ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Fate/Zero』#11「聖杯問答」

2011.12.11 (Sun)
「王とはな、
誰よりも強欲に、誰よりも豪笑し、誰よりも激怒する。
清濁を含めて人の臨界を究めたる者!」

王とは誰よりも鮮烈に生き、諸人を魅せる姿をさす言葉!!

切嗣の留守中に、ライダーが雷を響かせて突撃訪問!
「一献かわしに来たに決まっておろうが」
って、別に戦いに来たわけではなく、酒を酌み交わしに来たのらしい;
だがそこにはアーチャーも現れ、三人の王が聖杯に何を望むか語り合うことに。
なにやらライダーが闘わずとも語り合うことで、
誰が聖杯にふさわしいか分かるだろうってことで、格付けチェックが始まった!?
まずは自分と同じく王と呼ばれる二人を誘ったようですが…

「そもそもにおいて、あれは俺の所有物だ」
「法だ。俺が王としてしいた俺の法だ」

相変わらず、アーチャーは俺様ジャイアニズムで;
話にならないというか…
まぁ、おかげでライダーはアーチャーの真名に思い至ったようですが…
正直者すぎるぞ、アーチャー(苦笑)

「受肉だ。余は転生したこの世界に、一個の命として根を下ろしたい」
一方、ライダーはというと、望みはこの世に生きるための体!
その体をえて、再びこの世界を一から征服しようと!
本当の望みは自分でかなえるってところが、ライダーらしいですね♪
ウェイバーは早とちりして突っ込んで、ひどい扱いだったけど☆

「私はわが故郷の救済を願う。
万能の願望器を持ってして、ブリテンの滅びの運命を変える」

そして、セイバーの望みは…周りの失笑をかってましたね;
自分の行いを否定するその望みは、
ひいては自分のために頑張ってくれた臣下の努力を否定するようなもんだが;

王とは身を挺して国の繁栄を望むというセイバーに対し、
王たるものが何かを子供に諭すように語るライダー。
うーん、こっちの方が説得力あるかも~だなんて思ってたら、
「貴様は臣下を救うばかりで、導くことをしなかった」
次から次へとセイバーは痛いところを突かれちゃったようで;

「王の形を示すこともなく、道を見失った臣下を捨て置き、
すまし顔のまま、こぎれいな理想とやらを思い焦がれていただけよ。
ゆえに貴様は生粋の王ではない。己のためではなく、
人のための王という偶像に縛られていただけの小娘にすぎん」

セイバーには、自分が掲げる理想しか見えていなかったと一刀両断するライダー。
それが全くの的外れではないことの証かのように、
「アーサー王は、人の気持ちが分からない」
こういってセイバーのもとを離れた騎士がいたそうで;

「彼らとの絆こそが我が至宝!我が王道!
イスカンダルたる余が誇る最強の宝具、アイオニオン・ヘタイロイ!!」

おまけに、王とは孤高であるというセイバーの答えも否定するライダー。
その証として、自らのかつての軍勢を披露!!
って、ここの空間にはいっちゃったらもう勝ち目ないじゃん;
ということで、水差したアサシンたちは秒殺されちゃいましたね…
あとどれだけ綺礼のところに残ってんだか~
しかし、多重人格だったとはね…何で数多いんだろう~とか思ってたのに。

「なぁ、小娘よ。いい加減にその痛ましき夢から覚めよ。
さもなくば貴様は、いずれ英雄としての最低限の誇りさえも失うはめになる」

語り合いの末、セイバーを王として認めないという答えに至ったライダー。
すでに小娘扱い。
けれど、そのセイバーの生き様に忠告をしてくれましたね。
セイバーの見る夢はいずれは身を滅ぼさせる「呪い」のようなものだと…

