ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『鬼物語』著:西尾 維新

2011.10.27 (Thu)
4062837811鬼物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN
講談社 2011-09-29

by G-Tools

◆あらすじ◆
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

“誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ”
阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、“怪異を超越する脅威”とは……!?
美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!!

きみだって、知ってたはずの嘘だった。     (「講談社HP」より)


本当…最近、人気漫画の最終回って見なくなりましたよね~
特に間にアニメ化が入ると、そうなる傾向になるような~。
と思わず本編のきわどい話題に同意しつつ~

今回のサブタイトルは、「しのぶタイム」ということで、
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードこと
忍野忍の話だったはずですが、
忍というより私的には八九寺の話だった気が!

以下、ネタバレ感想です。
「失礼噛みました」
って、噛んでない!!(涙)

時系列は『傾物語』の直後の話。
「くらやみ」と勝手に命名した変なものに追われたため、
それにまつわる忍の昔話を聞くことになりましたが、
話が長い(マテ
おまけに話が長い割りに、「くらやみ」の正体わからないし!(ぁ

いや~結局は、臥煙伊豆湖によって、その全貌が分かったんですけどね。
「『あれ』は怪異の道を踏み外した怪異を狙うんだよ」
ということで、400年前は神だと否定しなかったキスショット。
今回は、本当は成仏しているのに、幽霊として、
幽霊の幽霊として怪異の道を踏み外した八九寺が狙われていたようで…

残念ながら皆を守るために、ここで八九寺ちゃんとはお別れにっ!
なんてこったい!
私が一番好きだった八九寺ちゃんと、まさかお別れする日がこようとは!

「阿良々木さん。最後にあれやりましょうよ、あれ」
「噛みましたから始まる、一連の流れ」

って、あの噛みかたわざとだったのか!
なんか、堂々といわれるとそれはそれでショック!
まぁ、あんなに何度もタイミングよく偶然噛むわけないだろうけどさ!

「失礼。噛みました」
最後は噛むことなく、暦にキスして姿を消しちゃいましたね~。
この冷酷ロリディウムが!(軽蔑の眼差し!(嘘デス))
いや~今回の暦は幼女たちにキスされてばっかりだったねぇ~。
あぁ、しかし本当に消えてしまうとは…

「間違っているものを正し、終わるべきものを終わらせる――
強いて言うなら、嘘つきを罰する仕事ってところですかね」

今回は女の子だった忍野扇。
なにやら意味深なことを言ってましたが、嘘つきを罰するって…
今回のことと言い、やっぱりこいつのせいなのか?

暦も忍も扇が「何か」だと気付き始めているようですが、
とりあえず今は泳がせている様子。
まぁ、なにか気付いていたというのはよい知らせですが、
扇については次回で解決するんだろうか?
それともやっぱりサードシーズンが待っているのか!?

いずれにしろ次の『恋物語』が楽しみです。

コメント

ジャスタウェイさんへ
今回は忍と、真宵の話でしたね。どちらかといえば真宵がメインかな?学習塾炎上について詳しく知りたかったですね~。 セカンドシーズンもあっという間に最終巻…どんな展開になるか楽しみです! サードシーズンあるかなぁ~ ではでは(^O^)/
>スピーゲルさまへ♪
スピーゲルさん、こんばんは。
本のタイトルと表紙を見たら忍が主人公のように思えるのですが、
ストーリー的には八九寺の話でしたよね。
おかげで、より思いがけない展開に感じました;

> サードシーズンあるかなぁ~
結構、あとがきで西尾さんがぽそりとつぶやいたことは現実になってる気がするので、
サードシーズンある可能性ありますよね!
まずは次巻で綺麗に終わってくれることを祈るばかりです!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック