ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『輪るピングドラム』#23「運命の至る場所」

2011.12.16 (Fri)
「そしてあなたたちは、あの列車で見つける。
あなたたちのピングドラムを」


アバンでは、16年前の桃果と眞悧の対決の様子が!
この世界が嫌いだと気付き、世界を壊そうとする眞悧と止めようと、
彼を永遠の闇に吹き飛ばそうとする桃果。
「なら僕は、君を呪いの中に閉じ込めるとしよう」
それに対し、眞悧も行動に出たが…
「呪文は半分で終わる。君は全てを救えない」
爆発の時間が来たためか、デコに張られたシールのせいか、
桃果の呪文は半分しか唱えられなかったようですね。
そのために、眞悧は幽霊だなんて半端な存在として現れるのか。

いや~それにしても、それぞれ半分になった映像が気になりました。
桃果は二つの帽子に。
眞悧は二匹のウサギに、肉体がそれぞれ分かれちゃったということかな。
ただ、精神まで真っ二つなのかどうかは微妙な気が。
それぞれの個は残ってるようだし~プリンセスも桃果と全く同じとは思えなかったからな;
まぁ、同一のものだとしたら無理やり引き剥がされた影響、とかになるのかな?

「僕たちを必要としなかった世界に復讐するんだ」
「やっと僕は透明でなくなるんだ」

眞悧と同様、ウサギたちも世界を嫌いなようだけど、
「復讐」といってるあたりが、眞悧とは違う気が。
眞悧は世界を嫌いだとはいっても、復讐という言葉は一度も使ってない気がする。
ただ、ウサギたちが言っていた過去が眞悧にもあるのなら、復讐はありえそうだけど。
この人も可哀相な子だったのかな…

眞悧は、この世界の人間は箱の入っており、
箱の壁に阻まれ、得るものなどないというようなことをいってましたが…
まぁ、それは人の感じ方次第な気がしたけれど…
ただ…実際に、晶馬たちが箱に入ってる描写がありましたね;
10年前ということでしたが、例えとかじゃなかったのか(汗)

というか、そのシーンが前回のチラリと見せられ気になっていたところでしたが、
まさかの次回までお預け状態!!
次回で最終回だというのにそれですか!

「かわいそうに。君の双子の妹は死んでしまったよ」
真砂子さん、はやり無事でなかったか;
しかし、冠葉は眞悧に真砂子を復活させるさまを見せられ、
ペンギンを捨てて、陽毬を助けるために眞悧と行動を共にすることに!
日記に触れられないという彼に代わり、
苹果が持ってきた日記と、真砂子が持っていた日記を燃やし、裏切りの連続;

「黒いウサギが世界を壊そうとしている。あれを止められるのはあなたたちだけよ。
そう、あなたと冠葉くん。
そしてあなたたちはあの列車で見つける。あなたたちのピングドラムを」

しかし、日記はピングドラムではなかった!?
ペンギン帽が桃果の声でしゃべりだし、まだ間に合うと晶馬を急かしだし、
運命の列車に乗るよう言い出した!
そして、そこでは「あなたたちのピングドラム」があるのだと!

って、「あなたたち」というところが気になるんですけどね。
各人、それぞれのピングドラムがあるということなのか。
「誰かに見つけてもらえるって、幸せなことなんだね」
なんとなく陽毬のこのセリフが思いだされたのですが、
それぞれの幸せというか、幸せを持たしてくれる人っつーか、
うぅむ、上手く言葉でいい表せない。

「私たちはずっと一緒。だから晶ちゃん、今度は冠ちゃんを見つけてあげて」
「見つけてあげて、冠ちゃんの心を。冠ちゃん世界で一人ぼっちだと泣いてるから」

とりあえず、陽毬の言うように迷子な冠葉を見つけて救い出し、
桃果の言うようにピングドラムを見つけ出すことができたら、
ハッピーエンドになる可能性がまだあるのかな?
次回はどんな最終回なるんでしょう~楽しみですね!


輪るピングドラム 8(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム キャラクターソングアルバム輪るピングドラム 星野リリィ アートワークス (一般書籍)ノルニル・少年よ我に帰れ