アーチャーもセイバーの夢は、人の身に余るものだといってましたが、
これをきっかけに本当にセイバーが考えを改めてくれるといいんですけどね~。
潔癖すぎるのは、やはりいきにくいかと;
そんなんじゃ、切嗣とともに行動するなんてやっぱり難しそうですし…
って、そんな簡単に変えれるものでもないだろうけれど…
戦闘シーンは少ししかなかったけれど、とっても興味深い話でした。
面白かったし♪

個人的には、今のところの『Fate/Zero』の話で一番好きな話かも。
いや、ランサーが出たときは出たときで、別の興奮があったけどな!
分割2クールの前半は13話までなので、残り2話か~
区切りが良いところで終わるにしても寂しくなりますね~…あぁ。
セイバーの変化を期待するなら、後半の1クールに期待するしかないのかな?

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ⅠMEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)oath sign【期間生産限定盤】

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

こんばんは
ライダーは、
「自分のやりたいようにやるのが人生。結果はどうあれ、皆精一杯生きたからそれでいいじゃん」
という考えみたいですね。
自分の人生が正しいとは言ってませんが、悔やみはしないと言い切ってますし。
セイバーは、「正しく生きなければならない」という思いに縛られ過ぎていたのかな・・・と思いました。

そんな彼女に向けた最後のアーチャーの台詞は、セクハラに聞こえました
「慰み者としては中々に上等・・・」
慰みものってアンタ・・・
>通りすがり様へ♪
通りすがりさん、こんばんは。

> 自分の人生が正しいとは言ってませんが、悔やみはしないと言い切ってますし。
ライダーがいっていたように
悔いがないように、そのときそのときを一生懸命に生きるというのが理想ですよね。
セイバーは自分なりに一生懸命に生きてはいたようですが…

> セイバーは、「正しく生きなければならない」という思いに縛られ過ぎていたのかな・・・と思いました。
そうですよね~
正しく生きようとするからこそ、裏切り上等(?)な切嗣と上手くいっていませんし(ぁ
これをきっかけに柔軟な考えをもってくれるといいのですが;

> そんな彼女に向けた最後のアーチャーの台詞は、セクハラに聞こえました
完全にセクハラでしたよね(苦笑)
原作既読者のブログを回ると、原作には更なるセクハラ発言があったようですが…
アーチャーがセイバーの見る目を変える日がきて欲しいものです!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

