ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『ヨルムンガンド』#6「African Golden Butterflies phase.1」

2012.05.16 (Wed)
「彼女の作るものは必ずといっていいほど軍事転用されてしまう…ロボット技術のスペシャリストだ」

南アフリカに向かうココたち一行を、海賊が襲う。
かなりの武器を持っていたことを訝しむココだったが、
海賊は相手の素性を知らなかったのか、
ココたちの装備に驚きつつもあえなく敗走するのだった。
この海賊の話も、何かの伏線になってるんですかね~。
アフリカで遭遇したカリー社長が、東と南アフリカからは手を引くといっていたのが気になるw
何か知ってそうですよね。

ターシンハイコンスがアフリカに来たのと何か関係があるのかな~。
海賊に武器流してるとか?
スケアクロウも彼らにきな臭い金の匂いを嗅ぎ取って接触してきたようですが、
けんもほろろ~相手にされなかったようで(苦笑)

「あんたらとキャスパー・ヘクマティアルのことだがな」
ただ、彼の話し振りだとキャスパーはすでにターシンハイコンスと接触してるようで?
取り引きしておいて、何食わぬ顔でココに忠告したのかよ~と思ったのですが、

「奴らを滅し、キャスパー・ヘクマティアルに狩られた私の部下の供物にしてくれる」
すでに一戦交えたあとだったんですね;
しかもキャスパーのほうが勝ったよかよw
相当恨まれてるようですが、どうして闘う事態になったんだか~。
やはりターシンハイコンスが武器を売ってるのは間違いなさそうですね。

おまけにキャスパーのことなら、やっつけておいて
自分のいい条件で取り引きとかしてそうな気もするけど(ぁ

「杖をついたお年を召した男性と、若い秘書の二人組がよくドクターの元に」
どうやら技術が軍事転用されるという、Dr.マイアミに接触してきてるようで、
何食わぬ顔してココにも挨拶!
陳社長、カリー社長よりもなかなかのやり手のように見えましたが、
隣にいたカレン…
前回予告で見たとき、バルメかと思っちゃいましたよ(苦笑)
声が違ったので、あぁ…バルメの過去話の回じゃなかったんだ~
とすぐ気付きましたが、ややこしい!(ぁ

「妨害者の出現の際は、それも撃滅」
蝶を求めて山に入ったDr.マイアミを完全武装で保護する目的で入ったレームたちでしたが、
妨害者は撃滅って、ヨナも含めた全員が目を赤く光らせてるww
もうヨナもすっかりここの一員ですね(苦笑)

「奴らの待ち伏せのタイミングを外したのは誉めてやる」
ヨナが気配を感じ取ったのか、あてずっぽうで撃ち始めたら向こうも出てきちゃいましたが、
結局、Dr.マイアミは何しにこの山へ?
本当に蝶が目的だと思っていいのかなぁ。
一応同僚に座標教えてたけど、陳サイドにもバレてるっぽいし。
って、バレてるのか本人が教えたのか、それも気になるところだけれど~。

「キャスパーの件もお前がほころびだったな。地獄で詫びて来い」
カレンは使えない部下をあっさり殺しちゃいましたが、
バルメはその姿を誰かに重ね、めちゃ瞳孔開いてるww

どうやらカレンから思い浮かべたのは男性のようでしたが、
彼女と同じく両手に銃剣を持ってる人のようですね。
それがカレンとどう関係あるかは分からないけれど、
次回のバルメはきっとすごいんだろうなぁ~。。。
暴走しそうで怖いけど、レームがいるし大丈夫かな?

ヨルムンガンド 3 <初回限定版> [Blu-ray]Borderland TVアニメ「ヨルムンガンド」OPテーマ<通常盤>Ambivalentidea TVアニメ「ヨルムンガンド」EDテーマ

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

こんばんは!
ジャスタウェイさんこんばんは!
今回はテンポよかったし久々に盛り上がったなと!
何やら物騒な武器商人がまた出てきましたね…
陳はカリー社長よりも腹黒そうな感じで何を企んでるのか(汗)

>けんもほろろ~相手にされなかったようで(苦笑)
部屋から出るのも無理だろう、と余裕でコーヒー飲んでたのに
二人が何事もなかったような顔して出てったのはショックだったろうなとw
容赦ないボコりっぷりだったものの体術で圧倒したカレンはちょっと
かっこいいなと思ってしまったり~
誰の前でも態度変わらないんだなと思いつつ詰めが甘いとこあるような(ぁ)
キャスパーがいってたように資金調達できそうな相手を嗅ぎ付けるのはホント早いですね(苦笑)

>妨害者は撃滅って、ヨナも含めた全員が目を赤く光らせてるww
ヨナはいい傾向で明るくなってきてる感じですね!
ってまわりのメンバーがあれだから影響されてるのかもだけど
マイアミを保護するよりも掃討作戦の方にノリノリなのが面白かったw
バルメのナイフ特訓に叩きのめされてたりと日常シーンで和めるのもいいなと!
ではでは、お邪魔しました!!
>李胡さまへ♪
李胡さん、こんばんは。
また新たな武器商人が出てきちゃいましたね。
カリー社長よりも上手そうで、キャスパーが忠告するだけあってなんだか手ごわそうですね;
まぁ、ココたちが勝つと信じていますが!

