ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『ペルソナ4』 True End Episode 「No One is Alone」(TV未放送)

2012.08.28 (Tue)
B007PZVRKKペルソナ4 10【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2012-08-22

by G-Tools

『ペルソナ4』DVD第10巻に収録された
テレビ未放送のTrue End Episode 「No One is Alone」をようやく見ました。

3月20日。
鳴上の引越を翌日に控え、皆で鳴上の送別会を開くことに☆
それぞれ料理を作ったり、部屋の飾り付けをしたりと忙しなかったが、
鳴上がボーっとしたりして、どこか一人だけ様子がおかしい。
アバンでもマーガレットがなにやら行動を起こしていたし、
真EDでは何が明らかにされるのか…

以下、ネタバレ感想です。
いや~なんだか鳴上がボーとしてておかしいと思ったら、
まさかのエンドレスエイト状態!!
送別会の3月20日を繰り返していることが発覚w

おまけに足立から手紙が届き、マヨナカテレビについての情報がもたらされた!
どうも足立は警察で噂を聞く前に、
「街に来てからすぐに誰かに教わった気がする」とのこと。
生田目も同じだったらしく、気になっていたらしい。

「足立が書いてた真夜中テレビのこと教えてくれた人ってのが、
テレビに入る力とも関係してるんじゃない」

千枝の一言がきっかけで、真実っぽいのに近づいたようだけれど、
よく考えたら鳴上も足立とかと同じく初めから力を持っていた人間。
もしかしたら同じきっかけで力を手に入れたのかも?

きっかけが分かれば~と思ったけれど、
夢を見たこと…ではなくその前、
街についてからまっすぐおじさんの家に行かずに~
と考えていたら、またの送別会の場面に戻ってしまった!
ここでさすがに鳴上も同じことを繰り返していると気づいたらしい。

「ガソリンスタンド。お兄ちゃん、変な店員さんとお話してた」
慌てて菜々子にはじめてこの街に来た日、どこかによらなかったかと尋ねて、
ガソリンスタンドによっていたことが発覚!
慌ててガソリンスタンドにいってみたら、
そのガソリンスタンドの店員が「イザナミ」だっただと!?

もうガソリンスタンドに兄ちゃんのことはほとんど忘れかけてたよ~
1話で鳴上に話しかけ、その後もちらほら登場してたようですが…
いかん、時間がたつとダメだわ(ぁ

イザナミはマヨナカテレビを人間に託しただけで、
人間が望む世界がどんなものか、観察していたに過ぎなかったという。

「人間は真実など望んでいない。ただ見たいものだけを見て、信じたいものだけを信じる。
そんな霧に包まれた世界を望んでいるのだ」

観察の結果、イザナミは人間が望むのは信じたいものだけを見る、
霧に包まれた世界を望んでいるというが、それを否定する鳴上。
けれどイザナミは鳴上にそんな資格はないと言いたげ。

「思い出したいのかな?残酷な現実を」
なにやら意味深なこと言い出したなぁ~と思ったら、
鳴上たちがイザナミたちと対決してる場面に切り替わった!
どうやら戦いの最中だったようで、鳴上こそ霧の世界、
自分が望んだ世界に捕らわれていたようですね;

皆が次々に闇に飲まれてゆき、たった一人イザナミの前に取り残された鳴上は、
現実を見ていられなくてイザナミの言葉に呑まれちゃったようで…
再び3月20日、送別会の日に戻っちゃいましたね;

「みんな、ずっと一緒だよな」
ここが偽りの世界だと分かってはいても、みんなとは離れがたく…
幾度も幾度もこの日を繰り返し、しまいにはクマもひどく、
ついでに行動もひどくなってくようで;
鍋にプリンやゼリー入れたり、逆ナン喫茶を採用するあたりは笑えたけどなw

「失礼いたします。こんなことになってしまい、誠に残念です。さようなら」
しかし、そこにマーガレットが登場!!
さようならといいつつ、鳴上に攻撃を始めた!!
けれどそこは、鳴上のペルソナが出現して攻撃を防いだw
鳴上が頭を抱えて伏せてた様子からすると、
カードが勝手に出てきて守ってくれた感じでしたね。

「お兄ちゃん。お兄ちゃんなら大丈夫だよね。戻ってくるって信じてるから」
その後も次々カードが出現し、マーガレットを押していく!
おまけに菜々子たちの声も聞こえてきて、
絆を得たみんなが助けてくれてる感じでよかったです。
最終回にふさわしいわ!!