作    画:6(蹂躙する王の軍勢の迫力さに) ストーリー:7(王とはなんであるかを語り尽くした一話) アクション:8(ライダー1人勝ちのアクションシーン) 萌    え:6(ウェイバーの一挙一道に)
 今回は、セリフに独特な言い回しが多いため誤字等が含まれている可能性があります。 予めご了承下さい。
「Fate/Zero」  第11話 「聖杯問答」 の感想記事です。   征服王ライダー来訪。   王たる資質を問う為、セイバーの元へ・・・
「―そも、王とは孤高なるや否や?」 我も王。彼も王。それを弁えた上で酒を酌み交わすならそれは剣に依らぬ”戦い”――― 原作重要イベントの一つ、「聖杯戦争」ならぬ「聖杯問答」が繰り広げられる「Fate...
セイバーの城に乗り込んでくるライダー。しかしライダーに戦う意思は無く、共に酒を飲むために来たのだった。 アーチャーも合流し、3人は各々が聖杯に託す願いについて語り合うが、セイバーの願いを聞いた...
うわっ、私の人望・・・低すぎ?ライダーの宝具「王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)」を見た時のセイバーの表情は何とも複雑そうでした。それもその筈、この宝具の存在自体がセイバーに対する強烈な皮肉だったからです。 セイバーつまりアーサー王の終焉は何とも物悲?...
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る 切嗣が留守の折、彼らの拠点にライダーが乗り込んできた。 正面から堂々とやってきたライダーに、警戒するセイバー。 ...
それぞれの王としての生き様・・・ かつてブリテンの騎士王だったセイバー(時空を越えてその肉体は死の間際で後悔と共に生き続けているのですが)、自分自身を極限まで律してきた ...
ライダー「まともじゃ王様は務まらねえ。王様ってのは欲張りで!気まぐれで!残酷で!退屈してるんだ」
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る 王とは何か。 凄まじかった・・・。
切嗣が不在の状況下、再び敵の襲撃。 ですが、現れたのはウェイバーを連れたライダーで、その目的は聖杯問答。 聖杯を競うあうのに何も血を流す必要はないと、酒を持参。 さらに ...
Fate/Zero 第11話「聖杯問答」
Fate/Zero第11話「聖杯問答」「余は貴様をもう王とは認めん」公式HPより切嗣が留守の折、彼らの拠点にライダーが乗り込んできた。正面から堂々とやってきたライダーに、警戒するセイ...
【聖杯問答】 一杯は酒とは言わん。一樽からが「酒」なのだ! Amazon.co.jp ウィジェット
Fate/Zero 第11話 「聖杯問答」 です。 <キャスト> 衛宮切嗣:小山力也 セイバー:川澄綾子 アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:速水奨 アーチャー:関智一 言峰綺礼:中田譲治 アサシン...
 今回はセイバー・ライダー・アーチャーの王三人が、聖杯について語り合う話。ライダーがTシャツなのもあってか、3人が語らうシーンは何だか異様に見えました…。この語らいが今後の話にどう繋がっていくのかますます気になりました。に、してもことごとく論...
英霊たちの飲み会が開かれるお話でした。(^^;切嗣の留守に、いきなりライダーがセイバーのいる城へと乗り込んできました。何をしに来たのかと思えば、王と呼ばれる者同士飲
これこそが征服王の力だ!!! もうライダーさんの宝具のお陰で作画崩壊とかどうでもよくなった。 で、セイバーは左手治ってもライダーさんに勝てるのかい? 追記 ライダーさんの宝具目当てで2回目の視聴したけど 改めてみると我様の笑い方ひっでぇなww ドラマ...
騎士王ハートフルボッコ
ライダーが攻めてきたと思い身構えるセイバー達だが、 当の本人は一献交わしにきただけでしたw なおウェイバーちゃんは「早く帰りたい」と思ってる模様
第十一話「聖杯問答」公式HPよりあらすじ切嗣が留守の折、彼らの拠点にライダーが乗り込んできた。正面から堂々とやってきたライダーに、警戒するセイバー。だがライダーは、王と呼...
ライダーさんかっこいい~ヾ(*´ω`*)ノ ライダーがセイバーさん家に一献交わしに来た! 自由すぎるw アーチャーさんも来た! 街で偶然会ったの?どういう状況w ギルガメッシュ王きんぴかw派手w ちょこんと座ってるセイバーかわいい(*>ω<)
 Fate/Zero  第11話 『聖杯問答』 感想  次のページへ
アイオニオン・ヘタイロイ!!なんと勇壮で壮大な必殺技なんだー!もう英雄王イスカン
作画崩壊wwww 話のほうは事前に「聖杯問答」は面白いと聞いていたんですが、これはどうなんだろう? セイバーの恥ずかしさとイスカンダルのカッコよさは心に響いたよw
