ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」Part.2

2011.10.06 (Thu)
2011年、9月に終了したアニメの評価の後半です。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロ様が企画されている
「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」に参加させていただきました。

興味のある方はこちらをご覧下さい
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5465.html

6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

詳しく採点基準は記事の一番下に記載。

後半は以下の7作品について評価したいと思います。

TIGER & BUNNY
夏目友人帳 参
神様ドォルズ
BLOOD-C
バカとテストと召喚獣にっ!
ダンタリアンの書架
青の祓魔師

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。

前半のPart.1はこちらから→Part.1
『TIGER & BUNNY』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

ヒーローの王道を行く話でしたが、
主人公がおっさん…なのに誰よりも熱血☆という珍しい点もありました。
2クールもあったのに、ウロボロスの件が片付かなかったのは残念でしたが、
時間があったおかげで各キャラにスポットを当てた話が出来ましたね~
まぁ、牛角メインの話があったか覚えてないんだけど(ぁ
虎徹が能力が1分しかもたなくなってしまったものの、
できれば続きを見たいですね~。

総合点…22


『夏目友人帳 参』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…5
音楽…4
総合的な評価…4

オリジナルの子狐の話だけはちょっと弱かったけど、
あとは相変わらず起承転結、綺麗な構成&いい話ばかりでしたね~。
3期の特徴は…ニャンコ先生の活躍があまりなかったことでしょうか(苦笑)
あと名を返すもの少なかったなぁ~。
以前より、もっと夏目と周りの距離が縮んだ気がします。
4期にも期待してます。

総合点…25


『神様ドォルズ』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

テーマは「不完全燃焼」だったんでしょうか?(苦笑)
主人公が主人公になるまでのお話というか、
主人公が過去にけりをつけて、ようやく立ち上がるところで終了…
つまりは序章で終わってしまった感じで;
どうせならストックがたまってから、2クールで作って欲しかったですね。
妙に重要なキーが過去(回想)に多くて、ちょっとげんなり。
展開的にはちょっとまごついた感が…
2期はDVDの売り上げしだいということになりそうで、半端に終わって激しく不安。
ストーリー的にはよさげだっただけに、勿体なかったですね。
あと、ギャグがあったのはいいけど、絵を崩しすぎて違和感ありました。

総合点…19


『バカとテストと召喚獣にっ!』
ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

1期と違って、召喚戦争が少なかったけど、
おかげで学園の外での顔もたくさん見れましたね~
いつもと変わらないおバカさんたちだったけど(ホメ言葉)
ようやく2期に入って、清水の良さをアピールするときがきたけれど、
最後またも姫路寄りの話で終わってしまうとは…
元に戻るというか振り出しに戻るというか…
まぁ、明久が清水にときめくようになったり、清水が大胆になったのが進展ですかね(エッ

総合点…25


『BLOOD-C』
ストーリー…0
キャラクター性…2
画…3
演出…1
音楽…3
総合的な評価…1

もうどうしようもないよね!
劇場版がすでに決まってたから、
番宣的なもんだろうとは思っていたけど、まさかの茶番劇!(汗)
むしろ、テレビアニメやったせいで、劇場版に足を運ぶ人が少なくなるのでは…
と危ぶむぐらい、ヒドイストーリーをやっちゃいましたね;
どうすんだよ…
いや~小夜が運動神経いいのに天然でぽやっとしてるという設定からして、
違和感があったのだけれど、まさか頭弄っていたとはね…
違和感は解消されたものの、後味の悪さはなんともいえないよ;

総合点…10


『ダンタリアンの書架』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

なんというか、始めはいろんな本が出てきて、
説明されてもわかんないよ(苦笑)とか思ってたのですが、
そこはスルーして視聴することに。
そういう本に詳しい人のほうが楽しめるのだろうなぁ~と思いつつ、
少々盛り上がりに欠ける話だったかと…
ただ、最終回はあまりに突然すぎましたね~。
まさか敵と鉢合わせになるとは…焚書官も出てくるし。
2クールの丁寧な作りで、この話を見たかったなァ~と思います。
あぁ、あとEDの映像が最悪でしたね☆

総合点…18


『青の祓魔師』
ストーリー…1
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

1クール目までは良かったのですが、
2クール目からのオリジナル展開に入ると、絵はガタガタ…
ストーリーはガタガタ…残念な結果に終わりましたね。
最後が、俺達の戦いはまだまだ続く☆出終わらせたのはしょうがないとして、
それまでのエルンストやサタンの策略が、茶番にしか見えなかった…
あとパラディンのエンジェルの扱いもひどくて…
燐はパラディン(獅郎)を目指してたってのに、パラディンがしょぼく思えてしまったぜ…
こちらも原作ストックたまってからのアニメ化が良かったかもしれませんね;

総合点…14


ベストOP賞…「Hacking to the Gate」いとうかなこ『Steins;Gate』
もうこれしかないでしょう。
歌そのものも良かったけど、歌詞もアニメにマッチしてて良かった。
やっぱりいとうさんの歌好きだよ~。

ベストED賞…「マジLOVE1000%」ST☆RISH『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』
EDもこれしかないでしょう!
1話目だけはOPで流れたものの、映像とともに度肝を抜いたこの曲w
誰がも印象に残ったはず☆

ベスト声優賞・男性…宮野真守さん
『Steins;Gate』でのオカリンの演技が素晴らしかったですね!
うた☆プリでは歌でも魅せてくれたし、楽しませていただきました。

ベスト声優賞・女性…今井麻美さん
こちらも『Steins;Gate』のクリスのツンデレ演技がすばらしかったかと☆
ノリツッコミがステキでした。
まゆしぃ@花澤さんも迷ったんだけどねぇ~
やはりメインヒロインの方が印象が強かった。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

コメント

ジャスタウェイさんへ
最近の夏目友人帳は初期より、名前を返す場面が少なくなっているのが気になります。 それと、ニャンコ先生の用心棒としての気のゆるみとお腹のゆるみが気になります(笑)。
宮野さんのオカリンの演技も好きでしたが、関さんのダルも好きでした♪
>スピーゲル様へ♪
スピーゲルさん、こんばんは。

> 最近の夏目友人帳は初期より、名前を返す場面が少なくなっているのが気になります。
夏目友人帳は、夏目の成長or変化に応じて、
描き方が変わってきた気がしますね。
名前を返す機会が減ったぶん、レイコを思い出す機会も減ってきた気がします;
次のシーズンは、ニャンコ先生の活躍がもっとあればいですね~。
そうすればおなかの緩みももうちょっと(ぁ

> 宮野さんのオカリンの演技も好きでしたが、関さんのダルも好きでした♪
そうそう、関さんのダルも良かったですね♪
独特の演技で、時おり素の関さん声が聞こえるのがツボでした。
宮野さんの演技もすばらしかったし、シュタゲはいいアニメになりましたよね♪
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

9月終了アニメについての評価企画。 …今期というか もう前期ですね(^^;  今回も参加させていただきます。 各作品ごとの評価と、部門別のベスト賞を選んでいきます。  ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪ にほんブログ村
毎度毎度遅くなってすみません m(_ _)m >ピッコロさん ・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 ★日常 ・ストーリー:2 ・キャラクター性:3 ・...