ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『七つのくるり 1』著:潮見 知佳

2011.12.30 (Fri)
4063805492七つのくるり(1) (KCx(ITAN))
潮見 知佳
講談社 2011-12-07

by G-Tools

「…鬼はすでに人にあらず。
命の理を外れ、この世を乱す禍なれば───
其を滅するは帝の命……我らが役目よ───!」


白泉社から出ている『ゆかりズム』2巻目の帯で知ったのですが、
この『七つのくるり』は講談社から出ている「ITAN」という雑誌で連載中らしい。
*3の倍数の月に発売。
あとは『KEY JACK』に『ラグトニア』もあるから、連載4つも抱えてるのか…すごいな;

主人公は表紙の人、菫丸(すみれまる)。
ということで、この方男性でした!
パッと見、刀持ってるけど女性だと思ったのに;
女性と見まごう美人さんな彼は陰陽師らしく、
侍(眼帯+美形)と僧侶(耳にピアス)を引き連れて、鬼退治の途中でした。

以下、ネタバレ感想です。
愛や願いや欲望が“七つのくるり”を回す時、人間は鬼と化す。

「くるり」というのは、体と魂を結ぶ七つの繋ぎ目のことで、
色とりどりに輝いて回る光の輪になっているらしい。

本来、人が死ぬ際には、この七つのくるりの回転がゆっくりと止まり、
体と魂が自然と分かたれるものなのだけれど、
強すぎる思いがあったりすると、回転がやまずに体から魂が離れず、
鬼になることがあるのだという。

その鬼を滅するよう菫丸は帝にの命を受けてるようだけれど、
どうも鬼を生み出してる僧侶・浄閻という人がいるようですね。
鬼に襲われると、その人も鬼になりやすいらしく都は鬼だらけのようで…
首謀者まで、ハッキリわかってんのかい;
どうも、蓮慈はこの人を追うために菫丸と同行してるっぽいなぁ~。

まぁ、曲の件が片付いたものの、一緒にいってくれるようでホッとしたよ!
意外とツンデレ属性っぽいことに驚いたけど(苦笑)
いや~いい組み合わせだ。
あとは、蓮慈の性格ももうちょっと分かるといいんだけれど。

「七つのくるりを大きく───大きく輝かせるようになって…人々を救えるように───」
生きながらにして鬼になった女性をあっという間に人に戻した菫丸でしたが、
その力は幼い頃から修行した賜物だったようですね。
ただ、なぜそこまで必死になって頑張ったのかが気になるところですが…
まぁ、色々ありそうですが、今後に期待です☆

4063761738ITAN 7号 (KCデラックス)
ITAN編集部 会田 薫 びっけ 雲田 はるこ アサミ ジョー 阿仁谷 ユイジ 鈴木 有布子 naked ape 南国 ばなな 田中 相 夏目 ココロ 群青 千代多 みく郎 冴凪 亮 タカハシ マコ 大石 フジコ
講談社 2011-12-22

by G-Tools

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック