ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『輪るピングドラム』#20「選んでくれてありがとう」

2011.11.25 (Fri)
「この世界は選ばれるか選ばれないか。
選ばれないことは、死ぬこと───」


晶馬が自分の運命の人だったと思い出してしまった陽毬。
とりあえず、このことは自分の胸にだけしまい、
思い出したことは兄たちには黙っていたが、先生には相談するのか…。。。
「私は絶対認めないわ!!」
夏芽は最後まで陽毬のことを、偽の家族ごっこを認めないと憤慨していましたが、
なぜそこまで怒るのか、今回のでなんとなくわかりましたね。

高倉父たち「ピングフォース」のアジトの様子が描かれてましたが、
なにやらそこに冠葉と夏芽がおり…
夏芽は冠葉のことを「お兄様」と呼んでましたね。
晶馬のことは「あの子」ぐらいのそっけない感じで…

「次はもっと大事な私たちのお父様のお話なのに」
このとき、冠葉父であるはずの剣山@子安さんが演説をしていたけれど、
次にもっと大事な「私たちのお父様の」お話があったようで!

って、そういえば夏芽父はこの組織に関わってたんでしたっけ~
妙に夏芽家のほうで二人があっていたし、
本当に冠葉と夏芽が兄妹という可能性が?
だとしたら3人そろって高倉兄弟は血が繋がってないのか;
前回、剣山に誉められて、冠葉ってば嬉しそうだったのに~。

まぁ、組織全体を家族と現し、
そのリーダーを「お父様」と呼ぶ可能性も捨てきれないけど…
ここでそれを披露したということは、やっぱり冠葉・真砂子兄妹が濃厚か。

冠葉父の演説は、「何者にもなれない奴ら」だの「希望の松明」だの、
これまで聞いたことのある意味深なセリフが多かったけれど、
なにやら社会から捨てられた子どもたちが、
子どもブロイラーで透明にさせられるこの世界を間違っていると否定しているようで。
なんだかちゃんとした行動理念があるようで、ちょっぴり安心。
まぁ、やってることは過激だけどね;

晶馬はアジトのあるマンションで母の帰りを待つ陽毬と出会い、
こっそり猫を飼ったりして過ごしてたようだけど、
その名前まで付けて飼ってた猫がゴミ収集車に…。。。
「選ばれないことは、死ぬことなの」
そういい残し、陽毬は晶馬のマフラーを思い出に持って、子どもブロイラーへ!

「運命の果実を一緒に食べよう」
けれど、晶馬は陽毬を選び、陽毬は死を回避できたようですね。
「生きるってことは罰なんだね」
しかし、なにやら陽毬は生きる=罰なんだと思ってる節があるようで;

「高倉家の罪は僕の罪。僕だけの罪なんだ。
だって、陽毬は僕が家族に選んだんだ」

まぁ、晶馬も罪の意識があるようですが。
高倉家は世界を変えるために動いているようですが、
冠葉のようにやはり陽毬の治療費のために、というのもあるようですね。
だから晶馬は陽毬を家族に引き入れた罪の意識を感じてるようですが、
そんなのがあったら、陽毬が可哀相な気が;

「逃げるものは追う者に、決して果実を与えない」
眞悧は陽毬に恋をけしかけてるようで、そうでもないような;
結局何がしたいんだか~。
段々話の全貌が分かってきましたが、確か全24話予定と聞いていたんだけど…
あと4話で終われるんだろうか;

輪るピングドラム 7(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム キャラクターソングアルバムノルニル・少年よ我に帰れDEAR FUTURE