「みんながいない明日が不安だった。
仲間を失って一人きりで前に進むのが怖かった。
もう一人にはなりたくない、一人はたくさんだ!」

そして、とうとう鳴上もここに来て自分のシャドウと対面。
うん、鳴上だけシャドウと対面してなかったからおかしいとは思ってたんですよね。
ようやくか~
「お前は、俺だな」
お決まりのセリフでシャドウを自分だと認め、さらにその先へ!

「俺はもう一人じゃない!!」
イザナギでもってそのままマーガレットのペルソナを撃退しちゃいましたね;
まぁ、でもマーガレットの目的はこれだったのかな?
「たとえすべてを失っても、あなたの魂はもう孤独など訪れない」
鳴上に一人でないと教え、立ち上がらせようとしてたのかも?

マーガレットに嘘を打ち消し、真実を照らし出す宝珠ももらった鳴上は、
再びイザナミの前へ!
今度は下から引きずり落とそうとする黒い手に阻まれることはありませんでしたね。
それだけ意思がはっきりとしたということでしょうか?

「何が幸福か、それを決めるのはお前じゃない!!」
自分を見つめなおした鳴上さんは一味違うぜw
ってことで、イザナミに攻撃が効き始めましたね♪
眼鏡が壊れてもなんのその。

「目を開き、前を向けば誰にだって見えるはずなんだ、真実が。
それを邪魔する霧は俺がすべて晴らしてやる!その先になる幾万の真言を信じて!」

真実は前を向けば誰にだって見える!
人間の可能性を信じる鳴上の意思がイザナミに打ち勝ったようですね。
パワーアップしたイザナギも格好よかったw
おかげでテレビの世界の霧は晴れ、元の美しい世界に~。
これでクマも過ごしやすいだろうけど、今後はどっちで暮らすのかな?
しかし「幾万の真言」と言い出したときはどうなるかと思ったよ(汗)エッ

そして最後は、3月21日。
とうとう鳴上が引っ越す日が…
テレビ版の25話であったように、皆で電車に乗る鳴上を見送ることに~。

「色々ありがとう!今度会うときまで元気で!」
「センセイは、ずっとクマのセンセイクマ!」
「忘れないで下さい!僕らの事!」
「先輩!愛してる~!」
「俺ガンバっから!先輩も逃げんじゃねーぞーー!」
「キミのこといつも思ってるから!」
「距離なんて関係ねぇ、離れても仲間だかんなー!」

電車を追いかけながら一言一言、鳴上に言葉をかけるみんながいいなぁ~。
ちょっと青春って感じで、青臭いけど(コラ

「忘れない。絶対に、忘れないから…」
最後は眼鏡は壊れてしまったため、それをひざに大切そうに置いてるシーンはなく、
窓際にたって、皆が小さく丸まで見つめる鳴上の姿が!

「どんなに遠くたって大丈夫。つないだ心まで離れたりしない。
信じられる人たちと繋がってる。だからこれからもみんなで答えを探しにいける。
君が信じてる選んだことなら、きっと一緒につかめる誰かがいる。
君もみんなも一人じゃない。同じ世界で繋がっているから」

最後はなぜかクマが締めを(苦笑)
いや、いいこといってるんだけど、なぜクマが??
まぁ、最後にみなの集合写真があってよかったんだけどね。

うむ、でもやっぱりテレビ版の25話で終わるより、
こっちの「True End」で終わった方がよかったですよね;
なぜこっちで終われなかったのか、色々悔やまれるw
テレビ版のほうは結構あっさり終わった感じがしましたからね…。。。
まぁ、少々間があいてしまいましたが、これでスッキリしました!

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

ペルソナ4 10【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/08/22)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る 絶対に、忘れないから。 8/22に、アニメ「P4 Persona4 the ANIMATION」のDVD/Blu-rayの第10巻が発売され