 ケイネスを追撃すべく切嗣は、1人アインツベルン城から出て行った。セイバーは自分の意向をまたも無視され、話すらしてもらえず2人の関係は最悪にだった。残されたアイリスフィールは、破壊された城の内部を歩きながら辺りを見渡していた。すると再び、新たなサーヴァン
Fate/Zeroの感想です。 スケールのでかい御方でしたなあ(笑)
▼ 第11話 「聖杯問答」 王とは――。 突然乗り込んできたライダーは酒宴をしようとw アーチャーも現れ、王たちは聖杯に望むものを語り合うことに。 聖杯にふさわしいかの格付けですか。 ▼ Fate/Zer...
王とは――。 突然乗り込んできたライダーは酒宴をしようとw アーチャーも現れ、王たちは聖杯に望むものを語り合うことに。 聖杯にふさわしいかの格付けですか。 ▼ Fate/Zero 第11話 「聖杯問答」  アーチャーは全ての宝物は自分のもの。 お前のものは俺の...
関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第十一話 聖杯問答作画~がくずーれたーというわけでなんかいきなり崩れてOPもありませんでしたwさて切嗣がランサー討伐へ出ている時なんと城にライダー陣営が乗り込んでくるしかしセイバーを討つつもりで来たわけではなく王とし...
【あらすじ】 切嗣が留守の折、彼らの拠点にライダーが乗り込んできた。 正面から堂々とやってきたライダーに、警戒するセイバー。 だがライダーは、王と呼ばれる者同士、一献交えようと申し出る。 その場...
そういえば今は一応、休戦中でしたね。セイバーとライダーが酒を 飲み交わすのはともかく、アーチャーまで現れたのには驚きでしたが、 王同士が自分たちの抱く野望や理想、そして生前の生き様について語り合うスタイルは 面白かったですね。異なった時代の英雄たちが語...
ライダーの声かけで王たちの飲み会。今回OP有りませんでした。セイバーはともかく道すがら声を掛けたアーチャーが来るのが意外ですね。一応ライダーに興味があったのか。  三人の王が地べたに座って一堂に会するという珍妙な光景。そして聖杯戦争ならぬ聖杯問答が始?...
セイバーと聖杯問答を行うライダー。 そこにアーチャーの姿も。 ゲートオブバビロンには酒まで入っていたのかw
Fate/Zero 第11話 『聖杯問答』 ≪あらすじ≫ ボロボロのアインツベルン城に来訪者。それは堂々と城周囲の森に張り巡らせた結界を正面から小細工なしでぶち破ってきたライダーとそのマスター・ウェイバー...
会話劇だから許される(?)作画の崩れよ・・・の巻 とても『小林靖子』臭のする回でしたw ライダーの問答がオーズの世界観、アンクの欲望のそれに感じ、 セイバーの問答が龍 ...
王の、あり方とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112110001/ 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ アニプレックス 2012-03-07 売り上げランキング : 29 Amazonで詳しく見る by G-Tools
話せば分かる、はずもなく。 というわけで、 「Fate/Zero」11話 英霊会議の巻。 アーチャーさんマジ自慢しい。 本物の旨い酒を味わわせてやるとか、どこの山岡さんだよ。 ドヤ顔がちょっとかわい...
王とは何か?庶民には難しい話ですね。 あまりにも難しかったので、慎重に考えながら時間を掛けて 駄文を連ねようと思います。(ダメじゃん)
  ライダーの王としての誇り・信念 全てを受け止め、全てを導く。 その姿に感服しました! 今回はセイバー・アーチャー・ライダーの 聖杯を求める目的と王とは何かを お互いに話し合う内容でしたが、 実質ライダーの独演会でしたね!!  
Fate/Zero 第11話。 騎士王、征服王、そして英雄王、三人の王による語らい―――。 以下感想
 セイバー陣営の居城の結界を破り、ライダーがマスターと共に乗り込んできた。しかしライダーの目的は意外なことに同じ王であるセイバーと酒を酌み交わすことだった。こうしてアーチャーも含めて三人の王のサーヴァント達が一同に介し宴が始まった。そこで各々の聖杯への...
 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第11話 アイリスフィールは何者かが近づくのを感じた。敵はライダー? ライダーはセイバーのところに会いに来...
「いよぉ、セイバー」 「ライダー…」 征服王からの飲み会のお誘いww 征服王と騎士王の間接キスとかセイバーさんのいい飲みっぷりからのドヤ顔など序盤から見所満載w ただ、作画崩壊というかキャラデザ...
今回、作画が酷かったですね。 その分、王の軍勢には力が入っていましたが。 ギルガメッシュや時臣、綺礼のセリフが大幅にカットされていたのも残念。 これじゃアサシンの出現が唐突しぎるように見え...
履き違えた王道―
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。