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

晶馬と陽毬の過去が明かされるお話でした。真砂子の指摘で、陽毬たちは忘れていた過去を思い出しました。晶馬の両親が、まだアパート暮らしをしていた頃、そこで晶馬と陽毬
輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray](2011/11/23)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック...
【UN-GO 第7話】ええと、新十郎さんが見た白昼夢の回…でいいんだよな?監督の遺体の状態は、路面電車に轢かれたみたい…とか言われてましたが、いやいや路面電車に轢かれたら、あ ...
選ばれた者と、選んだ者の苦悩……  どうも、管理人です。色々とスケジュールを弄ってみたら、今週のスケジュールが素晴らしいことに…。若干出不精な管理人に、よもや毎日予定が入るとはw それが影響してか、今回はちょっとコンパクトに感想をまとめようかと。それ...
晶ちゃんとサンちゃんと私、部屋とYシャツと私。家族みたいで楽しかった。 「マッチ売りの少女」みたいな切ない雰囲気でした。 そして今回の話はどう受け取ればいいのか。ちょっと難しかったなぁ。
この作品は、還元的に捉えてはいけないのでしょう。 輪るピングドラム 第20話 『選んでくれてありがとう』 のレビューです。
輪るピングドラムですが、高倉家の父親は組織のリーダー的な存在だったようでこの世界を変える為の生存戦略の演説をやっています。子供時代の高倉兄弟の中で「嫌だわ、早くすり潰さないと」風の女の子もいたような気もしますが、そのマンションの階段に陽鞠もいます。(以...
輪るピングドラム 20話「私を選んでくれてありがとう」 の感想を ”きっと何者にもなれない人” 未来を断たれた者達へ送られる、この言葉 可能性が無い 救いが無い 愛が無い、それはつまり死ぬことと同じだな
陽毬の運命の人、それは晶馬。それって苹果とライバルになること?「輪るピングドラム」の第20話。 あう、下書きのままだった・・・ 「ピングフォース」それが全ての始まり。 でも桃香の日記は別の原...
この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。 エル「MSA ...
・・・生きるってことは罰なんだね、でも罰でも昌ちゃんと一緒にいたかった。だから、選ばれたかった・・・ 絶望の末、子供ブロイラーに自ら足を運んだ陽鞠、そして彼女を迎えに ...
ここに来て高倉家がバラバラになって来たな。それぞれ考えていることがすれ違ってきてる。 冠葉は回想で夏目真砂子に「お兄さま」と呼ばれている以上、夏芽真砂子の実の兄でいいのかね? あの組織が身内を...
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/post-a471.html
この世界は選ばれるか選ばれないか――。 それがこの作中世界の歪みのようです。 個人を誰かが傍に居て欲しいって選んでくれるのは嬉しいことですよね。 でも それが 自分(たち)だけは選ばれたとか言い出...
輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray](2011/11/23)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る 陽毬を救えるのは、俺しかいない。 アニメ「輪るピングドラム」第20話の簡易感想です。 簡易であるためあらすじはありません。 治療費。
マジで泣いた。ロマンティックが止まらない。
晶馬が渡したりんごによって陽毬が救われました。 さて、陽毬の運命の人は晶馬で決まりなのか! 今回はウテナスタッフである林明美さんが 絵コンテ・演出・作画監督で参加。 今までの作画監督とは違...
 今回は晶馬と陽鞠がどうやって出会ったのか明らかに。子供の時の二人かわいすぎでした。二人が出会い、結ばれるシーンには涙が…。これは冠葉、勝てないな…と思ってしまったり。高倉家の面々の中で最終的に両想いになれるキャラがいるのか、今回観...
陽鞠が本当の妹じゃないって話が出ましたが。冠葉も本当の兄弟なのか怪しくなってきた。つまり高倉兄弟は全員赤の他人の可能性が出て来ました。 テロ事件の後でしょうか、潜伏先でアジ演説をかます高倉パパ。そこに冠葉、晶馬、真砂子、マリオが居る。演説そっちのけでベ?...
輪るピングドラム #20 選んでくれてありがとう 387 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/26(土) 02:52:17.72 ID:iXdDvfmf0 なんかいい話っぽかったけど ぶっち...
輪るピングドラム 20th STATION 「選んでくれてありがとう」 です。
高倉家の息子は昌馬一人かよっ! 夏芽真砂子と高倉冠葉が兄妹だとすると、夏芽の父親は高倉の父と兄弟? 夏芽の家の恥さらしって…母親が違うのかもね。 高倉は、母親の姓ってこともあるかも。 ・キスだ...
高倉剣山たちが率いる『ピング・フォース』は決行前夜、とあるマンションの一室に集まっていた。人に何かを与えようとはせず、求める事ばかりしているつまらない事ばかりしている。この世界は何者にもなれない者達によって支配されている氷の世界だと主張。故に聖なる炎で...
これが我々の生存戦略なのだ! 「輪るピングドラム」第二十話感想です。 オトナアニメディア 2011年 11月号 [雑誌](2011/10/03)不明商品詳細を見る
待ちに待った晶馬の過去編!だったのですが、 実際見てみても彼がどういう存在なのかはわかりませんでしたね。 てっきり彼にも何か不思議な能力があったりするのだと思っていたのですが、 今回わかった範囲では特に晶馬自身がどうという話ではありませんでしたね。 ...
真砂子に追い詰められた陽毬を抱く冠葉と盾になる晶馬。 真砂子は諦めないと言って去って行く。 陽毬は、とうとう自分の運命の人を思い出した。 自分の幼いころ、晶馬と出会ったことや子供ブロイラーへ連れて行かれたこと、 そこに晶馬が助けに来てくれて、彼からりん...
今回は陽毬と晶馬の出会いに焦点が当てられた話でした。 高倉家の両親がリーダーの組織・ピングフォースは第36次南極環境防衛隊のメンバーのようですが、アジトにはその子供達も大 ...
最終回に向けて次々に謎が明かされていく回。 以下実況 「儲かるとか儲からないとか」 シロ君!? 完全にカルト宗教だな。 と思ったが、世界の方も結構おかしかった。 「晶ちゃん……」 冠葉涙...
「選んでくれてありがとう」 夏目さんの言葉。「私は絶対に認めないわ!」の意味とは
本当の、妹は・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111250003/ 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.11.23 キングレコード (2011-11-23) 売り上げランキング:...
輪るピングドラムの感想です。 剣山たちの組織をどう捉えるか。
冠ちゃん、まさかのラスボス化? というわけで、 「輪るピングドラム」20話 家族ごっこの巻。 高倉家の実子は晶ちゃんだけで、 兄貴と夏芽さんは幼い頃(兄貴は今でも)ピングフォース構成員で、 ...
テロ決行前日、とあるマンションの一室で演説をしていた剣山… 彼等の犯罪組織の名前はピングフォース―― 何者にもなれない奴らに支配された世界を塗り替えようとテロを画策していたんですかね 何とかぎり...
氷の世界で生存戦略!なピングフォースの真実回でした。 陽毬と晶馬の出会いの記憶が明らかに、と、風雲急を告げる物語ですが、掘り下げに重点が置かれた分進行速度的にはやや遅め、といったところでしょうか。 というか、さすがにカルトな雰囲気がやり過ぎになって来てい...
やはり、カンバは夏芽家の人間だったか。 しかし世界観がよく分かりません。 続きからどうぞ。
10年前、彼女を選んだ時の話・・・
今こそ取り戻そう。 本当のことだけで人が生きられる美しい世界を!! これが我々の生存戦略なのだ---------!! きっと何者にもなれなかった者が支配する、この氷の世界。 ピンクフォースで、声高に明日の世界の浄化を叫んだ剣山。 これが、彼の作ろうとした世界なの...
今こそ取り戻そう。本当のことだけで人が生きられる美しい世界を!!これが我々の生存戦略なのだ---------!!きっと何者にもなれなかった者が支配する、この氷の世界。ピンクフォースで、...