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

いよいよクライマックスです!冒頭は16年前の事件から。眞利が主導して、組織のメンバーは世界を破壊しようとしていました。それを阻止したのは、日記を持っていた桃果でし
輪るピングドラムですが、幽霊が暗躍しているようです。苹果は最初の方は「ディステニー!」とか叫んで暴走しまくりでしたが、最近では一番まとものような気もします。(以下に続きます)
【UN-GO 第10話】爆破事件の中編。風守さんの早回し擬音のサービスは、なかなかお茶目で良かったです。事件の方は、麟六さんがお亡くなりになったようですが、表面上亡くなったとい ...
16年前の回想から始まる。「輪るピングドラム」の第23話。 テロを企てる眞俐の前に立ち塞がる桃香。 しかし相打ちとなり二つに裂かれた桃香の体は二つのペンギン帽子へ、 同じく裂けた眞俐の体は二体の...
ついに描かれた眞悧と桃果の対決場面。結果は痛み分け。 眞悧も桃果も真っ二つ。それらが小説版でいう「赤い星四つ」となった? そして燃え尽き灰となる日記。これにはショックを受けました。
分かたれた力と、集結する想い  どうも、管理人です。朝から仕事だったせいか、すでに眠気が…。借りてきたDVDも見なきゃなのに、時間が足りなくなりそうだ(白目)。 桃果:「ようやくお目覚めですね。高倉晶馬くん!」  今回の話は、最終決戦に向けての...
陽毬ちゃんは助かるのか?冠葉の暴走を止められるのか?眞悧の呪いを解くことは出来る
はじめまして、僕は幽霊だよ・・・ 自らを『呪いのメタファー』だという眞悧、そしてその呪いの傀儡として苹果の持つ桃果の日記を焼く冠葉、身を呈して焼かれる日記を守ろうとす ...
すべての個人は箱に入れられた存在でそこから出ることはできない。 それが眞利にとっての世界観。 つまり 世間や周りの人から見て 個々人はどういう存在かと規定されてしまう。 本人が思ってる「自分」で...
輪るピングドラム 23話「運命の至る場所」 の感想を 全ての始まりと言っていい「サネトシ」と”地下鉄事件” その事件はいまだに続いていた… 運命の列車が発進し、その先の世界は
輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る 冠ちゃん、世界にひとりぼっちだと、泣いてるから。 アニメ「輪るピングドラム」第23話の簡易感想です。 簡易であるためあらすじはありません。
冠葉がサネトシに真砂子が生き返る様を見せつけられて利用されてしまった、ように見えるがそのまま受け取っていいのか?ほとんどそうだとは思えるんだけど一つ気になるのが晶馬に対して撃ったのが何かってこと...
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/12/post-787b.html
サネトシの思うままに世界は向かうのか。 彼が呪いのメタファーであれば 世界は呪いに縛られてしまうのか。 「箱」というテーマを用いてきたピングドラム。 冠葉・晶馬・陽毬・苹果・山下の運命は?...
16年前の真実。世界を壊そうとした組織のボス渡瀬眞悧と桃香が対決。結果は相討ちでテロも完全に防ぐには至らなかったと。 渡瀬や高倉父母、そして冠葉のやろうとしていることはまごう事無きテロに思えます。でもこどもブロイラーとか、世界がオカシイのかもしれない。そ?...
輪るピングドラム #23 運命の至る場所 111 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:57:53.86 ID:RWQ4ANkE0 結局最後は兄弟の熱い決着で締めるのか? そ...
キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」(2011/12/09)ブロッコリー商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコ...
 今回も終わりへ向けて話は進んでいきます。犯罪を犯してでも陽鞠を助けようとする冠葉、それを止めようとする晶馬・苹果。一体どんな終わりを迎えることになるんでしょうか…?ペンギン帽の謎に関しても明かされ始めてどうなるのかますます気になって来ました...
    陽毬の 『幸せ』                       どんなに 遠くはぐれて しまっても・・・               ...
眞悧が日記やこの世界に直接手をくだせない理由。 それは彼が幽霊であることだと分かったのは少し前の話ですが、 人間を生き返らせることは可能なのですね。 これで完全に眞悧に従う事を決めてしまった冠葉ですが、 この辺の経緯は父親たちの時はどうだったのだろう...
運命の至る場所-----------16年前の事件の朝の眞悧の回想。あの日も使われたのは、クマのぬいぐるみ。地下鉄の中に仕掛けられたクマ爆弾。「ある朝気づいたんだ。僕はこの世界がキラ...
運命の至る場所----------- 16年前の事件の朝の眞悧の回想。 あの日も使われたのは、クマのぬいぐるみ。 地下鉄の中に仕掛けられたクマ爆弾。 「ある朝気づいたんだ。 僕はこの世界がキライなんだって」 続きを読む 第1話  第18話 第19話 ...
世界はいくつもの箱であり人はそこに入るしかない 箱の中にい続けたせいで自分がどんな形だったかを忘れてしまう そこから出ることを選び、選ばれしものだと疑わなかった眞利 世界に絶望したことで鬱屈した...
輪るピングドラム 23th STATION 「運命の至る場所」 です。 『輪るピ
難解。そして分からないことが多すぎる。
病院に運ばれて来た陽毬の元に駆けつける晶馬。 医師にもって今日明日と宣告を出される事に。 そんな時に冠葉が何をしているかと思えば、双子の妹・真砂子が御臨終する所を渡瀬に ...
兎が本体かっ!? モモカは二つの帽子様を合わせた姿だったのかっ!? ・幽霊と消えた少女 まだギリギリ生きている陽毬。 眞悧はやっぱり死んでいるんだとすると…今までの奇跡は何だろう? 夢?夢なの...
運命の列車へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112160003/ 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray] 幾原邦彦 キングレコード 2011-11-23 売り上げランキング : 454 Amazonで詳しく見?...
「ある朝、気が付いたんだ。僕はこの世界が嫌いなんだって」 以下実況 運命の至る場所。 桃果さんは相変わらずの強キャラっぽいオーラがある。 眞悧が幽霊で実在しないとなると、これまではどういう...
眞悧は、16年前の事件の首謀者? 組織の人間を使って、地下鉄のあちらこちらにベアを置いていた。 その時、眞悧の前に桃果が現れる。 桃果は眞悧を止めるために日記の呪文を唱えるが、半分しか効果がなく、桃果も 眞悧も呪いの中に閉じ込められた。 眞悧は、冠葉を...
誰かに見つけてもらえるって幸せなことだね 「輪るピングドラム」第二十三話 感想です。 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る
まだ、世界は、終わってない! というわけで、 「輪るピングドラム」23話 わたしにできることの巻。 ついに動き出した物語、ついに本気出した二つの勢力。 運命の改変が正しいことなのかは分からな...
輪るピングドラムの感想です。 物語は最終局面なんですけど…どうなるのか。
いよいよクライマックス!といった感じで清々しいほど悪意むき出しのサネトシさんマジパネェっす!回でした。 真砂子はやっぱり死んでしまったのかと驚いた矢先にサネトシの魔法(自称)で息を吹き返したのに2度驚かされましたが、彼自身が言う通りその存在は人間ではなく...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。