> 容赦ないボコりっぷりだったものの体術で圧倒したカレンはちょっと
> かっこいいなと思ってしまったり~
本当に容赦なかったですよね(汗)
無言でやるもんだから、迫力倍増でした…
スケアクロウ自身が痛めつけられなかったのは残念ですが~
金の匂いには鋭くても、案外この人危険な香りはかぎ分けられないようですね。
なのにこういうのに限って長生きするんだから、困ります(マテ

> ヨナはいい傾向で明るくなってきてる感じですね!
すっかり周りに馴染んできましたよね(苦笑)
いい影響だと思いたい☆
掃討作戦はみんなが乗り気だったことといい、あまりピンチな感じはしませんでしたが、
カレンを見て、瞳孔が開いたバルメが怖かったですww
味方、というか主人公サイドが怖いってどういう言うこと!
日常シーンで和んでいただけにギャップが…
次回のバルメさんのナイフさばきに、期待したいですね。
コメントありがとうございました。
お久しぶりです。
〉キャスパーの方が勝ったのかよ

そりゃ勝ちますよ~、チェキータさんは作中の最強候補ですからエリート兵だろうが、たかだかモブ如きに、負けるはずが有りませんから(笑)
恐らく、サックリと負けたんでしょう。

〉後どうしてキャスパーと戦ったのか?
これは後々に明らかになるキャスパーとココの父親が関係してきます。
>真田さまへ♪
真田さん、おはようございます!
お久し振りです。

> そりゃ勝ちますよ~、チェキータさんは作中の最強候補ですからエリート兵だろうが、たかだかモブ如きに、負けるはずが有りませんから(笑)
チェキータさん、強いだろうとは思ってましたが作中の最強候補ですか!
まだヨナと戦ってるところしか目にしてなかったので、
どれほどの強さか把握しきれてなかったのですが…
うぅむ、それなら本気で闘うところを早くみたいです!

> これは後々に明らかになるキャスパーとココの父親が関係してきます。
あらら、単なるキャスパーの利益のための戦いって訳じゃないのですね。
父親が絡んでくるとなると、またココの怖い顔が見れそうな;
どういう事情なのか、明らかになる日が待ち遠しいです!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

登場人物どんどん増えていくねw 俺まだココの私兵の名前全員覚えてないんですけど…… てかこのアニメは誰か仲間が死んだりとかあるのかな? ※以下ネタばれあり
ヨルムンガンド 第6話「African Golden Butterflies phase.1」
ヨルムンガンド 第6話「African Golden Butterflies phase.1」 「この、来る気配の無さはどうなんだろう?」 いよいよ、ココ達一行は南アフリカに降り立つ。 そこで彼女たちを待っていた者は? ...
ヨルムンガンド第6話「AfricanGoldenButterfliesphase.1」「この、来る気配の無さはどうなんだろう?」いよいよ、ココ達一行は南アフリカに降り立つ。そこで彼女たちを待っていた者は?「ダッ...
 ヨルムンガンド  第06話 『African Golden Butterflies phase.1』 感想  次のページへ
リアリティが無さそうで有る、というのが持ち味なのかもしれません。 ヨルムンガンド 第6話 『African Golden Butterflies phase.1』 のレビューです。
「Affrican Golden Butterflies phase.1」 途中、少年海賊団の襲撃などを受けつつもアフリカへと向かっていくココたち。ココはそこで、Dr.マイアミとの再会などを約...
ヨルムンガンドですが、ココ・ヘクマティアルたちは海賊と戦います。機関銃でヘリコプターも穴だらけにしますが、ヨナは少年が混ざっていると撃つのを躊躇います。ココは少年を海に放り出しますが、浮き輪を付けた分が優しさとなるようです。(以下に続きます)
過去の因縁-----------。海賊がココの船が迫る!!!でも、そんなのお構いなし。あっという間に船にも近づけさせず撃退。ヘリも、小型船も、ココの手にかかれば、私兵たちによりあっと...
海賊に狙われたことで一気に戦闘態勢に入るココたちの部隊! 一撃必殺エリアに入るまで絶対に気づかれないように配置につくメンバー どうやらバルメが一番に発見してくれたみたいですがお手柄と褒められてご...
「めちゃめちゃ優しいよ、今日の私は」
ヨルムンガンド 第6話。 アフリカ上陸、中華系武器商人と天才科学者。 以下感想
バルメ、微笑む… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205160001/ ヨルムンガンド 1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]中村和久 ジェネオン・ユニバーサル 2012...
ヨルムンガンド 3 (サンデーGXコミックス)(2007/10/19)高橋 慶太郎商品詳細を見る 高級中華でしたら喜んで飛んでいきます! 「ヨルムンガンド」第6話のあらすじと感想です。 紳士の誘い。 (あらすじ) ...
笑顔の絶えない職場 笑顔には色々と種類あるんですけどねw ・海賊さんががっかりするような御舟 狙った船が最悪でしたね。 寄りによって武器商人の船に仕掛けるなんて。 RPGとか船にあたらないと思う...
さあ、海賊退治の時間だ!海運業なら海賊は許さんよね、不倶戴天の敵ですし。ココの船にやってきた海賊は、武装ヘリにモーターボート複数という豪華装備。随分儲かってるんですね。 現代の船舶で武装商船というのはまずありません。軍艦と商船がほぼハッキリと区別されて?...
ガトリングの連射は 爽快~♪ ヾ(*´∀`)ノ  商人のココにとって海賊など許せない害虫!  襲ってくれば 容赦なく殲滅デスw 豊富な銃火器でたっぷりお出迎えされた海賊こそ気の毒(´▽`;) ヨナが助けた少年海賊を逃がしたあげただけでも ココにとって慈...