ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『氷菓』#10「万人の死角」

2012.06.25 (Mon)
「あの場には7人目がいたんです」

3人の探偵役の推理を否定したその帰りに、入須にお茶に誘われる奉太郎。
って、本当にお茶屋だったw
うぅむ、お嬢さまって感じがするな。
「最初から君が目当てだった」
だが、押しの強いお嬢さまだ…奉太郎にビデオの謎解きを願い出る。
入須は初めから3人の探偵役にはあまり期待していなかったようで;
える、学外の人間、それといつぞやの遠垣内先輩から奉太郎のことを聞いてたらしく、
初めから奉太郎が目当てだったようですね。
学外の人間の名前を明かさないところが憎いわ(苦笑)

「君は特別よ。
誰でも自分を自覚すべきだ。でないと見ている側がばかばかしい」

入須は奉太郎を特別だと語り、
「運」などで片付けては、奉太郎に劣る者は立場がないという。

「それにしても、羨ましい限りだね、全く」
そういえば、今回里志はちょっとおかしかったような…。。。
第一人者になる才能や気概がないといってましたが、
無気力ながらも推理力のある奉太郎をどう思っているんだか;

「このビデオが映像としてつまらなくて、
見る人の興味をそそらないから謎が引き立たないのよ」

結局、入須先輩に押されてor乗せられて推理することになったけれど、
やはり周りと話し合い、情報を出しつつの奉太郎がまとめるってのがパターン化してきましたね。

「カメラマンが第7の人物だというつもりか」
今回も里志や摩耶花の言葉がヒントとなり、答えを導き出したけど、
まさかのカメラマンが第7の人物!?
素人っぽいカメラワークはそのせい!
いや、ちょっとはカメラマンが犯人という可能性は頭をよぎったけれど…
あぁ、ちゃんと懐中電灯とか伏線らしきものはあったのか;

「うん、悪くない。面白かったよ」
2年F組はこの展開に驚きを隠せなかったようだけれど、
里志や摩耶花、それにえるの反応はちょっと微妙;
さすがに奉太郎も「おや?」と思ったようですが、

「あの映画の中にはどこにもザイルが出てこなかったわよ!」
奉太郎の推理では、
小道具のイヤミんめがねの羽場が言っていたザイルのことが抜けていた様子。
やっぱり一人で謎解きではなく、
えるも加えたみんなで話し合いながらじゃないと調子が狂うのかな~

映画の撮影場所は遠く、一応完成してしまったし、
夏休みがあけた今から取り直しは難しそうだけれど、どうなるんだろう(汗)
別バージョンとして、小説でも出して売るか?(エッ

「おめでとう。君は本郷の謎を解いたようだな」
あと気になったのは、入須先輩。
本当に本郷から犯人とか聞いてなかったんだろうか…
なんだかこのセリフは奉太郎が都合のいい正解を出してくれて
ほっとしたようにも見えたんだが…深読みしすぎかなぁ~。
しかしその上で映画のタイトル聞いてるんだったら、女帝のあだ名は伊達じゃないw

てっきり海藤殺害の血のりやら腕切断やらで脚本より大げさにやっちゃったんで、
つじつまが合わなくなって、本郷は脚本をリタイアしたとか思ってたんだが、
真相はどうなんだろうねぇ~。
今回はあまり出番のなかったえるからも何か発言があるようだし、楽しみです。

