ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」Part.2

2012.07.18 (Wed)
さて、残りの6月終了アニメの評価をやってみました。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロ様が企画されている
「今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?17」に参加させていただきました。

興味のある方はこちらをご覧下さい
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6226.html

採点の基準はこちら。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

最後は以下の7作品について評価してます。

リコーダーとランドセル レ♪
坂道のアポロン
つり球
さんかれあ
夏色キセキ
シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~
モーレツ宇宙海賊

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です

前半Part.1はこちら→Part.1
『リコーダーとランドセル レ♪』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

最後は婦警さんも事情を知って味方?になってくれるかと思いきや、
やっぱり不審者として捕まる事態は避けられないようで(苦笑)
お姉さんの友だちの恋の行方が気になるところだけれど、
まぁ、相手が小学生じゃなw
でも楽しかったです。



『坂道のアポロン』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…5
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…26

最後が駆け足気味にあっさり終ってしまったのにはちょっぴり物足りなさを感じましたが、
恋愛、友情、家族、それぞれの問題にぶつかりつつも、
千太郎と薫が互いに支えあい、寄り添っている感じが良かったです。
最後もハッピーエンドで終れたし、なにより。
友情の危機に何度ハラハラさせられたことか!
友情セッションが、なんとも良かったです。
もちろん音楽もものすごく良かったです!



『つり球』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

絵が独特だったけれど、そういう仕様として~
けど、たまに話として手が動いてるはずなのに、絵が動いてないときがあったり…
手抜きしやすい絵を選んだんじゃ…と思えてしまって;
ただストーリーとしては好きでしたよ。キャラも良かったし。
まぁ、難点をいうなら最後、あっさりしすぎなんじゃないかと(汗)
もうちょっと余韻が欲しかった気がします。



『さんかれあ』
ストーリー…1
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…1

総合点…15

絵は綺麗だったんですけどね…
オチがつかず、半端に終ってしまって「微妙な作品」としかいえない。
今後出る漫画には限定版にDVDがつくようですが、そちらで完結させるのかな?
いずれにしろ評価に困る…
萌路目線の話を、9話でぶち込んだのもストーリー点数に響いてます。
色々バランスの悪いアニメでしたね。
結局、主人公たちの母親がゾンビだったのかどうかも、ハッキリしないまま…
三角関係もはっきり解消しないまま…アニメで何がやりたかったの?



『夏色キセキ』
ストーリー…1
キャラクター性…2
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…1

総合点…12

タイトルの「キセキ」は「奇跡」と「軌跡」の意味が込められてるんでしょうね。
友情をテーマだったので、4人が心を一つにして願い事をすると願いが叶う☆
というのは良かったと思ったけど、
心を一つにしなくても誰かの願いが叶うとか…ちょっとご都合主義感が;
まぁ、それだけ4人の絆が強い、と考えることもできるかもしれないけれど、
御石様の親戚が全国各地にあるという後付けっぽい設定はどうかと…
全国で同じようなことが起きてたら、奇跡が奇跡でなくなるしww
せっかく本当にある町をモデルにしたんなら、その町だけのものとして描けばよかったのにねぇ~。
あと、8話とか…背景よりも、人物画を頑張って欲しかったな!
あとは、優香が紗季の体を借りてデートしたのは最悪でしたね。
あんなの友だちのすることじゃないし、紗季の反応は幼稚園児の反応だろう;
今どきの中学生は、もっと拒絶反応を示すと思うよ…
友情がテーマだと思ったのに、残念です。



『シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~』
ストーリー…1
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…2
総合的な評価…1

総合点…14

パン屋をメインにしたから、グダグダアニメになっちゃったんですかね;
序盤でエルフがリックに意味深な視線を送ってたけど、
他のメンバーも異世界から来たんじゃなかったっけ?
何であそこまでリックにこだわったんだろう~、おまけに彼、後半出てこなかったな;
王様の登場も、ちょっと突然だった感じがしたんだけど…
1クールあったけど、OVAで3話くらいでよかったんじゃ…と思ってしまった。



『モーレツ宇宙海賊』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

今期一番のダークホースだったかな。
始めの1,2話が盛り上がりに欠けたので、うぅむ…という感じだったのですが、
じわじわ面白くなって!
途中からオリジナルだったと知って、ビックリしました。
劇場版はどうなるんだろう~。
正直、アニメ絵は苦手で、1話目でチアキが美人だと茉莉香がいってたけど、
その言葉がなければ、美人で見とれてるってのが分からなかったぞ;
キャラデザは別の人にお願いしたかったなぁ(ぁ
まぁ、絵は崩れないどころか宇宙戦なんかも絵がすごかったので、減点はなし。
予告のBGMや挿入歌なんかも良かったねぇ。
あと気になったのは、茉莉香が今後どうするか思い悩むシーンはあっても、
戦略についてはあまり悩まず、(無責任艦長)タイラーばりに前に進んでくところですね。
小説でもあまり作戦について、心の描写とかないのかな?
そのあたりはサクサク進んでる気がして、ちょっと物足りなかったんだけれど…
まぁ、劇場版に期待!ということで。



ベストキャラクター賞…ウェイバー・ベルベット『Fate/Zero』
ライダーやヨルムンガンドのココも迷ったんですけどね~。
やっぱり、ウェイバーが一番面白かったかなぁ、と。
暗い場面でも彼が出てくれば、笑いが起きるし。
男なのにヒロインだったし!(苦笑)
すごいキャラだったと思う☆

ベストOP賞…「Borderland」川田まみ『ヨルムンガンド』
アクエリオンEVOLの歌ももちろん良かったんだけどねぇ~。
印象に残ってるのは、ヨルムンガンドの方かな。
耳に残って覚えやすいし、作品の雰囲気にあってた。

ベストED賞…「月光シンフォニア」AKINO&AIKI from bless4『アクエリオンEVOL』
もうアニソンって感じじゃないんだけどね;
神話に見合った、神々しさというか粛々とした感じがあったかな。
あと挿入歌ももちろんアクエリオンが一番だったけど、
『モーレツ宇宙海賊』の「透明な夜空 ~瞬く星に包まれて~」も良かったなぁ~。

ベスト声優賞・男性…大塚明夫さん
ライダーのあの大きさは、大塚明夫さんの声あってのことでしょう!

ベスト声優賞・女性…伊藤静さん
ココのインパクトが強くて~
って、ベスト声優に伊藤さんを上げることが多い気がするww
結構強い女性役をやってくれるからなぁ~。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。
にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。