡平と日々乃を勾司朗の宇輪砲が救った完全に粉砕された禍津妃いなくなった桐生とま...
日々乃さんは俺のものだ! 「神様ドォルズ」第十三話感想です。 不完全燃焼/スイッチが入ったら(2011/07/27)石川智晶商品詳細を見る
神様ドォルズ #13 隻・枸雅匡平 351 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 01:59:50.20 ID:83xY3jTmO これ二期が無かったら不完全燃焼過ぎるよwww 36...
俺達の戦いはこれからだ! 日々乃を助けようと、暴走する禍津妃(マガツヒ)に飛び移った匡平。戦いの中、玖吼理が突然詩緒の命令を聞かなくなる。今まで圧倒されていた禍津妃を玖吼理が追い込んでいく。 ...
匡平の戦いは、これからだ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109280000/ 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.22 メディアファクトリー (2011-09-21) 売り上げラン...
神様ドォルズ 13話(最終話)「隻・枸雅匡平」 の感想を 「匡平」が持つ力をめぐって繰り広げられてきた事件の数々 「阿幾」はその力で村を潰す事をたくらみ、「ひまり」はその力に惚れた 大きすぎる力に怯えていたが、そんな自分にピリオドを打つ
匡平「オレは部外者だった…」アッカリーン「せやな」 というわけで、 「神様ドォルズ」13話 エア主人公の巻。 結局最後までいいとこなし! やたらかっこいいサブタイも、今となっては虚しく響くだ...
いよいよ神様ドォルズも最終回です。案山子を持たない匡平はそれでも生身で禍津妃に取り付いて日々乃を助けようと必死。しかし絶叫したのちに殴られました。やっぱり無理かと思ったら停止したはずの玖吼理が覚醒。歌が違います。いよいよ匡平の本気が見られるか。 匡平寝?...
「日々乃は俺のものだ」といったことで 匡平は日々乃さんとの距離をグッと近づけました。 アキとのわだかまりも多少解けたようで、 ある程度人間関係をまとめた話でした。 という事で最終回でした。 物語的にjは気になるところが多いですが、 今までの展開や演出?...
隻として再び向き合う覚悟 まひると禍津妃の件も一通りの決着がつき再び阿幾と対面した匡平。 もう逃げることはせずに全てに決着をつける覚悟を決めた匡平の明日はどうなっていくのか。 あのラストシーンのカットを見るに次を期待してもいいんですよね?
色んな意味で不完全燃焼なんだろ壮絶な前回からの引きから匡平の意識がなくても動くって今までのふがいない主人公はこのためだったのか(ぇここにきて良くも悪くもようやく主人公らしくなってきたよ(最終回だけどな長居昏睡状態から目覚めて開口一番で日々乃さんは俺のモ...
不完全燃焼なんだろ? そうなんだろ? ♪ まぁ歌詞どおりな最終回になるだろうって想定どおりでしたね(苦笑) 分割2クール(?)なのは先に発表した方がいいのかどうか。 発表してたら見られないってこともあるのかな? ▼ 神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平...
ククリと自分の間に違和感を感じる詩緒ちゃん 匡平の叫びがキッカケで動き出したように思えたククリだったが肝心の匡平は気を失っている状態、では今ククリを操っている者は誰なのか?詩緒ちゃんが違和感を感じると言うのなら詩緒ちゃん自身はククリと繋がってはいるが...
神様ドォルズですが、匡平と日々乃は何とか助かります。匡平は夢と現実の中で日々乃を抱きしめますが、これ以上危険にさらしたくはないので日々乃とは別れようとします。 しかし、日々乃は自ら唇を重ね、私は匡平様の所有物ではないが嬉しかったと二人は抱き合います。二...