氷菓 限定版 第5巻 [Blu-ray]優しさの理由まどろみの約束

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第10話 2年生...
未完成のミステリー映画の結末について2年F組の有志3人らから話を聞いたものの、その全ての案について否定をしてしまい八方塞がりとしてしまった折木。 そんな折木を帰り道で待ち構えていた入須は茶に...
 泣いた。  爆涙というわけではなく、うっ、と潤むようなものだったけど、でも泣いたね!いやー、もう素晴らしいとしか!こんな展開になるなんて全然予想していなかったものだから、いい意味で裏切られっ...
入須先輩に頼まれた奉太郎は、1つの推理を完成させるのでした。入須先輩に呼び出された奉太郎は、前回聞かされた推理について意見を求められました。その答えは、どの推理
ゆかな女帝サイコーー!!w OPを挟んでの茶店での奉太郎と入須のやりとりの描写がとても良かったですね。アバンの切り方とAパートに入るタイミング、8話では使わなかった入須が最初から奉太郎をターゲットにしていたという件の台詞をここで使ってきたのはもとより、反論?...
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第10話 「万人の死角」 #kotenbu2012 #ep10 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...
氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一...
氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『君には技術があった、他の誰にも無い力が』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣
氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  入須冬実にかどわかされて、映画の中の犯人探しをする 奉太郎。千反田えるの「私、気になります。」よりも 薄ら...
才能と決定的な欠陥  どうも、管理人です。発売日から数日過ぎたところでポ○モンを買いに行くなんて、中々舐めたことをしてやがってますが、考えてみると買ったところでやる時間が取れるかが微妙とかマジ笑えなす…。 入須:「君は特別よ」  今回の話は、奉...
折木奉太郎の高校生活はバラ色になり得るのか
今回はえるちゃんのお休み回ですねぇ~ 這い寄るえるちゃんが見られなくてちょっと残念。 その代わり、女帝こと切れ長ロングヘヤー美人の入須先輩の出番は多め。しかも正座した足の裏アップとかフェチっぽいアングルも登場だったりします。 それにしてもお茶に誘った入須...
「万人の死角」 学校の帰り道に入須先輩にお茶に誘われた奉太郎。 2年F組の探偵達の評価を聞くが、どうやら最初から奉太郎を誘い込むのが目的のようだった。 夏休みの登校日に自主的に学校に来るのを珍しがられた奉太郎。 ちなみにえるは二日酔い?...
一件落着と思いきや・・・・
君は、特別よ。 魔法の言葉だw 折木奉太郎(中村悠一)に頭を下げ、ビデオ映画の謎を解いてくれと頼む入須冬実(ゆかな)先輩。 美人な先輩にそんなこと言われたら、やらないわけにいきません(。+・`ω・´) ...
女帝怖ええええええええ!
氷菓の感想です。 犯人は…。
えるちゃん、今回は二日酔い(^^; よっぽどお酒に弱いんですね。 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
氷菓の10話を見ましたー。 いやー、良かったですね。 女帝・入須冬実の人心掌握術な ! 君は、特別よ。 (大事な事なので2回言いました) 人使いが荒くて上手い! 女帝の渾名は伊達じゃなかった。 あの省エネ?...
氷菓 第十話「万人の死角」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと2冊目『愚者のエ
入須に頼まれて、本格的に映画の真相を推理することになった奉太郎。奉太郎が辿り着いた結論とは…?今回は喫茶店の描写がとても素晴らしかったです。そして里志のあの表情…!2クール目楽しみ過ぎます。
美人にノセられて意気込んでも失敗がオチってことかw今回のうっかりミスは痛手だね(;´∀`) ということで美人には気をつけろってことなのかもと関係ない所で納得?した氷菓第10話。
カメラマンが怪しいとは思いましたが奉太郎の推理には 疑問でしたがやっぱり……。 入須先輩は分かっていたんでしょうね。 入須冬美は思わせぶりな態度で奉太郎をお茶に誘う。 あの冷静沈着な入須のいつに...
折木の推理にも見落としがあった。 彼の推理能力を見せつけられた上でこの展開。 なかなか面白い展開です。  
これは、決して完璧ではいられない青年たちの群像劇。とってもミステリーしてて面白かった。
ミスリードさせられたのは折木かな? カメラマンが犯人っていうのは、正解じゃない? トリックがずさん? 小道具係だけが何かに気づいたのかな? ・お茶しようって、マジもんの「茶店」ww 高校生が行...
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第10話 万人の死角冬実に呼び止められた奉太郎まぁ説得されるのでしょうねw少し高そうなお茶を飲みに来てしまった奉太郎そこで冬実に全てを却下してしまったことを指摘されるそれも奉太郎の考えにより…しかし却下したことで明らか...
 えるの出番……
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-5968.html
「万人の死角」 君は特別よ…
TVアニメ 氷菓 ラジオ 古典部の屈託 テーマソングCD(2012/06/27)阪口大助 佐藤聡美、佐藤聡美 他商品詳細を見る  入須 冬実。さすがは女帝です。策士です。上手くおだてながら、奉太郎をその気にさせてしま...
慢心にはご注意を―
前回からの引き三人の探偵役は器ではなかったと切り捨てる女帝最初から君が目当てだったんだと特別な存在いう割に全然話聞いてくれないな人の動かし方、誘導の仕方が熟知してて怖い謙虚な人ほど折れてまいますな素質や才能なんて言葉が飛び交うなんてこいつら高校生か?福...
氷菓の第10話を見ました 第10話 万人の死角 「何か?」 「あ、いや、茶というのが本当にお茶だとは思いませんでした」 「安心して、払いは持つよ」 冬実から思わせぶりな態度でお茶に誘われた奉太郎は...
あらすじ 入須冬美は思わせぶりな態度で奉太郎をお茶に誘う。あの冷静沈着な入須のいつにない様子に、奉太郎、まんざらでもない。入須が奉太郎を誘った本当の理由とは!? 脚本 賀東招二 絵コンテ・...
やっべぇ、面白すぎる!
「折木さん…わたし…えっと…」 今週のえるの出番SUKUNEEEEEEEEEEEE(゚д゚;) しかしこのまま最後まで出てこないのかもと頭を過ったけどちょこっとだけでも見れたことは良かったw
入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか?...
氷菓ですが、千反田えるが寝込んでしまったので折木奉太郎たちだけで映画の謎を解明しようとします。奉太郎は先輩にのせられて、多少やる気になっています。(以下に続きます)
ザイルのこと、忘れてた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206250000/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキング : 41Amazonで...
氷菓 第10話。 特別扱いされた奉太郎は映画の推理に挑むが・・・。 以下感想